シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
シェイクスピアの英語

 

言葉が弱過ぎてあらゆる関係性が崩れてきているのではないか。

 

家族、コミュニティー、職場への帰属意識が希薄、一方、AI(人工知能)と情報技術が人間らしくもあった仕事を次々に奪っている。

 

老いさらばえ縮小する年が終わり、新年を迎え、人はさらに枯れ萎んで行くのか。

 

そのことは何よりも言葉の問題として表れ、魂の抜け殻だけが宙に舞い、漂っていることから分かる。

 

萎んで行く国語をどう見る、どうする、二葉亭四迷が生きていたら何と言うだろうか。

 

シェイクスピアが亡くなったのは1616年、日本で同じ年に亡くなったのが徳川家康、随分とまあ昔の人のような。

 

で、シェイクスピアの英語は古いのか。

 

近代に至るまでヨーロッパで広く用いられていた共通語は、行政や外交においてはフランス語、学問や宗教においてはラテン語で、英語はヨーロッパの西の果ての島国で話される地域語に過ぎなかった。

 

英語のステイタスに対して意識の変化が起こったのはシェイクスピアが登場したテューダー王朝で、この時期英語は統語法、綴り字、発音、意味、アクセントが大きく推移、変化しました。

 

西ヨーロッパから伝わったルネサンス人文主義の影響を受けて、英国の知識人は土俗語としての英語を洗練させるために言語改革運動を唱え始めた、古典古代の教養を身につけて人間形成、修辞学(rhetoric)を重視して言葉をきちんと操れるようになろう、英語を洗練すれば人格を陶冶でき、議論することができるんじゃないかと。

 

テューダー朝を代表する女王エリザベス1世(在位1558-1603)の家庭教師を務めた人文学者ロジャー・アスカム(1515-68)は、その著『教師論』(1570)のなかでラテン語の習得とそれに伴う母語の洗練が不可欠と主張しました。

 

アスカムが勧めたのはラテン語と英語を二重翻訳するやり方で、生徒はまずお手本(古代ローマの弁論家キケロによるラテン語の文章)を英語に訳す、一時間ほど時間をおいて自分の英訳をもとにラテン語作文して、原文と並べて言語構造を比較するというもの。

 

当時は褒めて伸ばす教育ではなく、できない生徒はカバの枝を束ねた鞭で引っ叩かれていましたから、シェイクスピアは叩かれながら両言語の構造を頭に叩き込んだのです。

 

大学には行かず、後輩にあたるライバル友人ベン・ジョンソン(1572-1637)に「ラテン語はちょっぴり、ギリシャ語はそれ以下」とこき下ろされたが、実際にはシェイクスピアのラテン語能力は高く、それに伴う英語力は圧倒的に高度に洗練され、膨らみ、繁殖力あるものとなったのです。

 

いま日本では子どもたちに外国語としての英語をどのように教えるかが議論されて、と言っても議論の中心は情報技術中心に推移し、映像を活用した小学校英語教育が教科化される方向となっています。

 

英語に堪能な先生がいないので大変だ、だから画一的に漏れなくネイティヴの発音に触れてもらって、聴く・話す能力を高めてもらおう、その狙いが分からないではないが、テクノロジーだけに依存していいのか、機器を操作するだけの英語教育でいいのか、英語学習に伴う国語の洗練はないのか。

 

英語と国語の二重翻訳というやり方について言えば、シェイクスピアの原文(ファーストフォリオ)を日本語に訳し、しばらくして自分の日本語訳をもとに英作文し、できあがった英文を原文と比較する、こんなやり方で両言語の構造を頭に叩き込む、少しでもできたら褒めてあげる、引っ叩くのでなく、敢えてこんな古色蒼然たるやり方で英語力と国語力を磨くというやり方はどうか。

 

オリンピックを控えて英会話教育が活況を呈している、それはいい、しかしこのように煽り立てる英会話教育の状況を冷ややかに苦々しく思っている人もいるだろう。

 

言葉を学ぶということは、そう、母語であれ、外国語であれ、人を知り、世界を知り、多様な関係性に目を開くことだ。

 

異言語学習にはそれなりのデメリットも伴う、危険が潜む、上っ面だけで内容が伴わなければ人格の破壊、書き言葉と話し言葉の区別破壊、国籍不明者になってしまうことも、そんな例を私はたくさん見てきた。

 

シェイクスピアを通して母語を振り返るという活動には多くの可能性があるのは確か、この信念に基づいて言うならば、シェイクスピアの英語は小学生から学ぶべきである。

 

シェイクスピアの英語がモダーンイングリッシュのべ―スそのものだから。

 

英国では小学校低学年生からシェイクスピアの原文朗読があるのです。

 

高学年ともなれば、義務教育の正式な授業科目の一つとして『ロミオとジュリエット』などの原文朗読が課されます。

 

中学生になると『演劇』が加わり、専門的なヴォイストレーニングとパフォーマンスの実践体験学習が待っている。

 

なぜそこまでやるのか、シェイクスピアの英語と舞台劇が英国人としての人格形成と幅広い生き方に大きな影響力を持つからです。

 

シェイクスピアは聖書を越える、立派な大人をつくる、英国はまさにシェイクスピアの国なのです。

 

モダーンイングリッシュを学ぶために英国人はみなシェイクスピアの原文を国語として直接読む、だから現代英語訳というものはない、英国有為のレディース&ジェントルメンになるにはシェイクスピアを学ばなければならない、この人づくり、国づくり事業を担うのはロイヤル・シェイクスピア・カンパニーだけではありません、ロイヤルファミリーが常に表に出て檄を飛ばしてきました。

 

人格形成と人生の幅を広げることにウェイトを置く英国の国語教育を思うにつけ、わが国の国語教育、外に向けての日本語教育の工夫のなさが思いやられます。

 

シェイクスピアを読んで感情表現すれば、人とこの世に対する関心と好奇心が芽生え、諸々の関係性を学び直そうという気持ちになるだろう、推理・思考に磨きがかかりものごとの高次の性質を知りたい探りたいと思うようになるだろう、真剣に対話しよう、まとまった文章をひらがな、カタカナ、漢字を使って書いてみようという気持ちになるだろう、そんな気持ちになれば立派な大人になれる、間違いなく。

 

驚いたのは、日本の初等英語教育の内容。

 

学習支援していて中学校の英語教科書を片っ端から調べて分かったのだが、シェイクスピアが登場しない、微塵も触れられていない、知的刺激がまるで無い

 

ルーン文字(rune)から教えろと野暮なことは言わないが、シェイクスピアの英語に辿り着くまでの英語史の概要くらいは踏まえさせなければいけない。

 

ヒアリングはこう、リスニングはこう、リーディングはこう、ライティングはこうと、こんなところにも分断が及んでいる、知的興奮を起こさせない教科書では英語嫌いを増やすくらいのことしかできない。

 

英語に大きな変化が起こったのはシェイクスピアの少し前、チョーサーのミドルイングリッシュとは違って立派なモダーンイングリッシュ、つまり古文でなく現代文、いまの文法、いまの語彙です、綴り字はちょっと違っていても。

 

小学校の4年生はもう大人、水で薄めたような内容の教材ではどうにもならない、世界に通用するような人物にはなれない。

 

人とこの世を知り、対者との関係を学び、人が好きになること、生きること、死ぬことまでを含めて、人生について深く考えてもらわなければならない時期、シェイクスピアを盛り込んだ読み応えのある英語教科書を早急につくるべきです。

 

『ロミオとジュリエット』などは男女間の礼儀作法、恋愛、結婚の問題を扱うモラル教育の格好の教材にもなるはず。

 

ヨーロッパを歩き回って、自分も含めて日本人は未熟児状態にある、大人として生きていない、心豊かに生きていない、他者とかかわって生きて行こうとしない、大人になり損なって世界のなかで孤立している、一部の人間を除いて、そんな寒々とした印象を持ってしまった。

 

この無念を払拭するためにはしっかりとした言語教育を、AI時代、グローバル時代を生き伸びるためにも、シェイクスピアを読んで広い視野と深い洞察力を、そう強く訴えたい。

 

格調高い英語を学んで国語に磨きをかける、日本社会の問題の所在を見捉え、自分の目と耳で見聞し、自分の頭で考え、ぽつぽつとでいい、世界に向かって英語混じり日本語で発信する、その場合国語でなく世界に溶け込む日本語を使う、だから触りの部分は英語にして、ぺーパーを読み上げてもいい、何を恥じることがあろうか。

 

人間関係から国際関係までの役割を担い得る幅も厚みも深みもある世界人になるためには、シェイクスピアの英語を通して国語力をつけ、外に向かっては英語混じり日本語を発信する、黙っているのでなく、堂々と。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
相性−『ヴィーナスとアドーニス』31〜33連

 

平成30年が暮れて新しい世を迎えようとしているいま、思うのは相性ということ。

 

相性がすこぶるよろしくない、人間関係から国際関係まで。

 

共感し合う相手を取り違えるのか、あっちもこっちもギクシャク関係、地球丸ごと心のお天気は雨降り状態、とうとう何もかも「災」の一字で括られる事態に

 

夫が定年後毎日ずっと家にいることに耐えられない、生理的嫌悪感を感じる、離婚せずにお互い干渉しないで自立した生活をと願う女性の率婚肯定論者が急増しているという。

 

人間関係の基本たる男女の関係が肌寒くなるほどに薄味になっている、ヴィーナスとアドーニスみたいに、このミスマッチが一番気になるところ。

 

フェロモン嗅ぎ分けて相性のいい相手を選び損なったか、そう、虫に訊けば分かるよね。

 

愛の女神は健康で明るい豊穣の女神である、そんなこともフェロモン・センサーのチェック機能不全が招いた災厄

 

現代のアドーニスは女性対応能力に欠ける、論理的思考の左脳優位で嗅ぎ損なっているんじゃないか。

 

バランスよく脳をはたらかせることができなければセンサーは作動しない。

 

どうやら脳の問題みたい。

 

常軌を逸した男女の関係、そんな皮肉な状況を濃密にもあっけらかんと描いてみせた物語詩『ヴィーナスとアドーニス』。

 

 

 アドーニスの心は気乗り薄、

 重く、暗く、瞳を曇らせて、

 しかめた眉が端正な面を覆い、

 目は涙に潤んでいまにも空を曇らしそう、

  不機嫌そうに、言う、やめてよ、恋の話なんて、

  太陽で顔が火照るからもう行くよ。

 

 あら、まあ、(ヴィーナスが言う)若いのに、らしくない。

 そんな言い訳をして私から逃げるつもり?

 天の吐息を吹かしてあげる、やさしい風だから、

 灼熱の太陽もおとなしくなるわ。

  この髪を広げて日陰をつくってあげる、

  髪が燃えたら、涙で消してあげる。

 

 太陽の輝きなんて、ただ暖かいだけ、

 こうやって身を横たえる、あなたとの間に。

 どんなに熱く燃えたってどうってことない、

 あなたの瞳の炎のほうよ私の身を焦がすのは、

  不死の身でなければ、燃え尽きてしまいたい、

  天の太陽と、地上の太陽の間で。

 

              31〜33連

 

 

 And now Adonis with a lazie sprite,

 And with a heauie, darke, disliking eye,

 His lowring browes ore-whelming his faire sight,

 Like mistie vapors when they blot the skie,

  So wring his cheekes, cries, fie, no more of loue,

  The sunne doth burne my face I must remoue.

 

 Ay, me, (quoth Venus) young, and so vnkinde,

 What bare excuses mak'st thou to be gon?

 Ile sigh celestiall breath, whose gentle winde,

 Shall coole the heate of this descending sun:

  Ile make a shadow for thee of my heares,

  If they burn too, Ile quench them with my teares.

 

 The sun that shines from heauen, shines but warme,

 And lo I lye betweene that sunne, and thee:

 The heate I haue from thence doth litle harme,

 Thine eye darts forth the fire that burneth me,

  And were I not immortall, life were done,

  Betweene this heauenly, and earthly sunne.

 

  lowring = lourig     remoue = leave    vnkinde = unnatural 

  bare = poor    done = destroyed

 

 

いかがであろうか、男女の役割が逆転するストーリー性あるバラッド(ballad、物語詩)と説明されてきたこの物語詩、読み返してみるとそんなんじゃない、逆転などしていない、いま風、リアル、わななき騒ぎ笑える、繰り返しじわじわ楽しめる極上のエンターテインメント。

 

物語詩には叙事詩(epic)と民間伝承(ballad)の形式でつくられるものがあって、それこそ気が遠くなるほど遠い昔からの伝統を誇っているもの。

 

口承の時代には文字を読むという行為はなくて、自然発生的に生まれたフォークソング、呪文めいた言葉を集団で朗誦し、それら合唱のリズムが宗教的呪術的な効果を生み出して綿々とうたい継がれてきた、楽器演奏という音が混じり、踊りという動きを付随させて。

 

やがて神にも近い偉大な人物を称えるための歌へと変質し、紀元前1,000年頃に『イーリアス』や『オデュッセイア』、紀元前40年頃にオヴィディウスの『変身物語』、中世にラングランドの『農夫ピアスの夢』やチョーサーの『カンタベリー物語』、17世紀に入ってミルトンの『失楽園』という壮大な叙事詩が生み出されました。

 

バラッドのほうはどうか、最盛期がブロードサイド・バラッドが加わったシェイクスピアの少し前の時代、4行でスタンザを構成し、abcbの韻を踏み、感情を交えずに淡々とストーリーを語る形式が定着。

 

シェイクスピアの『ヴィーナスとアドーニス』は1593年にぺストが大流行して劇場閉鎖になったときに書かれた1,194行に及ぶ悲劇的ファルス的恋愛をテーマとする長詩で、『変身物語』由来。

 

情欲は時に欺瞞に満ち、暗い、卑俗的、破壊的であるとされるが、シェイクスピアはそん風には見ない、愛の女神を情欲の権化と見る視点、穏やかな春の愛のなかに情欲に溺れる人間の姿を見ているのです。

 

明るく、おおらかに、豊かに、断乎肯定されるものとして。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

| - | 20:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
予見−『ヘンリ−4世』(第2部)3幕1場 

 

数十年の間に出生数が半減して、就職する者の数が退職する者の数を下回っているという。

 

政府はここでまた一つ愚策を加えた、人手不足を5年間で外国人労働者を35万人増やすらしい。

 

政権は不勉強な上に現場感覚がないから、少子高齢化対策の切り札にできると思ったようだが、低賃金労働に依存する企業は日本語、資格問題、家族の受け入れ問題を負わされて、安く使えるどころか、廃業に追い込まれるのではないか。

 

受け入れ態勢がまるでできていないのだ。

 

女性活躍のときなのだろうが、そういう風には捉えない。

 

この国には仕事をしたいができない女性が大勢いる、資格を活かせない、子育てと両立できない、そんな女性群が。

 

働き方改革とか、女性活躍社会とか、男女共同参画などとは言うが、労働環境を改善して女性の活躍の場を広げ、就業率を高めようとは考えない、妊婦の医療費を完全無料化するという発想はない。

 

日本の女性の地位はOECD(経済協力開発機構)諸国のなかの最悪最低レベルにあるにもかかわらず、何をどうしたらいいのか分からない、貧富の差が激しく社会は分断、超高齢化と超少子化を招き、他殺と自死の常態化する社会になってもなお。

 

来年度予算は100兆円超、税金の30%強が高齢者対象の年金・医療・介護の社会保障費に使われ、安全保障は目ん玉が飛び出るほど高額のイージスやらF35やらを揃えることだと考え、人間関係から国際関係を学ぶことはしない、関係性を滑らかに擦することが最強の安全保障とは考えない。

 

国難と言いながら子育て費用に使われる財源はない、多くの子どもたちが育児放棄に遭って、朝食すら食べられない。

 

未来の出来事が書き込まれる運命の書には破綻寸前の国の姿がありありだが、それを正視する目がついていない。

 

息子を討ち死にさせてしまったノーサンバランド伯は憤激して前後の見境なくヨークの大司教の反乱に合流、王ヘンリー4世は謀叛に悩み、疲れて、聖地への十字軍派遣を夢見るばかり、あの場面が想起される。

 

 

 ならばわが王国の体の具合に気づかれたであろう、

 いかなる病状にあるか。なんといういまわしい病い、

 いのちを脅かして、心臓の辺りにまで来ている。

ウォリック ほんの体だけ、調子が悪いだけのもの、

 本服は期して待つべきでしょう、

 医者の注意を守り、いささか医薬を用いますれば。

 おお神よ、運命の書を読み取る力があれば、

 そして時の運行を見る力があれば

 山々を真っ平にし、乾いた大地が

 (その堅牢さに飽きて)溶け

 大海原に化してしまうのを

 有為転変する酒を注がれて。まだ10年と経っていない、

 リチャードと、ノーサンバランド、御両人が、

 戦場で相対した。それからわずか8年、

 同じくこれもパーシー、わが腹心として、

 いわば、兄弟同様に、骨折ってくれた、

 そう、私のために、リチャード王に対してさえ、

 (ネヴル、確か卿だったな居合わせたのは)、

 リチャードは、目に、涙を一杯浮かべて言った、

 ノーサンバランド、そなたは梯子役だ、

 私の従弟ボリンブルックを王位に就かせるためのと。

 だが王位のほうから頭を垂れてきて、

 私も王座にくちづけせざるを得なくなったのだ。

 こんな日が来るのを(彼は予見していた)。

ウオリック 人の生涯にはみなそれぞれの歴史があり、

 過ぎ去った時代の姿をそのままに写し出します。

 これを読むことさえできれば、

 リチャード王の場合も見事に予見されたのです、

 陛下を措いて他にないと。

 

               3幕1場

 

 

King. Then you perceiue the Body of our Kingdome,

 How foule it is: what ranke Diseases grow,

 And with what danger, neere the Heart of it?

War. It is but as a Body, yet distemper'd,

 Which to his former strength may be restor'd,

 With good aduice, and little Medicine:

 My Lord Northumberland will soone be cool'd.

King. Oh Heauen, that one might read the Book of Fate,

 And see the reuolution of the Times

 Make Mountaines leuell, and the Continent

  (Wearie of solide firmenesse) melt it selfe

 The beachie Girdle of the Ocean

 With diuers Liquors. 'Tis not tenne yeeres gone,

 Since Richard, and Northumberland, great friends,

 Were they at Warres. It is but eight yeeres since,

 This Percie was the man, neerest my Soule,

 Who, like a Brother, toyl'd in my Affaires,

 Yea, for my sake, euen to the eyes of Richard

  (You Cousin Neuil, as I may remember)

 When Richard, with his Eye, brim-full of Teares,

 Northumberland, thou Ladder, by the which

 My Cousin Bullingbrooke ascends my Throne:

 But that necessitie so bow'd the State,

 That I and Greatnesse were compell'd to kisse:

 The Time shall come (thus did hee follow it)

War. There is a Historie in all mens Liues,

 Figuring the nature of the Times deceas'd:

 And by the necessarie forme of this,

 King Richard might create a perfect guesse,

 Vnlesse on you.

 

    ranke = loathsome   distemper'd = sick    Continent = Dry land

    diuers = various    Neuil = Earl of Warwick   Figuring = Showing   

    deceas'd = past

 

 

王は因縁によって生み出される運命の書をめくれば未来に起こる出来事を予見できる(follow, create a perfect guesse) と考えている、ウォリック伯も王同様に未来を見ているが、忖度して胡麻をすりすりやっているようだ。

 

放課後子ども教室を始めたときの1年生がいま中学3年生になって、中学生対象の寺子屋と称するところでそのうちの一人に巡り合った、ほかの子たちはいまどうしているか。

 

中学で学ぶことがあったろうか、過去のできごとからなんだろうか、体験から学ぶことがあったろうか、挑戦することがあったか、しくじったか、凹んで、それでもその先に何かを見つけて、この世が大きく広がっているか。

 

子どもだろうが大人だろうが予知能力はしっかりと磨かなければならない、運命の書を読み取れるだけの読解力をつけたか、わが人生の道程を見透し、行く末の苦境を知り、書物を閉じて、死にたいなどと願ってはいないだろうか、まさかとは思うが、不登校中学生10万超、保健室や校長室に登校する者を含めると30万超、10人に1人。

 

中学教員の半数以上が過労死寸前状態、子どもたちに声をかけるゆとりなどないだろう。

 

子どもたちはどこまでも自由に考え、自由に行動していい、制約されてはならない、制限されてはならない、放置されてはならない、どんな環境であろうと食べ学び考える機会は保障されなければならない。

 

知る自由、考える自由、体験する自由、何かが好きになる自由、誰かが好きになる自由、自由のぜんぶが保障されていい。

 

子どもを産み育てる女性には不安のない安定した生活が保障されなければならないはずだ。

 

母親と子どもはみな希望を持って生きてほしい、にもかかわらず、劣悪な環境に苦しんでいる女性と子どもが多過ぎる。

 

満足な仕事に就けず、満足な食事にありつけず、学べず、自分の思いを確かめる心のゆとりもなく、多くの女性と子どもが不本位に自分の前途を壊している、この現実が今の政権には見えていない、目先の事象に振り回されて間違いばかり繰り返している、女性、子ども、高齢者、障害者、多様な個性が生き生きと暮らすことのできるる社会をつくろうなどとは考えていない、頑迷で、無策。

 

もちろん外国人受け入れは不可逆の流れ、彼らに日本人と同等の権利を保証してあげなければいけない。

 

だから言いたい、高齢者は社会保障費を膨らますな、運動して、医者や薬に頼らない身体をつくって地域のボランティア活動を楽しく面白くやってくれ、そこに生き甲斐を見い出して。

 

何をどうしたらいいか分からない政治家は離れてくれ、排外主義者もいらない、勉強し直してくれないか、憲法に自衛隊を明記しようがすまいが、そんなこと、日本の安全保障に何の変化も及ぼしやしないだろう。

 

歴史が教えているではないか、女性と子どもが未来の希望なのだ、女性をしあわせにし子どもを心豊かな大人に育て上げることが政治家の仕事である。

 

子どもは好奇心に駆られて行動し、行き詰まる、コケて膝を擦り剥く、が、それでいい、ひっくり返る怖さと痛さを教訓にして這い上がればいい、失敗と挫折が先を予見できる目を得させてくれる、だから何度でも試み、失敗して、痛さを知る人間になれ、失敗を恐れない人間になれ、日本の未来を担える大きな人物になれ、私たちはそう言って子どもたちを応援してあげなければいけない。

 

安心して子どもを産み育てられる社会、子育てや老人介護をしながら嬉々として働ける社会、挑戦し失敗した子もリセットできる社会、おちこぼれのない社会、知的安全保障を担える成熟した社会、そんな信頼できる社会を建設することがどうやら大人になり損なったらしい私たち大人に課せられた責任だろう、最早手遅れなどとは言うまい。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 06:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE