シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
自然治癒力ー『ロミオとジュリエット』2幕2場

 

台風や地震に見舞われても季節は確実に巡ってくる、いまは秋、ススキの穂に青い月の光が射しています。

 

日本ではススキと月は昔の武蔵野のイメージですが、月の光にあたると脳をやられる、気紛れになる、子どもが生まれなくなるなどの言い伝えも。

 

青い光にやられても自然治癒力(homeostasis)がはたらく、体内の諸器官を活性化させて体内環境(脳、体温、血管、血流、骨、筋力)のバランスを整えてくれます。

 

但し、ボーッとしていてはいけない、運動して肺機能を高める、するとホメオスタシスが目覚めて自律神経と内分泌腺が活発にはたらいてくれるのです。

 

手足を伸ばし、広げ、曲げ、捩じり、回す、目線を高くして20分ほど速足ウォーク、心拍数が上がり、百メートル走ると、血管が柔らかくなり、血液の回転が速くなる、空を見上げれば気は宇宙の大気に吸い込まれる気分。

 

呼吸が乱れ、運動不足、気分もブルーだと、太陽の光に通じるパイプは詰まってしまう。

 

そうなると、呼吸は細く、短く、声は小さく、ひと、もの、こととの関係を自分から壊してしまって、不安感、恐怖心、孤独感、焦燥感が嵩じて血管硬化症に、骨密度は下がり、話すことはことごとく悲観的、否定的に。

 

これらブルー症状を惹き起こす要因は、グローバル経済化、高度情報化、高度機械化、高度心理社会化する世界で政治が上手く機能していないことにある、とは言え、なにやらよく分からないもやもやにコントロールされて内向きになってばかりいると、脳はお疲れさま状態に。

 

やせ細っているばかりいてはどうにもこうにも、もりもり食べて体力・気力をつけなければいけません。

 

口に入れたタンパク質や炭水化物は小さな分子に分解されて腸に吸収される、その繰り返しで体がつくられて、1年も経てば体はほとんど別人に入れ替わってしまう、らしい。

 

変なものを口に入れても肝臓が血液の入り口で解毒し、腎臓が血液を浄化してくれる。

 

血液は身体の外側を流れてきた動脈血と内側を巡ってきた静脈血が心臓で対峙、胸のあたりで神経とか意識とかが何かを感じ取り、つまり、晴々としない、鬱々している、圧迫感がある、思考停止がある、感覚麻痺がある、感性鈍化がある、閉塞感がある、呼吸不全がある、と感じ取ったら、問い正してくる、お前さんフィーブルじゃありませんかと。

 

すると脳は若々しく生まれ変われと指令を出す、指令を受けて臓器や器官が、呼吸と運動によって刺激を受け、調整に動き出し、身体は若々しく生まれ変わる、そんな新陳代謝力が私たちの体には備わっているのです。

 

身体環境がうまく調整されていると周囲とのコミュニケーションは滑らかになるが、脳が邪魔することがある、情動、記憶、時間空間情報を認知し統合する作用を行なう海馬とかのはたらきらしく、何が何だか分からなくなって、人の話を聴くのが難しくなって、自分の体の声を聴くのも難しくなることがある。

 

自己中心意識が強すぎるとそうなる、自分に都合の悪いことは聴こえなくなり、内側と外側からの情報が途絶えてコミュニケーション・エラー、指令も聴こえない批判も聴こえなくなったあの頑迷なリア王状態になってしまう。

 

そうならないために、体からの問い掛けにしっかり耳を澄し、問い掛けに反応して骨や筋肉を動かす、口をすぼめて意識的に深く長く息を吐く、目をつぶって耳だけになり音の世界に浸る、そうやってホメオスタシスのはたらきを手伝ってあげる、こんな新陳代謝コンディショニングを意識的に行なえば、臓器や器官や骨や心理状態をバランスのとれた状態に保つことができるのです。

 

ものがあっても見えない、音がするのに聴こえないのは、呼吸が乱れ、臓器や器官の機能がしっちゃかめっちゃかに活動、あるいはくたびれてへたり込んでいるから。

 

体は受容器なのであって、ものがよく見え声や音がよく聴こえる状態にさえ整えてあげれば万事オーケー、シェイクスピア朗読ができます。

 

せりふの情景がサーッと目に浮かんできて、たとえ子どもから大人に変身したばかりの14歳の女の子だろうが、恋を知り、その相手に向かって胸一杯に囁くせりふをばっちり朗読できる、自分の記憶の果てからそんな感情体験を拾い出してきて、実感を込めてせりふに乗せることができる。

 

バルコニーのシーン、キューピッドの矢に射抜かれた恋人にとって相手は早や神のごとき存在、ロミオはトロリンとしているが、ロザラインを忘れて浮気しているというのではありません。

 

二人は暗い夜が明るみに出した永遠の光を見つめ合っているのです。

 

 

ロミオ 君、あのお月様に賭けて誓うよ、

 あの果物の樹のてっぺんを銀色に染めている。

ジュリエット まあお月様に誓うなんて、気紛れお月様よ、

 ひと月ごとに満ち欠けするでしょ、

 あなたの恋があんな風に変わり易いのは嫌。

ロミオ 何に賭けて誓おうか?

ジュリエット 何も誓わないで。

 でもどうしてもって言うならあなたの優しさに賭けて、

 あなたは私が崇拝する神様だから、

 その誓いなら信じる。

 

                2幕2場

 

 

Rom. Lady, by yonder Moone I vow,

 That tips with siluer all these Fruite tree tops.

Iul. O sweare not by the Moone, th'inconstant Moone,

 That monethly changes in her circled Orbe,

 Least that thy Loue proue likewise variable.

Rom. What shall I sweare by?

Iul. Do not sweare at all:

 Or if thou wilt sweare by thy gratious selfe,

 Which is the God of my Idolatry,

 And Ile beleeue thee.

 

  Orbe = Orbital sphere

 

 

青い月の光が射す暗闇空間での愛の交感、ロミオは何かに誓って愛を永遠のものにしたい、ジュリエットも相手に誓わせたい、そんな歓喜の瞬間

 

胸一杯の言い合いにも言葉が及ばない、この言葉不足の状態は恋人関係の不適応を招くのか、そんなことはない、不足気味でちょうどいい、そんな隙間をつくって、バルコニーと月の光のセッティングながら何もかもが勢ぞろいした濃密な逢引の場を劇作家は工夫し構築しようとしているのです。

 

恋をしましょう、恋をして、笑いましょう、泣きましょう、うたいましょう、肺機能を高めましょう、自律神経を安定させましょう、歩きましょう、走りましょう、脳にたくさん酸素を送りましょう、ジャンプして骨を強くしましょう、テニスボールで足裏をぐりぐりやりましょう、シェイクスピアを読んで元気になりましょう、その前に唾液腺を刺激して発声練習をしましょう。

 

確かな歴史理解と確かな現実理解を誓って政治が行なわれている、ように見える、が、そう見えるだけ、私たちの目はふりに弱い、実体を見通せない。

 

この国は相変わらず不確かな歴史理解と不確かな現実理解のままに漂流し続けている、私にはそう見える。

 

ふりにまみれた分断社会を見据え、骨、血管、筋力のバランスの回復を、人に頼らず、ものに頼らず、薬に頼らず、セルフコントロールして。

 

くちづけとぶどうと死をも分かち合える友を得た者よ

大いなるしあわせに恵まれた者よ
星々のきらめく彼方に向かって共に歓喜の声をあげようではないか

この世が厳しく分け隔てるものを結び合わせるために

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読           

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 05:29 | - | - | pookmark |
深呼吸

 

 

息苦しい世の中になってきたものです。

 

独裁体質の強い政治家によってこの国は監視社会の症状を呈してきました。

 

政権にとって都合の悪い記録は改ざんされ、消去され、記憶も消去される、行政官だけではない、煽り立てられ利用されて衆愚と化した私たちは権力者の意向を忖度して黒を白と言わなければならない、そんな状況下に。

 

生老病死の苦に加えてこの切羽詰まった政治状況、何をどのようにして身を保つか、どうしたら逃れられるか、苦から解脱できるか、そんな風に思うのが煩悩というのであれば、煩悩をどのように断つか。

 

アガペー(agape、神の愛)ですよと聖書が教えています。

 

誰もが持っている他人への気遣いのこもった愛、友のために自分の魂を投げ打つこと、これより大きな愛を持つ者はいない(ヨハネ15:13)、それゆえ自分にして欲しいと思うことはみな同じように人にしてあげなさい(マタイ7:12)、この教えと学びを得て柔らかい心を取り戻して明るく元気になる、自分が明るく元気にしていれば隣りにいる人も明るく元気になり、しあわせな気持ちになる、いかなる状況にあろうともこれが悟りの境地、涅槃、そんな愛の心が天からあなたに注がれますと。

 

そんな正道を往く教え、学び、道標を得るための第一歩は、そう、呼吸を整えることから。

 

呼吸を整えて病んだ気に包まれた状況から脱出、新陳代謝、解脱、自己解放。

 

そう、シェイクスピアと向き合い、音のかたまりに気分を乗せて朗読、せりふに息を吹き込む前に、呼吸を整え、意識的に深呼吸、フーッ、スッ、フーッ、スッ、フーッと吐く、吐く、口をすぼめ尖がらせて、おへそが背中にくっつくくらいに10秒くらい時間をかけて吐く、吐く、吐き切る。

 

スッは、吸う、吸おうとしなくても、放っておいても、酸素は勝手にスッと体に取り込まれる。

 

この意識的呼吸法は知られざる多くの効果をもたらしてくれます。

 

交感神経が活動するとどこか首か肩辺りが緊張してくる、けれども脱力してフーッと息を吐くと、副交感神経が目覚めて、そのはたらきが強くなる。

 

リラックスした状態になると大きく広がった横隔膜が内臓を刺激し、血行がよくなり、内蔵が活発に動き出します。

 

腸が動き出すと快便に、腸が動かないと便は出てこない、刺激を与えると排便を促し、便秘解消、快食、快眠、妄念も消える。

 

肺全体を使って呼吸をすると何やらの物質が出て血管を拡張させ、血圧を下げ、動脈壁にコレステロールの血中脂質が染み込むのを防いで動脈硬化や血栓の生成を防いでくれるのです。

 

酸素を多く取り込めば脂肪燃焼効果を発揮するためダイエット効果も、結果、基礎代謝がアップ。

 

無意識に行なっている呼吸では細胞に充分な酸素は行き渡らない、意識的に深呼吸すれば細胞はエネルギーを取り戻し、心身は丸くしなやかに、思い通りにならない苦と折り合って生きて行くことができるようになる、疲れも吹っ飛び、じっとしておれなくなる、散歩に出ようか、歌をうたおうか、朗読しようかと、教えと学びの場に赴かせられる、柔らかい心を取り戻して隣りにいる人に灯をともして明るくしあわせにしようとする、そんな積極能動的な方向に。

 

いろんな呼吸法がありますが、これこれという意識的呼吸法を亀が教えています。

 

亀を1年間観察して、なるほど万年生きるなと合点した次第。

 

亀は意識的に鼻から空気を出す、細く、長く、強く、その勢いが水面に2本の線をつくるほどにフーッと。

 

人間の常識からは思いも及ばないが、生き物に与えられている呼吸数は決まっていて、せかせか吐き切るとあっと言う間に虫の息に、ゆっくり吐くとのんびりゆったりの亀人生になるようです。

 

深呼吸で心掛けなければならないのは肺を全部使い切ること、肺は呼吸によって大きく伸縮するのでお腹に凹凸をつけてしっかり最後まで吐き切る、これがが意外にできません。

 

泳ぎでうまく息継ぎできないのは、空気を吸えないのではなく、しっかり吐けないのが原因らしい。

 

意識しないと吐くことができない、意識すると呼吸はゆっくり深く、水のなかでもフーッスッとできるようになる、亀を飼って泳いでばかりいた息子が言っていることなので間違いありません。

 

深呼吸は、座ったまま、背筋だけピンと伸ばして、あとはだらん、鼻から吸っておへそを突き上げる、口笛を吹くように口をしぼめて息を吐く、吐いて、吐いて、吐き切る、これをゆっくりペースで数回繰り返す、これだけ。

 

体のなかで最も酸素を多く消費する場所は、実は脳です。

 

体内に取り入れた酸素の多くは脳を活性化させるために使われる、それだけ脳は多く酸素を消費するのです。

 

呼吸が浅いと脳が使用できる酸素量も少なくなり、必然的に脳の活動は減退消滅、すると集中力は低下して、朗読などのパフォーマンスなどできなくなる。

 

脳の栄養たる酸素を取り入れて脳を活性化させる天然の栄養素は、尽きることなくあまねく存在してくれています。

 

深呼吸して酸素を体の隅々にまで行き渡らせると、細胞が活性化して、さあやるぞやるぞという気持ちに。

 

酸素には運動した後に体中に溜まる乳酸をはじめとする疲労物質を分解・除去する力も備わっています。

 

片頭痛は酸素不足によるのであり、酸素が少ないと血管は収縮して脳に血液を送ることができない、その負担が片頭痛に、痛みの原因は頭ではなく酸素不足による血管の収縮にあり、酸素が体中に満ちて血管が拡がれば疲労感や重苦しさは取り除かれます。

 

深呼吸で細胞は元気になるが、逆に呼吸が浅く細く短くなると細胞内に毒素が溜まり、脂肪に変わる、こうなると全身の倦怠感を招いて消化のペースが遅くなり、生老病死の苦を引き起こす。

 

酸素を意識的に体内に取り入れれば脂肪は燃え、排出され、新陳代謝を促して、古い細胞はエネルギーに満ちた新しい細胞に生まれ変わる。

 

命の素である酸素を取り入れましょう、深呼吸するだけで体が変わり人生観も変わるのです。

 

鼻から息を吸ってお腹を膨らませ、吸い込んだ空気が体に行き渡るのを感じつつお腹を凹ませて行く、10秒くらい時間をかけて、亀のようにはいかないがゆっくり少しづつ口から空気を吐き出す、このとき体内の毒素や何やらのその他不要なものをぜんぶ吐き出すイメージで、鼻から息を吸い込み口をすぼめてフーッと吐く、空っぽになった肺に再び鼻から新鮮な空気を取り入れる、このプロセスを数回行なう、1日数回、移動中の隙間時間に行う、座る必要はない、立っても歩きながらでも行うことができます。

 

体中に酸素が行き渡ると心に大きな灯がともされてエネルギー溢れる存在に生まれ変わる、そのことに気付いてほしい、実感してほしい。

 

深呼吸して私たちを悩ますこの世のありとあらゆる苦を取り除いてください。

 

もっと酸素を、しっかり深呼吸を、これだけであなたのシェイクスピア朗読は、より生きいきと活力あるものに生まれ変わるでしょう。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読 

http://shaks.jugem.jp

 

 

 

| - | 05:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ダークレディー−ソネット106

 

 

驕り政権、権力に媚びる忖度の蔓延、国民主権の侵害、人間の尊厳棄損、猛暑続き、日に日に渇き萎んで行くいのちの気配。

 

若者たちは元気か、瑞々しいか、ロマンはあるか、男女の思慕の情は健在か。

 

かつて七五調のリズムで若者に熱狂的に受け入れられた藤村の詩集『若菜集』。

 

 まだあげ初めし前髪の林檎のもとに見えしとき

 前にさしたる花櫛の花ある君と思ひけり

 やさしく白き手をのべて林檎をわれにあたへしは
 薄紅の秋の実に人こひ初めしはじめなり

 わがこゝろなきためいきのその髪の毛にかゝるとき
 たのしき恋の盃を君が情に酌みしかな

 林檎畑の樹の下におのづからなる細道は
 誰が踏みそめしかたみぞと問ひたまふこそこひしけれ   

 

初恋、少女は12〜3歳で髪を結いあげたばかり、二人は林檎畑で出会ったのでなく幼馴染み、思いがけずこぼした溜息が相手の髪の毛に、そんな出会いを重ねてできた細い道、それを誰が踏んでできたんでしょうねと少女は問いかけたらしい。

 

少年は髪結いした少女に胸一杯だが、少女は可憐にうつむいて咲く花か、それともまだ幼さを残している少年をからかうゆとりある存在か。

 

もう一つ、牧水の作。

 

 白鳥は哀しからずや空の青海の青にも染まず漂う

 

 幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞ今日も旅ゆく

 

 いざ行かむ行きてまだ見ぬ山を見むこのさびしさに君は耐ふるや

 

失恋したが、恨みも喪失感も呑み込んで一歩を踏み出そう、そんな思いを五七調にうたい上げたようです。

 

これら奥深い人生観照の歌を生んだのは恋心であるが、生まれた背景に君は時代の何を嗅ぎ取るだろうか。

 

16世紀後半にイタリアから導入されたソネット(sonnet、十四行詩)がロンドンで爆発的な人気を博し、シェイクスピアもソネットを書きました。

 

シェイクスピアの詩才は154篇を収めたSHAKE-SPRARES SONETS (1609 年、クオート版)に遺憾なく発揮されていることはご承知の通り。

 

友人の間に配布されたものが結果的に1609年に印刷に付されました。

 

ソネットのライムスキーム(rhyme scheme、押韻の型)は詩人によりさまざまで、シェイクスピアはa-b-a-b-c-d-c-d-e-f-e-f-g-g というように音合わせをしています。

 

  

 古い時代の年代記をひもとくと、

 このうえなく美しい人びとが描かれていて、

 その美しさが美しい韻律でうたわれ、

 亡くなった貴婦人や、眉目秀麗の騎士を称えている、 

 そこに描かれた美の最高の美を見ると、

 手、足、唇、目、眉など、

 古人のペンが描きたかったことが分かる

 いまあなたが湛える美しさを。

 彼らの賛辞はすべて予言であり、

 彼らは予言の目で見るしかなく、

 あなたの美しさをうたいあげる力はなかった。

  いまあなたをを仰ぎ見る私たちでさえ、

  讃美する目はあるが、称賛する言葉が浮かばない。 

 

               ソネット106

 

 

 WHen in the Chronicle of wasted time,

 I see discriptions of the fairest wights,

 And beautie making beautifull old rime,

 In praise of Ladies dead, and louely Knights,

 Then in the blazon of sweet beauties best,

 Of hand, of foote, of lip, of eye, of brow,

 I see their antique Pen would haue exprest,

 Euen such a beauty as you maister now.

 So all their praises are but prophesies

 And for they look'd but with deuining eyes,

 They had not still enough your worth to sing :

  For we which now behold these present dayes,

  Haue eyes to wonder, but lack toungs to praise.

 

  wasted = past   wights = people  blazon = poetic catalogue of virtue

       maister = possess   for = as   deuining = prophetic   we = even we

 

 

言葉は選び抜かれ、ライムスキームは心の琴線に触れるパターンになっているが、溢れる思いを言葉にできない、歯がゆい、じれったい、いじらしく可愛らしく美しい女性を心行くまで讃美することができない、もどかしさ、腹立たしい。

 

そうなのだが、あれもいい、これもいい、それもいいんじゃないか、ここにあるには輝くいのちの気配、ロマン、思慕の情

 

シェイクスピアの相手が誰なのかは分からない、ダークレディー(Dark Lady)と称されていますが、肌が黒いのではない。

 

故郷ストラトフォードには妻と子どもがいたが、ロンドンに出てきたシェイクスピアは一人の女性に出逢った、ああ君はそこにいたのかと。

 

藤村や牧水の傍らにマドンナがいたように、この女性のおかげでシェイクスピアは溢れるパッションを「時」と「恋」を主題とする十四行詩に昇華させ、英国詩のなかで凛然と威儀を正す位置を占めることができたのです。

 

時代がどう動こうと自分が生きる世界の輝きを称え守ろうとする、詩人はそんな美の基準というものを持っているのです。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 09:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE