シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 美しい友よ−ソネット104 | main | 読まれるシェイクスピア >>
テイトの改作版『リア王物語』

 

モリ・カケ問題で政権与党のムラ社会的体質が露呈、民主的法治国家を返上して手続きを踏まない結果ありきの情報操作、隠蔽、独善、強権的体質が明らかに。

 

これまで積み上げてきた個人の自由と権利を保障しようという政治的成果をもののみごとに換骨奪胎、今夕、内閣を改造して人心一新、疑惑隠し?

 

シェイクスピア劇も18世紀に入って換骨奪胎、見る影もないものに。

 

クロムウェルが率いるピューリタン革命が1642年に始まると劇場は閉鎖、役者はジグ(ダンス)や『織工ボトム』(Bottom the Weaver)、『墓掘人』(The Grave-makers)などの1場のファルス(笑劇)を演じて命脈を保っていました。

 

1660年の王政復古後のシェイクスピア劇はすべて私設の室内劇場で18時から21時に上演され、舞台は観客との交流が困難な額縁舞台に、上演には手の込んだ背景が使われ、音楽やダンス、女優が採用され、雷や波、花火などの効果が用いられ、客席はシャンデリア付き、椅子席、観席は裕福で高学歴の均質な人びとばかりになりました。

 

劇上演の権利は2つの新しい公認の劇団、すなわちトマス・キリグルー(Thomas Killigrew, 1612-83)の国王一座と、ウィリアム・ダヴェナント(William Davenant, 1606-68)の公爵一座(The Duke’s Company)の間で分配され、この上演許可システムが1843年まで続くことに。

 

ダヴェナントは1638年にベン・ジョンソンの後を受けて桂冠詩人になった詩人・劇作家・役者・劇場支配人で、上演が禁止された共和政の時代に音楽劇という触れ込みで英国初のオペラ『ロードス島の包囲』(The Siege of Rhodes, Part I, 1656; Part II, 59)を上演していました。

 

王政復古以降はシェイクスピアの『尺には尺を』と『空騒ぎ』の脇筋を繋ぎ合わせて『恋人たちに厳しい掟』(The Law against Lovers1662)を上演、ベネディックがベアトリスと、クラウディオーがヒーローと、そしてイザベラがアンジェロと結婚する内容に、『ロミオとジュリエット』はハッピーエンディングに、オペラ的要素を強調して『マクベス』を上演、ジョン・ドライデンと組んで『テンペスト、魔法の島』(The Tempest, or, The Enchanted Island)をつくり、ミランダの妹にヒッポリトという女性を登場させたり、『夏の夜の夢』 と『尺には尺を』を組み合わせて仮面劇をつくったり。

 

ダヴェナントは俺はシェイクスピアの息子だと言っていたらしい、ポートレートを確かめた限りでは端正な顔立ちのシェイクスピアとは似ても似つかぬ醜男ぶり、シェイクスピアは名付け親だった?

 

アンシャンレジーム期(1789年のフランス革命前の絶対君主制と封建的な社会体制)の偽善と自惚れを風刺したフランスのモリエール(Moliere, 1622-73)の『タルチュフ』(1664)が時代の気分を反映したように、イングランドでは観客が自分の合理的趣向に合うシェイクスピアを望み、それに合わせてtruth と virtue、justice を重視して悲劇は英雄劇に、コメディーは風習喜劇(comedy of manners)になりました。

 

なかでもひどいのがテイト(Nahum Tate, 1652-1715)が改作した『リア王物語』(The History of King Lear, 1681年にDorset Garden Thaetre で上演)です。

 

エドマンドの最初のスピーチで開始され、エドガーとコーデーリアの恋愛のプロットが導入され、あろうことかすべて道化はカットされ、リアは監獄にいるコーデーリアを救出して王座に復帰、エドガーとコーディ―リアとの結婚で終わる内容に。

 

こんな改作劇が公爵一座の手で上演され、以後1838年までの150年以上に渡って英国で上演されたのです。

 

 

エドガー コーディ―リア、姫よ、いま一度、

  あのバーガンディーが受け取る前に

  王から美しい宝を、

  しあわせなバーガンディーが姫を永遠に抱く前に、

  惨めなエドガーをあわれんでくれ。

コーディ―リア まあ、惨めなエドガーだなんて

  もっと惨めなのは私のほうですよ

  父親の意志に従って

  エドガーから離されてバーガンディーなんですもの?

 

                 1幕1場

 

 

Edgar  Cordelia, royal fair, turn yet once more,

 And ere successful Burgundy receive

 The treasure of thy beauties from the king,

    Ere happy Burgundy forever fold thee,

    Cast back one pitying on wretched Edgar.

Crdelia  Alas, what would the wretched Edgar with

    The more unfortunate Cordelia

    Who in obedience to a father’s will

    Flies from her Edgar’s arm to Burgandy’s?

 

  Black,James,ed. Tate:The History of King Lear(1976)

 

 

愛情テストが始まる前にこのような二人のやり取りが付け加えられ、さらにご丁寧にエドガーに truth and virtue shall at last succeed などと言わせています。

 

さて、こちらの次なる出し物は、新しい時代にふさわしい憲法の在り方について議論を深め、憲法9条の1・2項を残して自衛隊条項を書き加え、2020年までに新憲法発布?

 

独裁国家を横に睨んで気合いと決意満々らしいが、平和憲法の換骨奪胎、取り返しがつかないことに、不戦平和主義は見る影もないものになるだろう。

 

国を守る気概のない憲法、国民の安全を保障できない憲法というのであれば、もしそうであるならば、そんなのは憲法ではない、全面見直し以外にないではないか。

 

憲法は国存立の基本的条件を定めた基礎法、根本法、国民の自由を守るためにある、国家権力を助長するような姑息な手段で一文を付け加えるなど許されるはずがない。

 

憲法は権力者の暴走に歯止めをかけるためにあるのです。

 

日本だけが憲法を改正しないで遅れているなどと印象づけるなど愚の骨頂、すっかり憲法論議の品格を落としてしまった。

 

三権分立が脅かされる気配のなかでの憲法改正の発議などあり得ないことです。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                

http://shaks.jugem.jp

 

 

| - | 08:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:19 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/518
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE