シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< マーロウ = シェイクスピア説―『ヘンリー6世』(第3部)2幕5場 | main | ふるければふるきほどよし―『ぺリクリーズ』1幕1場 >>
エイヴォン川の白鳥

 

早いものでもう節分の季節。

 

でも、まだ外気は冷たく、寒いなかでの散歩のし過ぎは足腰を痛めそう。

 

冷えはとにかく身体によくない。

 

熱を逃がさないようにと余分なエネルギーを使うので全身が疲労、血管は細くなり、血行が悪くなり、免疫力低下。

 

どうぞ冷えない生活を。

 

さて、シェイクスピアが没して7年後の1623年に刊行されたファースト・フォリオの序詞に「エイヴォン川の白鳥」というシェイクスピアへの賛辞が掲げられました。

 

称えたのはシェイクスピア没年の1616年に英国初の桂冠詩人(poet laureate)となって王室に要職を得たシェイクスピアの友人、ライバル、詩人、劇作家のベン・ジョンソン(Benjamin Jonson、1572-1637)です。

 

ジョンソンは「シェイクスピアは一つの時代の人ではなく、あらゆる時代の人である」(He was not of an age, but for all time)とシェイクスピアが死後獲得するであろう栄誉を見事に言い当てました。

 

実際シェイクスピアほど普遍性と可変性に満ちた作家はいません。

 

あらゆる時代と社会にワイドにディープに生き続けるシェイクスピアの繁殖力と持続力の在り処は一体どこにあるのか。


その前にジョンソンのもう一面のシェイクスピア評価。

 

シェイクスピアに賛辞を呈する一方、1行の無駄もないと称賛されるシェイクスピアのせりふを「1000行は削ってもよかった」、「彼には溢れるほどの才能があったが抑制が効かなかった」、「ラテン語もギリシア語も知らなかった」などとケチをつけているのです。

 

シェイクスピアの天賦の才能に対してちょっと複雑な心境なのか、自分は天才に近い秀才だがシェイクスピアは天才だと思うと穏やかでないのか、そんな思いが心底賛辞を呈することができなくなった理由であったかもしれません。

 

自分は役不足と考えることができない、われこそはという思いが強いあまり相手の顔に墨をなすりつけたくなる、相手に不足を見つけて自分と同等、いや自分より劣っていると思いたい、自己否定できない、そんな了見なのか。

 

となると、エイヴォン川の白鳥という賛辞も出来損ないの比喩ではないのだろうかと勘繰りたくなってくる。

 

シェイクスピアは、狭量、猜疑心から脱出できないハムレット、レオンティーズ、リアを描きました。

 

彼らの自己肯定感は強く、しかしながら一方自己否定も熾烈を極めました。

 

そして最後は、自分を顧み、人の話をよく聴き、決断し、実行する、結果は大いなるものの判断に委ねようとする心境に。

 

牧水にこんな詩があります。

 

白鳥は悲しからずや、空の青、海の青にも、染まず漂う〜

 

悲しいかな、白鳥は空にもなり海にもなって新しい大きな命に達したい、けれども、自己を否定することができない、消すことができない、純粋、孤高という名の孤立を克服しようとしてもできない、空の青、海の青に染まって一つになりたいができない、だから白鳥は悲しい、そう、真っ白すぎるから。

 

シェイクスピアは人間を描いた、人間の変貌ぶりを描いた、人間が幻想を生む素地を丸ごと掘り起こした、そして、ばらばらにあるものを繋ぎ合わせて一つのものにして、大きな命に橋渡ししようとしました。

 

その人間観、世界観には、永続する世界と限りある煩悩の世界、目に見える自然界と目には見えない超自然界ですが、この世にはどうしても理屈で割り切り、弁証法で動く対立軸が残ってしまう、劇作家はそこを何とか描こうとした。

 

そんなところをベーコン(Francis  Bacon, 1561-1626)は「シェイクスピアの芸術美はすぐれている、そのすぐれた均整には何かしら奇異なもの(strangeness)がある」と言いました。

 

何かしら奇異なもの、それは現実の世界とロマンの世界の融合、遠く離れているものの連結、不一致の一致、不調和の調和、結び付いているものの切り離し、グロテスクの手法、アイロニー、美しく滑稽かつ神秘的なるもの、つまり奇異なるものを多元的に生み出していると言っているのでしょう。

 

これこそ腑に落ちる褒め言葉ではないのか、シェイクスピアの賛辞としては。

 

社会での逸脱行為もその阿呆ぶりと狂気を懲罰として滑稽化して笑いのめし、観客の社会への柔軟な対応力を回復しようとした、たとえばフォールスタッフが王を演じて自分を笑いの対象にしたのも、自分の未熟さ、過ち、浅はかさ、愚かさの自嘲であると同時に、その鋭い風刺力をもって自己を客観化する、その度量の深さを示そうとしたのだった。

 

フォールスタッフが王となったヘンリーに拒絶されるのは自己を見る目を失ってしまったから。

自己を客観視できなくなったフォールスタッフは、無謬論や全能信念に陥り盲目となった、この世の舞台でさまざまな役を演じ分けて生きて行くことができなくなったのです。

 

人は、欲望し、貪り、怒る、そんな煩悩濁から現状維持か死を覚悟しての現状打破かの切羽詰まった岐路に立たされとき、判断ができない、呼吸が乱れ、酸素不足に陥り、世に濁るしるしとして君臨する「ふり」に走ってしまう。

 

天地におはしますよろづの神や仏を軽んじ無視することはゆめゆめなきことなりとの心得がなければ、神々がこぞってこの身を守り、うごめく邪悪なるものを近づけないようにしてくださるはずがないではないか。

 

天の神、地の神に帰依してはならない、帰依するのは唯一 神God である、ほかに God  はいない、神は白鳥である、そんな風に思い込まされたら、どうなるか。

 

したがって、こうも言える、白鳥が無垢純白の詩人という純粋性を意味するものであってはならないだろうと。

 

純粋性の称揚は、孤高、頑迷、狭隘、独善、排他、不寛容に陥ることが多いから。

 

空に染まり海に染まり山を仰ぐ寛容性を推し進める先にも陥穽はある、無節操という危険な落とし穴が。

 

無節操が寛容と誤認され、独善的排他的な不寛容が純粋と誤認されるいまの社会がそのことを教えてくれる。

 

エイヴォン川の白鳥は純粋性を保持しつつも排他的独善性に陥らないことの象徴として輝かなければなりません。

 

「存在することは変化することであり、変化することは成熟することである、成熟することは無限に自分自身を創造することである」とフランスの哲学者ベルグソン(Henry Louis Bergson, 1859-1941)は言いました。

 

シェイクスピアはイニシャルGの God でなくgods  を多用したことで知られます。

 

ギリシアの神々、日本の八百万の神々の、あの godsを 。

 

World-wide に付き合い、 World-deep に成熟し、なお可変性を感じさせる存在であり続けたいと願ったのでしょうか。

 

時代が変わり、ところが変わり、言葉が変わっても、シェイクスピアは変化し、成熟し、成長する多元的存在であり続けなければなりません。

 

生きて行く上で一番の財産になるのは体験でしょう、生まれてから現在に至るまでのあらゆる体験がすべて潜在脳に蓄積されて行くからです。

 

目にしたり耳にしたり嗅いだり触ったり味わったりする五感の記憶が集積する潜在脳、ここに手を届かせて十方衆生を観客として言葉を紡ぎ出したのがシェイクスピアでした、見誤ってはなりません。

 

あらゆる時代と社会に生き続けるシェイクスピアの強い繁殖性と持続性はここにある。

 

求められる白鳥のような無垢、節操あるいは節度は、変化し、成熟し、無限に広がる多様性のなかにこそ輝くものではないのでしょうか。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読 

http://shaks.jugem.jp

 

 

| - | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 09:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/502
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE