シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< ヴィクトリア王朝時代のシェイクスピア | main | シェイクスピアの版本 >>
バルコニー・シーンー『ロミオとジュリエット』2幕2場

 

安全保障と社会保障の危機を利用しての国難突破解散?

 

国難状態にしたのは「ふり」政治ではなかったのか。

 

どんな社会にあっても装わずに声を発する者はいます。

 

恋する者の掛け値なし、嘘偽りのない思慕の情から。

 

時・状況を越える歓喜の瞬間が訪れるが、恋は闇、恋は盲目、それだけに永遠に輝くのでしょう。

 

カオス化した社会のヴェローナ、バルコニーの冒頭シーン、青白い月の光に照らされて浮かび上がるキャプレット家の夜の庭、さきほどまでマキューシオの騒々しいからかいの声が垣根越しに。

 

暗い木陰に身を潜めてロミオが窓から漏れてくる光を見上げています。

 

 

ロミオ 他人の傷をあざ笑っていろ痛みを知らないやつは、

 待て、何だあの窓からこぼれる光は?

 向こうは東、ジュリエットは太陽だ、

 昇れ太陽妬み深い月を消してくれ、

 嘆いてすっかり病み蒼ざめているな、

 月に仕える乙女の君が主人よりはるかに美しいから。

 仕えるのはやめたほうがいい女神は嫉妬深い、

 女神の侍女の揃いのお仕着せは青っ白い緑色、

 道化以外は着やしない、脱ぎ捨ててくれ。

 俺の貴婦人、ああ俺の恋人、ああ分かってくれ、

 口をきいたぞ、いや何も言っていない、どうでもいいか?

 目がものを言っているから、答えてやろう。

 厚かまし過ぎるな相手は俺じゃないんだから。

 大空で一番美しい二つの星が、

 何かの用でよそへ行きあの人の目に頼んでいるのか、

 代わりに光っていて戻ってくるまでと。

 あの目が夜空にあって、星があの顔に宿れば、

 頬の輝きが星たちを恥じ入らせるだろう、

 日の光に輝くランプのように、あの人の目は星座になり、

 空いっぱいに光を溢れさせ、

 鳥たちが囀り出すだろう、もう夜ではないと思って。

 首をかしげて頬を片手に預けているな。

 あああの手を包む手袋だったら、

 あの頬に触れられる。

ジュリエット ああ。

ロミオ 何か言ったぞ。

 ああもう一度言ってくれ輝く天使よ、君の姿は

 頭上はるか闇夜にもまばゆい、

 翼ある天使そのもの

 驚いて思わず後ずさりして

 目を見張って振り仰ぐ人間たちを尻目に、

 ゆったり流れる雲に乗り、

 大空を渡って行く天使。

ジュリエット ああロミオロミオ、どうしてロミオなの?

 お父さまをお父さまと思わずに名前を捨ててちょうだい。

 それが無理なら、私の恋人だと誓って、

 そうすれば私はもうキャピュレットではない。

ロミオ もっと聞いていようか、いまの言葉に応えようか?

ジュリエット 敵はあなたの名前だけ。

 あなたはあなた、モンタギューではなくて、

 モンタギューって?手でもなければ足でもない、

 腕でも、顔でもない、ああほかの名前に

 男の方の。

 名前って何?薔薇と呼んでいる花を、

 ほかの名前で呼んでも甘い香りに変わりはない、

 ロミオだって同じ、ロミオって呼ばれなくても、

 非の打ちどころのないお姿に変わりはない、

 ロミオって名前がいけないの、名前を捨てて、

 そしてあなたの体でない名前に代わって、

 私のすべてを受け取って。

ロミオ 言葉どおりに受け取りましょう。

 恋人とだけ呼んでほしい、それが僕の新たな洗礼、

 いまからはもうロミオでなくなります。

 

                 2幕2場 

 

 

Rom. He ieasts at Scarres that neuer felt a wound,

 But soft, what light through yonder window breaks?

 It is the East, and Iuliet is the Sunne,

 Arise faire Sun and kill the enuious Moone,

 Who is already sicke and pale with griefe,

 That thou her Maid art far more faire then she:

 Be not her Maid since she is enuious,

 Her Vestal liuery is but sicke and greene,

 And none but fooles do weare it, cast it off:

 It is my Lady, O it is my Loue, O that she knew she were,

 She speakes, yet she sayes nothing, what of that?

 Her eye discourses, I will answere it:

 I am too bold 'tis not to me she speakes:

 Two of the fairest starres in all the Heauen,

 Hauing some businesse do entreat her eyes,

 To twinckle in their Spheres till they returne.

 What if her eyes were there, they in her head,

 The brightnesse of her cheeke would shame those starres,

 As day-light doth a Lampe, her eye in heauen,

 Would through the ayrie Region streame so bright,

 That Birds would sing, and thinke it were not night:

 See how she leanes her cheeke vpon her hand. 

 O that I were a Gloue vpon that hand,

 That I might touch that cheeke.

Iul. Ay me.

Rom. She speakes.

 Oh speake againe bright Angell, for thou art

 As glorious to this night being ore my head,

 As is a winged messenger of heauen

 Vnto the white vpturned wondring eyes

 Of mortalls that fall backe to gaze on him,

 When he bestrides the lazie puffing Cloudes,

 And sailes vpon the bosome of the ayre.

Iul. O Romeo, Romeo, wherefore art thou Romeo? 

 Denie thy Father and refuse thy name:

 Or if thou wilt not, be but sworne my Loue,

 And Ile no longer be a Capulet.

Rom. Shall I heare more, or shall I speake at this?

Iu. 'Tis but thy name that is my Enemy:

 Thou art thy selfe, though not a Mountague,

 What's Mountague? it is nor hand nor foote,

 Nor arme, nor face, O be some other name

 Belonging to a man.

 What? in a names that which we call a Rose, 

 By any other word would smell as sweete,

 So Romeo would, were he not Romeo cal'd,

 Retaine that deare perfection which he owes,

 Without that title Romeo, doffe thy name,

 And for thy name which is no part of thee,

 Take all my selfe.

Rom. I take thee at thy word:

 Call me but Loue, and Ile be new baptiz'd,

 Hence foorth I neuer will be Romeo.

Iul. O Romeo, Romeo, wherefore art thou Romeo?

 Denie thy Father and refuse thy name:

 Or if thou wilt not, be but sworne my Loue,

 And Ile no longer be a Capulet.

 'Tis but thy name that is my Enemy:

 Thou art thy selfe, though not a Mountague,

 What's Mountague? it is nor hand nor foote,

 Nor arme, nor face, O be some other name

 Belonging to a man.

 What? in a names that which we call a Rose,

 By any other word would smell as sweete,

 So Romeo would, were he not Romeo cal'd,

 Retaine that deare perfection which he owes,

 Without that title Romeo, doffe thy name,

 And for thy name which is no part of thee,

 Take all my selfe. 

Rom. I take thee at thy word:

 Call me but Loue, and Ile be new baptiz'd,
 Hence foorth I neuer will be Romeo.
Iuli. What man art thou, that thus bescreen'd in night
 So stumblest on my counsell?
Rom. By a name,
 I know not how to tell thee who I am:
 My name deare Saint, is hatefull to my selfe,
 Because it is an Enemy to thee,
 Had I it written, I would teare the word.
  Vestal = Virginal    though = even if    owes = owns    doffe  = shed

 

 

いいですね、政治哲学、政策理念を問う前に朗読してみよう、ロミオになり、ジュリエットにもなって。

 

人を愛することがどういうことかに思い至れば、あるべき社会の姿が見えてくるかもしれません。

 

貧窮が人を追い詰めない、争いを招き寄せない、死の影がまとわりつかない、人を信頼し愛することができる、そんな社会の実現に向けて私たちはどれだけエネルギーを注入できるでしょうか。

 

解散を言葉重視の政権運営に引き戻すチャンスと捉えましょう。 

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

shaks1564@gmail.com

 

 

| - | 06:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/526
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE