シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 一千万人を代弁−『ジョン王』3幕1場 | main | バルコニーのシーンー『ロミオとジュリエット』2幕2場 >>
読まれるシェイクスピア

   

 

ジャージャージャー、分かるよ、いつまでもアジアジーよね。

 

ミーンミンミンミーン、翅をこすり合わせてよくこんな音を、何?民が?みんな?どうしたって?

 

ツクツクホーシツクツクホーシ、あ、うん、奉仕するのも尽きたってか、だよな、分かるぜ。

 

ウンヨースウンヨース、運用す?何を?分かんねえ。

 

カーナカナカナカナ、ああ、寂しいじゃないか、夏ももう終わり、ヒグラシの鳴き声とともに聴こえてきた衆院解散、仕事人内閣が何も仕事しないのに、モリカケ問題の説明もないのに、国会審議を拒否、こんなわけの分からない解散があるか、英国ではこんなことはしないぞ、政治の私物化、解散権の乱用、弾道ミサイル暴発解散じゃないのカナ、カーナカナカナカナ。

 

鳴く蝉よりも鳴かぬ蛍が身を焦がす、口に出す者よりも口に出さない者のほうが心中の思いは切なるものがあるでしょう。

 

ジョン・ウェイン監督・製作・主演の『遥かなるアラモ』(The Green Leaves of Summer、1960)のBM、1836年にメキシコの独裁者の圧制に反抗してテキサスのアラモ砦に立てこもったデイビー・クロケット率いるテキサス独立義勇軍勇士185人、31日間にわたって包囲攻撃するメキシコ軍と壮絶な戦いを繰り広げた兵士が青葉の広がる平原に目をやり、鳴かぬ蛍に。

 

 A time to be reapin', a time to be sowin'

 The green leaves of Summer are callin' me home
 'Twas so good to be young then, in the season of plenty
 When the catfish were jumpin' as high as the sky
 

 A time just for plantin', a time just for ploughin'
 A time to be courtin' a girl of your own
 'Twas so good to be young then, to be close to the earth
 And stand by your wife at the moment of birth
 

 A time just for planting and the time just for ploughing
 A time just for livin', a place for to die
 'Twas so good to be young then, to be close to the earth
 Now the green leaves of summer are calling me home
 

 刈り取る頃、種を撒く頃だ
 夏の青葉を見るとふるさとを思い出す
 あの頃は若かった、一杯収穫があった
 ナマズが空高く跳ねていた
 

 耕す頃、苗を植える頃だ
 好きな娘を口説いた
 あの頃は若かった、泥まみれだった
 女房のお産に立ち合った
 

 耕して苗を植える頃だ

 必死に仕事をした、死に場所だった

 あの頃は若かった、泥まみれだった

 夏の青葉を見るとふるさとを思い出す

 

ヴィクトリア王朝時代になってシェイクスピアを上演する劇場は、上演も、背景も、みんな鳴く蝉に。

 

上演用台本は役者の演技を目立たせるために独白をカット、傍白もカット。

 

『アントニーとクレオパトラ』の海戦場面はスピーディーに処理されなければならないのに、荘重なリアル過ぎる舞台装置、アクションを重視してペースは乱れ、凝った背景を転換するたびに上演は度々中断したという。

 

さて、そうなると、観客が上演に耐えられる長さに上演時間を調整しなければならない、せりふはさらにカットされ、シェイクスピア劇はカットなしでは上演できないという原則が確立。

 

そんななかで、サラ・シドンズ(Sarah Siddons,1755-1831)とその弟ジョン・ケンブル(John Philip Kemble,1757—1823)が活躍して、ケンブルはコリオレーナスが最大の当たり役となり、姉と『マクベス』を朗詠調で演じて「シェイクスピア役者」と言われるようになりました。


シャイロックを人間味溢れる人物として演じた最初の役者がエドマンド・キーン(Edmund Kean, 1789-1833)、彼は喜劇の一部をクローズアップすれば悲劇になることを実証したのです。

 

以後『ヴェニスの商人』はシャイロックの悲劇として演じられるようになり、この作品が友愛と恋愛を描く弦楽四重奏風の喜劇として上演された例を私は知りません。

 

アーヴィング(Sir Henry Irving, 1838-1905)もシャイロックが当たり役で、エレン・テリー(Ellen Terry,1847-1928)とともに額縁舞台、凝った舞台背景、華麗な装置、カットされた台本によって演じまくり、エレンがその相手役を務めました。

 

二人は時代の嗜好に合わせて耳でなく目に訴えて人気を得、アーヴィングは役者として初のサー(knight)の称号を、エレンはデイム(Dame、knight に叙せられた女性の敬称)の称号を得ました。

 

 

彼らを批判する者も少人数ながらいて、原典、突き出し舞台、背景のないスピーディーな場面転換に回帰しようという動きが起こりましたが、上演の主流は歴史に忠実な衣装やセットを用いて絵画的効果の追求、つまり見せて楽しませる芝居というものだったのです。

 

シェイクスピア崇拝を生み出したのは彼ら役者とロマン主義文学者たちであり、このよく分からない劇とベタ褒め批評のおかげで、シェイクスピアは書斎で読まれ啓蒙されるものとして崇め敬われ、読む戯曲としての価値が強調されて、20 世紀の舞台に大きな影響を与えたのでした。

 

影響ということではもう一つ、英国によるインドやカリブ海諸国、アフリカの支配が確立したとき、植民地における言語教育を根幹で支えたのがシェイクスピア劇でした。

 

シェイクスピアによる英語教育のなかから素養に優れた現地人官僚が育ち、ポストコロニアルの時代になると英国本国の言語文化芸術の中核を担うことに。

 

ストラトフォードでの観劇で瞠目したのは植民地で育った彼らの活躍で、そのなかでも強烈な印象として残ったのがスワン座で観た『タイタス・アンドロ二カス』のアーロン役の漆黒の肌とせりふと動きでした。

 

考えてもみてほしい、土着の言語と文化の伝統を踏みにじられ、宗主国英国のことば、すなわちモダーンイングリッシュとしてのシェイクスピア英語で自らを語るしかなかった人びとの苦悩を、そして押し付けられた異言語を自己表現の武器に転じさせた彼らの苦闘と栄光を。

 

彼らは、シェイクスピアを植民地主義を延命させるものとして糾弾しながらも、シェイクスピアの世界を新たな命の源泉として、生き延びる手段として、自らを変革させる境界侵犯に挑戦しなければならなかったのです。

 

よく分からないことばかり起こるこの世、彼らのシェイクスピア言語の誇りやかな血肉化だけは痛切に私の胸を打つものとしてよく分かるのです。

 

人は母語であれ異言語であれ、ことばで新たな命を呼び起こして自己を表現せざるを得ない、ことばが命だから。

 

いま政治が機能停止状態にあります。

 

声を響き合わせることがない、社会への問い掛けを生身の人間として演じない、多くの者が同時体験することがない、泣き、笑い、憤り、溜息をつくことがない。

 

そんな政治の舞台から結論や結果を受け取りたいとは思わない、一緒に考えたいができない、対話できないのが苦痛なのだ。

 

対話も議論できない国会はなくていい、参院など無用の長物、内閣府が行政の人事権を握り、権力が国民を監視して、政治活動が窮屈な息苦しいものになってきたいま、疑いようもなく私たちの自由度は下がり、平等であるべき分配が一部エリートと金持ちに集中し、格差が拡大して、社会分断に拍車がかかってきました。

 

状況がよく分からないままにとうとう行き着くところにまで来てしまった、そんな行き止まり感だけはヒリヒリとこの肌によく分かるのです。

 

テキサス独立義勇軍勇士185人は、戦争の善悪の見定めがつけ難くなり、正邪の判断もつけ難くなり、そんな閉塞状況を踏まえての最終判断が、真や善の是非でなく、ふるさとを呼び起こしてくれる夏の青葉の美しさだった。

 

目には見えなくても、耳で、美しいふるさとを見極めようではないか。

 

 

シェイクスピア朗読教室                

http://shaks.jugem.jp

 

 

 

| - | 07:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/525
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE