シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< メタファー−『十二夜』2幕4場 | main | 境界線−『お気に召すまま』5幕2場 >>
囲みを超えて―『ヘンリー5世』5幕2場

 

冬季五輪では日本女子の活躍が目立ちましたね。

 

メダル獲得ばかりでなく、相手国選手を思い遣り、涙と笑顔で言葉を交わし合う場面が見られました。

 

言葉も習慣も異なる者同士の気持ちの通わせ方は、特に口説き文句など、傍から見ていて滑稽かつ涙ぐましい。

『ヘンリー5世』にこんなシーンが。

 

キャサリン フランスの敵を愛することができるでしょうか?

ヘンリー そう、フランスの敵を愛することはできない、

ケート。でも私を愛してくれるなら、君は愛することになる

フランスの友人を。私はフランスを愛している、

村ひとつでも手放したくない。ぜんぶ私のものにしたい。

だからケート、フランスが私のものになれば、私は君のものになる。

君のものはフランスだから、君は私のものになる。

キャサリン 何のことだか分かりません。

ヘンリー 分からない、ケート?フランス語で話そう、私のフランス語は

舌に絡みつく、新婚の妻が夫の首にすがりついて、離れないみたいに。

  Ie quand sur le possession de Fraunce, & quand vous aues le pos-

session de moyフランスを手に入れ、あなたが私のものになると).

(ええっと、それからどう言えば?聖デニスよ助けてくれ)

Donc vostre est Fraunce, & vous estes mienneそうすれば

フランスはあなたのもの、そしてあなたは私のもの).

私にとってはずっとやさしい、ケート、王国を征服するほうが、

あれこれフランス語を話すより。あなたを動かすことはできそうにない

フランス語では、話しても笑われるだけだ。

キャサリン Sauf vostre honeur, le Francois ques vous parleis, il

& melieus que l'Anglois le quel Ie parle恐れながら、陛下の

お話になるフランス語は、私の話す英語より素晴らしいです.

ヘンリー とんでもない、ケート。あなたの話す英語と、

私の話すフランス語は、極めて出鱈目で、

とてもよく似ている。だがケート

これくらいは分かるだろう?私を愛することができますか?

キャサリン 分かりません。

ヘンリー そばにいる誰かに分からないだろうか、ケート?

聴いてみよう。さあ、あなたが私を愛していることは分かる。夜、

寝室に入ったら、尋ねるだろうこのご婦人に私のことを。

私には分かるのだ、ケート、あなたは私の性質をけなすだろう、

心から愛している人を。

だがケート、お手柔らかに頼む、穏やかな王女よ、

私は痛々しいほどに愛しているのだ。

あなたが私のものになってくれるなら、ケート、私は内心

そうなると確信している。あなたは戦利品だ、だから

必ず立派な兵士を生んでくれるだろう。

あなたと私は、聖デニスと聖ジョージの助けを借りて、

男の子をつくる、フランス人とイングランド人ハーフの、

その子はきっとコンスタンチノープルへ遠征して、トルコ王の

髭を摑む。そうしないか?返事はどうかな、わが美しの白百合の花。

キャサリン 私には分かりません。

ヘンリー 分からないか。これから分かるようになる、今は約束を。

いまは約束だけケート、努力して男の子のフランスの性質をつくると。

イングランドの半分については、王としての、男としての私の約束だ。

どう返事してくれるかな、La plus belle Katherine du monde mon trescher

& deuin Deesse(世界で一番美しいキャサリン私の愛する神聖な女神)。

キャサリン 陛下は嘘のフランス語をお話になって

フランスで最も思慮深い娘を騙そうとされています。

ヘンリー 私の嘘のフランス語はどうでもいい。名誉にかけて

真実の英語で、愛しているよケート。その名誉にかけて、私は

あなたも愛してくれているとは言わないが、本能が囁き始めた、

あなたも私を愛してくれていると。お粗末な

女には好かれない顔をしているが。いまじゃいまいましい

私の父の野心が、父は内乱のことばかり考えていた

私が生まれた頃には、だから私は生まれてしまったのだ

いかつい顔つきをして、鉄面皮で、

口説こうとしても、相手を脅してしまう。正直言ってケート

年をとれば、もっとやさしく見えるようになる。慰めは、

老齢が、美を壊して行くが、この顔をこれ以上

醜くはできない。夫にするなら、もしあなたが私を夫にするなら、

最悪の状態で。妻になってくれ、もし私の妻になってくれるなら、

これからはよくなる一方だ。だから言ってくれ、美しい

キャサリンよ、受け入れてくれないか?乙女の恥じらいを捨てて。

心の思いを宣言してくれ

女帝のやり方で、手をとって、言ってくれ、イングランド王

ハリー、私はあなたのものだと。その言葉で私は

祝福され、あなたに明言する、イングランドはあなたのもの、

アイルランドもあなたのもの、フランスもあなたのもの、ヘンリー

プランタジネットもあなたのものだ。私は、王の面前で宣言するが、

たとえ最良の王と同列でなくても、

善良な人びとの最良の王になってみせる。さあ

片言の英語でいい。すべての者の女王、キャサリン、

心を破って破れた英語で言ってくれ。あなたは

私を受け入れてくれますか?

キャサリン それはde Roy mon pere(私の父王)の意志によって。

ヘンリー もちろん、お父上の意志です、ケート。お父上の意志

なんですよ、ケート

キャサリン それなら私もよろしいです。

ヘンリー それを聴いてあなたの手にキスを、そしてあなたを

  王妃と呼びます。

キャサリン Laisse mon Seigneur, laisse, laisse, may foy: Ie ne

   veus point que vous abbaisse vostre grandeus, en baisant le

   main d'une nostre Seigneur indignie seruiteur excuse moy. Ie

   vous supplie mon tres-puissant Seigneu(陛下放して、放して、放して、

 ほんとうに。召使いの手にベイゼなど、  尊厳をなくされては。お許しを).

ヘンリー ではあなたの唇にキスを、ケート

キャサリン Les Dames & Damoisels pour estre baisee deuant

leur nopcese il net pas le costume de Fraunce(女の人が

結婚前にベイゼされるのはフランスの習慣ではありません).

ヘンリー ご婦人、わたしの通訳さん、何て言っているんですか?

婦人 それは習慣ではありませんフランスのご婦人方にとっては。

ベイゼは英語で何というのか分かりません。

ヘンリー キス。フランスでは娘たちにとって習慣ではない

結婚前にキスするのは、と言っているのかね?

婦人 Ouy verayment(はいその通りです).

ヘンリー ああケート、厳格な習慣は偉大な王には呪いになる。

ケート、あなたも私も閉じ込められていてはいけない

一つの国の習慣というひ弱な囲みのなかに。我々が

礼儀作法をつくるのだ、ケート。この場にふさわしい

自由が、あなたのあら捜しの口を塞いで、こう

やって、あなたの国の気難しい習慣を確認

する、あなたが私のキスを拒んでも。だから我慢して、

負けなさい。あなたの唇の甘い感触のほうがずっと雄弁だ、

フランスの高官どもの言葉より。

あっと言う間にイングランドのハリーを説得する、

 王たちの総嘆願よりも。来られたようだ

 お父上が。

 

                  5幕2場

 

 

Kath. Is it possible dat I sould loue de ennemie of Fraunce?

King. No, it is not possible you should loue the Enemie

 of France, Kate; but in louing me, you should loue

 the Friend of France: for I loue France so well, that I

 will not part with a Village of it; I will haue it all mine:

 and Kate, when France is mine, and I am yours; then yours

 is France, and you are mine.

Kath. I cannot tell wat is dat.

King. No, Kate? I will tell thee in French, which I am

 sure will hang vpon my tongue, like a new-married Wife

 about her Husbands Necke, hardly to be shooke off; Ie

 quand sur le possession de Fraunce, & quand vous aues le pos-

 session de moy. (Let mee see, what then? Saint Dennis bee

 my speede) Donc vostre est Fraunce, & vous estes mienne.

 It is as easie for me, Kate, to conquer the Kingdome, as to

 speake so much more French: I shall neuer moue thee in

 French, vnlesse it be to laugh at me.

Kath. Sauf vostre honeur, le Francois ques vous parleis, il

 & melieus que l'Anglois le quel Ie parle.

King. No faith is't not, Kate: but thy speaking of

 my Tongue, and I thine, most truely falsely, must

 needes be graunted to be much at one. But Kate, doo'st

 thou vnderstand thus much English? Canst thou loue

 mee?

Kath. I cannot tell.

King. Can any of your Neighbours tell, Kate? Ile 

 aske them. Come, I know thou louest me: and at night,

 when you come into your Closet, you'le question this

 Gentlewoman about me; and I know, Kate, you will to

 her disprayse those parts in me, that you loue with your

 heart: but good Kate, mocke me mercifully, the rather

 gentle Princesse, because I loue thee cruelly. If euer thou

 beest mine, Kate, as I haue a sauing Faith within me tells

 me thou shalt; I get thee with skambling, and thou

 must therefore needes proue a good Souldier-breeder:

 Shall not thou and I, betweene Saint Dennis and Saint

 George, compound a Boy, halfe French halfe English,

 that shall goe to Constantinople, and take the Turke by

 the Beard. Shall wee not? what say'st thou, my faire

 Flower-de-Luce.

Kate. I doe not know dat.

King. No: 'tis hereafter to know, but now to promise:

 doe but now promise Kate, you will endeauour for your

 French part of such a Boy; and for my English moytie,

 take the Word of a King, and a Batcheler. How answer

 you, La plus belle Katherine du monde mon trescher & deuin

 deesse.

Kath. Your Maiestee aue fause Frenche enough to

 deceiue de most sage Damoiseil dat is en Fraunce.

King. Now fye vpon my false French: by mine Honor

 in true English, I loue thee Kate; by which Honor, I dare

 not sweare thou louest me, yet my blood begins to flat-

 ter me, that thou doo'st; notwithstanding the poore and

 vntempering effect of my Visage. Now beshrew my

 Fathers Ambition, hee was thinking of Ciuill Warres

 when hee got me, therefore was I created with a stub-

 borne out-side, with an aspect of Iron, that when I come

 to wooe Ladyes, I fright them: but in faith Kate, the el-

 der I wax, the better I shall appeare. My comfort is, that

 Old Age, that ill layer vp of Beautie, can doe no more

 spoyle vpon my Face. Thou hast me, if thou hast me, at

 the worst; and thou shalt weare me, if thou weare me,

 better and better: and therefore tell me, most faire Ka- 

 therine, will you haue me? Put off your Maiden Blushes,

 auouch the Thoughts of your Heart with the Lookes of

 an Empresse, take me by the Hand, and say, Harry of

 England, I am thine: which Word thou shalt no sooner

 blesse mine Eare withall, but I will tell thee alowd, Eng-

 land is thine, Ireland is thine, France is thine, and Henry

 Plantaginet is thine; who, though I speake it before his

 Face, if he be not Fellow with the best King, thou shalt

 finde the best King of Good-fellowes. Come your An-

 thy English broken: Therefore Queene of all, Katherine,

 breake thy minde to me in broken English; wilt thou

 haue me?

Kath. Dat is as it shall please de Roy mon pere. 

King. Nay, it will please him well, Kate; it shall please

 him, Kate.

Kath. Den it sall also content me.

King. Vpon that I kisse your Hand, and I call you my

 Queene.

Kath. Laisse mon Seigneur, laisse, laisse, may foy: Ie ne

 veus point que vous abbaisse vostre grandeus, en baisant le

 main d'une nostre Seigneur indignie seruiteur excuse moy. Ie

 vous supplie mon tres-puissant Seigneur.

King. Then I will kisse your Lippes, Kate.

Kath. Les Dames & Damoisels pour estre baisee deuant

 leur nopcese il net pas le costume de Fraunce.

King. Madame, my Interpreter, what sayes shee?

Lady. Dat it is not be de fashon pour le Ladies of

 Fraunce; I cannot tell wat is buisse en Anglish.

King. To kisse.

 It is not a fashion for the Maids in Fraunce to

 kisse before they are marryed, would she say?

Lady. Ouy verayment.

King. O Kate, nice Customes cursie to great Kings.

 Deare Kate, you and I cannot bee confin'd within the

 weake Lyst of a Countreyes fashion: wee are the ma-

 kers of Manners, Kate; and the libertie that followes 

 our Places, stoppes the mouth of all finde-faults, as I

 will doe yours, for vpholding the nice fashion of your

 Countrey, in denying me a Kisse: therefore patiently,

 and yeelding. You haue Witch-craft in your Lippes,

 Kate: there is more eloquence in a Sugar touch of

 them, then in the Tongues of the French Councell; and

 they should sooner perswade Harry of England, then a

 generall Petition of Monarchs. Heere comes your

    Father.

 

  moue = persuade    parts = qualities    skambling(= scrambling)= fightimg

  Saint Dennis and Saint George = Patron saints of France and England

  Flower-de-Luce フランスの国家紋章    moytie = half  Damoiseil = Maiden

  blood = instinct  beshrew = curse    layer vp = preserve

  buisse = kiss    nice = fastidious     Lyst = Barrier

 

 

ハリーは本能が囁くままに誠実に口説いているんでしょうが、tongue のほかに custom、fashion、manner が頻出して、フランスの厳格な習慣が呪いに。

 

あなたも私も一つの国の習慣というひ弱な囲みのなかに閉じ込められていてはいけない、二人で新しい礼儀作法をつくろう、その場にふさわしい自由な雰囲気のなかで、ハリーはそう言ってキャサリンにベイゼしました、天晴れ。

 

シェイクスピアの時代、英国にフランス趣味はありましたが、フランスには英国趣味はありませんでした。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 13:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/432
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE