シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< テイトの改作版『リア王物語』 | main | 一千万人を代弁−『ジョン王』3幕1場 >>
読まれるシェイクスピアー『ヴェニスの商人』1幕3場

 

 

王政復古(1660年)によってシェイクスピア劇は復活しましたが、すっかり様変わり。

 

作者自身の意図を純粋なかたちで再現しようとか、偶然性に満ちた猥雑で侵犯性の強い劇をあるがままそのままにとか、観客と同じ空間を共有しようとか、そういうことからは程遠い演出に。

 

変容は高い教育を受けて財を成した新興市民層が社会の中枢権力を握り始めたことと関係します。

 

シェイクスピア劇は彼ら中産階級の上辺の「教養」というあたりで合理的に再編成されることになったのです。

 

当時の文学者たちが合理的に再編成された改作テクストの横行を許したのは、この時期の中産階級読者の知的レベルに合わせてのし上がってきた出版資本の存在とその後押しがあったから。

 

こうして「読まれるものとしてのシェイクスピア」が出現し、実際に劇場で上演されるシェイクスピアとの差を大きく広げることになったのでした。

 

上演されたシェイクスピアにしても、1741年にリチャード3世を演じて評価を高めてドルーリー・レイン劇場の経営を握ったギャリック(David Garrick, 1717−79)と、1814年にシャイロック役で熱狂的な評価を得たキーン(Edmund Kean, 1787-1833)らの演技を考え合わせると、この時期のシェイクスピア受容の様子が分かります。

 

詩人コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge,1772-1834)がキーンを評して、稲妻の閃きでシェイクスピアを読むがごとし、つまり、シャイロックのユダヤ人差別に対する恨み辛みの声と攻撃的な動きはさながら読むがごとき演技であったと言ってのけたのです。

 

読むがごとき演技、18世紀のシェイクスピアがいかに読まれるものとして新聞、雜誌、小説、エッセイ等の流行のなかに埋没してしまったかが分かるのです。

 

たとえばこの描写。

 

 

Shy. Signior Anthonio, many a time and oft

 In the Ryalto you haue rated me
 About my monies and my vsances:
 Still haue I borne it with a patient shrug,
 (For suffrance is the badge of all our Tribe.)
 You call me misbeleeuer, cut-throate dog,
 And spet vpon my Iewish gaberdine,
 And all for vse of that which is mine owne.
 Well then, it now appeares you neede my helpe:
 Goe to then, you come to me, and you say,
 Shylocke, we would haue moneyes, you say so:
 You that did voide your rume vpon my beard,
 And foote me as you spurne a stranger curre
 Ouer your threshold, moneyes is your suite.
 What should I say to you? Should I not say,
 Hath a dog money? Is it possible
 A curre should lend three thousand ducats? or
 Shall I bend low, and in a bond-mans key
 With bated breath, and whispring humblenesse,
 Say this: Faire sir, you spet on me on Wednesday last;
 You spurn'd me such a day; another time
 You cald me dog: and for these curtesies
 Ile lend you thus much moneyes.

 

  rated = berated    suffrance = endurance    badge = distinguishing mark

     spet = spit   garberdine = loose outer garment    voide = emit    rume = spit 

    spurne = kick     bond-mans = slave's     key = tone 

 

                1.3.

 

シャイロック アントーニオの旦那、おまいさん何度もなんども

 取引所でわしのことを罵りなすったよな、

 銭のことで、利子のことで。

 いつもじいっと肩をすぼめて我慢していたんだ、

 忍耐がわしら民族のしるしだからな。

 いつぞやはわしを外道の、人殺しの犬のと呼ばわって、

 このユダヤの上着にぺっと唾を吐いた、それもこれも

 みんなてめえのものを意のままに用立てたからだ。

 ところがどうだ、こんどはわしの助けが欲しいってか、

 わしの前に現れてこう仰る、

 「シャイロック、金が入り用だ」、え、おまいさんがだよ、

 この髭にべったり唾を吐きかけて下さったおまいさんが、

 玄関から野良犬を足蹴にしたみたいにこのわしを

 足蹴にしたおまいさんが、さ、金だ、金が欲しい。

 さあてどうお応えしたもんだか。いかがでござんしょうか、

 「犬に金がありますかな、野良犬が

 三千ダカットも用立てられますかな」ってのは。それとも

 腰を低くかがめて、奴隷みたいにおずおず

 息を殺して、ぺこぺこ耳にこんな具合に

 囁きますかな、

 「これはこれは旦那様、この前の水曜日には唾を吐きかけて

 くださって。いつぞやは足蹴にしてくださって。重なるご丁寧な

 おもてなしのお返しに、かくかくしかじかのお金を用立てさせていただきます」。

 

 

『ヴェニスの商人』は4組のカップルのそれぞれの友愛、親子愛、恋愛、結婚等を主題とする愛の四重奏とでも言うべき喜劇です。

 

ギャリック、キーン以来、シャイロックをいかに読むがごとくに演じるかが「シェイクスピア役者」と称されるようになり、そのために作品は歪められ、その歪みはいまも是正されることなくシャイロック劇が続いているようです。

 

シェイクスピア役者たちの上演は時代考証に忠実でエリザベス朝の衣装や装置を大掛かりに使うことを好みましたが、そのためにシェイクスピアのテクストは大幅に変更されたりカットされたりしました。

 

ギャリックはシェイクスピアの作品を翻案し、『ハムレット』については高貴な芝居をがらくたまみれの第5幕から救わなければならないなどと言って、墓掘りの駄洒落、オズリックの場、フェンシングの試合は不要と削ってしまいました。

 

そんなこんなの邪道を含めて時代の一つの習慣としてシェイクスピアに読み耽けることが大流行し、読まれるシェイクスピアとして神格化を促す事態に。

 

何をか言わんや、シェイクスピアを自分に都合のいいように読むことで満足するのであれば、五感を揺さぶるエンターテインメントどころの話ではなくなってきます。

 

シェイクスピアを読んで頭を知的論理的に整理して自己満足する、こんな馬鹿げた傾向はシェイクスピアのソネットについても言えます。

 

ゴシップ探しの解剖分析などという手法がシェイクスピアのソネット解釈に適用され、朗誦しない詩の黙読が今日に至ってもなお詩人の品格と栄誉を傷つけ続けています。

 

詩歌の美など感じ取れない輩が詩人を自分の基準に引き下げて自分を詩人と同列に置こうとする、これほどの傲慢、恥ずべき俗人を私は知りません。

 

詩は神仏の御胸に宿るもの、詩歌より受ける天来の声は宇宙に響き渡る楽の音に等しく、天地万物こぞって賞め称えなければなりません。

 

詩言語は朗誦されるそのリズムとともに私たちを宇宙遊泳に誘うものです。

 

その後、シェイクスピアの神格化は西ヨーロッ パ全域に拡がり、ドイツではレッシングやゲーテがシェイクスピアを論じ、フランスではヴォルテール、スタンダール、ユーゴーがグロテスク(grotesque、人間を超越した絶対者が意味をなさない世界を曲線模様などで描いた)の劇作家として「理屈っぽく」シェイクスピアを称え、それぞれの国における中産階級の勃興とナショナリズムの発展を背景としてシェイクスピアの換骨奪胎の悲劇が続いたのでした。

 

聖書でもシェイクスピアでも、自分の都合のいいように引用する輩は悪魔に違いありません。

 

黙読されるシェイクスピアなどあり得ないことです。

 

 

シェイクスピア朗読教室                

http://shaks.jugem.jp

 

 

| - | 11:40 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:40 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE