シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 恋の大騒動―『夏の夜の夢』3幕1場 | main | NO ONE WILL BE LEFT BEHIND―『リチャード3世』3幕1場 >>
三色スミレの絞り汁―『夏の夜の夢』2幕2場

 

 

五色(ごしき)の短冊が川に流されて(今は流せない)思い出されるのが三色菫(さんしきスミレ)。

 

春、ヴェランダの雑草園に薄紫のタチツボスミレ(立坪菫、学名:Viola grypoceras)の花が咲き、いまは10 センチルほどに伸びた茎に丸っこい葉っぱが。

 

こちら日本原産のスミレですが、スミレには種類が多く、葉っぱの形や茎で識別されます。

 

西の玉座に君臨する美しい処女(エリザベス1世)を狙ってキューピッドの弓から放たれた矢が妖精の王オ―ベロンに遮られて、乳白色のスミレの花に落ちました。

 

射抜かれて深紫に変わったこの花は Love in idleness(ぶらぶら遊んでいるキューピッドの意)と呼ばれるパンジーの原種ビオラ・トリコロール(英語で three colour )、つまり三色スミレで、春から夏にかけて白、黄、深紫の花を咲かせます。

 

夏至祭が行われる6月24日(Midsummer Day)の前夜、若い男女は森に出かけ、露や薬草を集めるという習わしがありました。

 

森には悪戯好きな妖精がいて、若者たちに三色スミレの絞り汁を降り撒くことが。

 

『夏の夜の夢』に登場する妖精パック(Robin Good-fellow)は目隠しされたキュ―ピッド役として登場します。

 

 

パック 森じゅうあちこち走り回ったが、

 アテネの男は見当たらない、

 そいつの目蓋に花の露を塗り

 媚薬の効果を見たいんだが。

 夜だ静かだな―誰だ?

 アテネの服を着ているぞ。

 こいつか(王様が言っていたのは)

 アテネの娘を振ったやつ。

 こっちで眠り込んでいるのが相手の娘か、

 湿った汚い地べたに。

 可哀そうに、近くに寄れないのか

 薄情な男の傍には、この礼儀知らず。

 無礼者め、こいつの目ん玉に

 ありったけの魔法をかけてやる。

 目を覚ましたら、はいそれまでよ

 寝食忘れる恋患い。

 おいらが行っちまったら目を覚ましな。

  オ−ベロン様に報告しなきゃ。退場

 デメ―トリアスとヘレナが駆け込んでくる

ヘレナ 待って、殺されてもいいから、ねえデメ―トリアス

デメ―トリアス 向こうに行けってのに、そうつきまとうな。

ヘレナ ああ暗闇に置いてけぼりにするの?そんなことしないで。

デメ―トリアス ついて来ると危ないぞ、一人で行く。

デメ―トリアス退場

ヘレナ ああ息が切れてしまう、馬鹿みたいに追いかけっこして、

祈れば祈るほど、お恵みが減るのね、

ハーミアはしあわせ、いったいいまどこにいるのかしら。

生まれつきお色気のある目のせいだわ。

どうしてあんなにきれいなんだろう?塩辛い涙なんかじゃない。

それなら、私の目のほうが何度も洗われているから。

違う、違う、私は熊のように醜いのよ。

獣たちも私に遭うと、怖がって逃げるから、

だからちっとも不思議はない、デメ―トリアス

化け物に逢ったみたいに、私を見てあんな風に逃げ出しても。

なんて意地悪で嘘つきの私の鏡なの、

ハーミアの星のような目と比べさせたりして?

誰かしらあそこにいるのは?ライサンダーだ。

死んでいるの眠っているの?血は流れていない、傷もない、

 ライサンダー、生きているなら、お願い起きて。

ライサンダー 火のなかにだって飛び込むぞ可愛い君のためなら。

透き通るようなヘレナ、自然の産んだ美の化身、

あなたの胸を通して心が見える。

デメト―リアスはどこだ?ああ忌々しい、

名前を口にするのも、くたばれこの刃にかかって!

ヘレナ そんなこと言っちゃだめライサンダー、そんなこと。

あの人がハーミアを思っているからって。それが、どうなの?

ハーミアが愛しているのはあなたよ。不足はないでしょ。

ライサンダー 不足はないってハーミアに?いや、後悔している

一緒に過ごした退屈な時間を。

ハーミアではない、ヘレナだ僕が愛するのは。

誰が烏を鳩と取り換えずにいられるか?

男の欲望は理性に左右される。

その理性が言うんだ君のほうが勝っていると。

すべて生き物はその時が来ないと熟さない。

僕がそう、まだ理性にまで熟していなかった、

いまは人間知の高みに届いて、

理性が欲望の支配者となり、

君の目に映っている、そこに読み取るのは

数々の恋物語、この世にまたとない恋を書きつけた書物。 

ヘレナ どうしてこんな酷い軽蔑を受けなきゃならないの?

こんな風に笑われなければならないことをいつ私がしたの?

足りないの、足りないの、ねえ、

いままで一度だって、ただの一度だってないのよ、

デメト―リアスからやさしい目を向けられたことは、

まだ私の不足をみせつけなきゃ気が済まないの?

もうやめて(ほんとに)

こんな風に軽蔑されて、口説かれて。

でもずいぶんと酷い仕打ち。ほんとうはね、

あなたはもっと育ちのいい方だと思っていたの。

ああ、悲しい女一人の男から嫌われ、

また別の男からなぶられて。退場

 

                2幕2場

 

Puck. Through the Forest haue I gone,

 But Athenian finde I none,

 One whose eyes I might approue

 This flowers force in stirring loue.

 Night and silence: who is heere?

 Weedes of Athens he doth weare:

 This is he (my master said)

 Despised the Athenian maide:

 And heere the maiden sleeping sound,

 On the danke and durty ground.

 Pretty soule, she durst not lye

 Neere this lacke-loue, this kill-curtesie.

 Churle, vpon thy eyes I throw

 All the power this charme doth owe:

 When thou wak'st, let loue forbid

 Sleepe his seate on thy eye-lid.

 So awake when I am gone:

 For I must now to Oberon. Exit.

 Enter Demetrius and Helena running.

Hel. Stay, though thou kill me, sweete Demetrius.

De. I charge thee hence, and do not haunt me thus.

Hel. O wilt thou darkling leaue me? do not so.

De. Stay on thy perill, I alone will goe.

 Exit Demetrius.

Hel. O I am out of breath, in this fond chace,

 The more my prayer, the lesser is my grace,

 Happy is Hermia, wheresoere she lies;

 For she hath blessed and attractiue eyes.

 How came her eyes so bright? Not with salt teares.

 If so, my eyes are oftner washt then hers.

 No, no, I am as vgly as a Beare;

 For beasts that meete me, runne away for feare,

 Therefore no maruaile, though Demetrius

 Doe as a monster, flie my presence thus.

 What wicked and dissembling glasse of mine,

 Made me compare with Hermias sphery eyne?

 But who is here? Lysander on the ground;

 Deade or asleepe? I see no bloud, no wound,

 Lysander, if you liue, good sir awake.

Lys. And run through fire I will for thy sweet sake.

 Transparent Helena, nature her shewes art,

 That through thy bosome makes me see thy heart.

 Where is Demetrius? oh how fit a word

 Is that vile name, to perish on my sword!

Hel. Do not say so Lysander, say not so:

 What though he loue your Hermia? Lord, what though?

 Yet Hermia still loues you; then be content.

Lys. Content with Hermia? No, I do repent

 The tedious minutes I with her haue spent.

 Not Hermia, but Helena now I loue;

 Who will not change a Rauen for a Doue?

 The will of man is by his reason sway'd:

 And reason saies you are the worthier Maide.

 Things growing are not ripe vntill their season;

 So I being yong, till now ripe not to reason,

 And touching now the point of humane skill,

 Reason becomes the Marshall to my will,

 And leades me to your eyes, where I orelooke

 Loues stories, written in Loues richest booke.

Hel. Wherefore was I to this keene mockery borne?

 When at your hands did I deserue this scorne?

 Ist not enough, ist not enough, yong man,

 That I did neuer, no nor neuer can,

 Deserue a sweete looke from Demetrius eye,

 But you must flout my insufficiency?

 Good troth you do me wrong (good-sooth you do)

 In such disdainfull manner, me to wooe.

 But fare you well; perforce I must confesse,

 I thought you Lord of more true gentlenesse.

 Oh, that a Lady of one man refus'd,

 Should of another therefore be abus'd. Exit.

 

   approue = test     durty = dirty    durst⦅古⦆dareの過去形   

   Churle = Rude fellow      owe = own    darkling = in darkness  

   fond = foolish   grace = reward    compare = compete   

   sphery eyne = starry eyes  art = magic power  orelooke = read  

   keene = sharp    troth = truly  good-sooth = indeed

   gentlenesse = breeding  

 

 

三色スミレの絞り汁が魔法の一滴となった瞬間。

 

妖精の王オーベロンはインドのボーイを妃のティターニアに独占されていて我慢できない、妖精界のそんな険悪な雰囲気のなかに駆け落ちしてきた若いカップルとそれを追いかけてきた別のカップル、三色スミレの一滴が間違って塗られてアテネの森に一夜の恋の大騒動が繰り広げられる展開に、あられもない姿態を晒すボトムと妖精の女王、アテネの公爵シーシウスとその婚約者ヒポリタの感情のずれが加わります。

 

三色スミレは3月7日誕生日の花で、花言葉は「物思い」や「私のことを忘れないで」というもの。

 

タチツボスミレの葉っぱはハート型、三色スミレともども、春から夏にかけて物思いに耽ること多く、私のことを忘れないでねと訴えているようです。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                 

http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

| - | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:40 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/514
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE