シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 法律家のたしなみ―『ハムレット』5幕1場 | main | メタファー−『十二夜』2幕4場 >>
貧乏は不思議な術―『リア王』3幕2場

 

 昭和30年(2018)、あけましておめでとうございます。

 

小寒が5日、大寒が20日、少し陽射しが変わってきたようですが、まだしばらく寒さが続きそうですね。

 

昨年は天下取りのあっと驚く術策が「排除します」のひと一言であっさりひっくり返り、あらためて政治家の一言の持つ重みを思い知らされました。

 

大相撲を含めてスポーツ界も Might is right(勝てば官軍)、手段選ばずの手練手管、こんなことでいいのかとちょっとお寒い気分で越年、空っ風の吹く夜は寒さを凌げる場と身を包むものが必要ですが、あれも必要これも必要と贅沢を言い出したらきりがありませんね。

 

どうしてもなくてはならないものはそんなに多くはない、必要と思われた王の称号と供の騎士百人が満たされないためにリアは逆上、その憤激ぶりが娘2人にはね返り、拡大増幅されて、その乱反射に身を晒さなければならなくなります。 

 

 

Foole. He that has a house to put's head in, has a good

 Head-peece:

 The Codpiece that will house, before the head has any;

 The Head, and he shall Lowse: so Beggers marry many.

 The many makes his Toe, what he his Hart shold make,

 Shall of a Corne cry woe, and turne his sleepe to wake.

 For there was neuer yet faire woman, but shee made

 mouthes in a glasse.

Enter Kent.

Lear. No, I will be the patterne of all patience,

 I will say nothing.

Kent. Who's there?

Foole. Marry here's Grace, and a Codpiece, that's a

 Wiseman, and a Foole.

Kent. Alas Sir are you here? Things that loue night,

 Loue not such nights as these: The wrathfull Skies

 Gallow the very wanderers of the darke

 And make them keepe their Caues: Since I was man,

 Such sheets of Fire, such bursts of horrid Thunder,

 Such groanes of roaring Winde, and Raine, I neuer

 Remember to haue heard. Mans Nature cannot carry

 Th'affliction, nor the feare.

Lear. Let the great Goddes

 That keepe this dreadfull pudder o're our heads,

 Finde out their enemies now. Tremble thou Wretch,

 That hast within thee vndivulged Crimes

 Vnwhipt of Iustice. Hide thee, thou Bloudy hand;

 Thou Periur'd, and thou Simular of Vertue

 That art Incestuous. Caytiffe, to peeces shake

 That vnder couert, and conuenient seeming

 Ha's practis'd on mans life. Close pent-vp guilts,

 Riue your concealing Continents, and cry

 These dreadfull Summoners grace. I am a man,

 More sinn'd against, then sinning.

Kent. Alacke, bare-headed?

 Gracious my Lord, hard by heere is a Houell,
 Some friendship will it lend you 'gainst the Tempest:
 Repose you there, while I to this hard house,
 (More harder then the stones whereof 'tis rais'd,
 Which euen but now, demanding after you,
 Deny'd me to come in) returne, and force
 Their scanted curtesie.
Lear. My wits begin to turne.
 Come on my boy. How dost my boy? Art cold?
 I am cold my selfe. Where is this straw, my Fellow?
 The Art of our Necessities is strange,
 And can make vilde things precious. Come, your Houel;
 Poore Foole, and Knaue,I haue one part in my heart
 That's sorry yet for thee.

  made mouthes = grimaced     Gallow = Frighten    carry = bear  pudder  = commotion 

  Caytiffe = Wretch     Close = Secret     Riue = Split open     Continents = Coverings

 Repose you = take rest     scanted = grudged    vilde = vile     

 

                    3.2.  

 

道化 頭を突っ込む家のある奴は、突っ込むだけの

 結構な頭があるよね。

 股袋を突っ込みゃ、家もないのにさ。

 頭も、一物も虱だらけ。これが乞食の嫁取りだ。

 足の指先がすりゃ、心臓がすることを、

 豆が痛くてヒリヒリ、胸が疼いて眠れやしない。

 そとづらが美人でも、しかめっ面はするよね 

 鏡に向かえば。

 ケント登場。

リア いや、わしは忍耐の鑑になる、

 もう何も言わん。 

ケント 誰だ?

道化 こちらお偉いさん、そして股袋、つまり

 おりこうさんと、あんぽんたん。

ケント ああここにおいでで?夜這いずり回る生き物も、

 こんな夜はご免。怒り狂う空に

 闇をさまよう獣も怯えて

 穴蔵に身を潜めましょう。生まれてこの方、

 こんな空一面の稲妻、轟く恐怖の雷鳴、

 吠え狂う風の唸り声、雨、私はついぞ

 耳にしたことがありません。生身には耐えられない

 苦痛、恐怖です。

リア 大いなる神々

 頭上で天の動乱を司るものよ、

 いまこそ真の敵を暴き出し給え。震えていろ卑劣漢、

 隠れて悪事を犯しながら

 正義の罰を免れておる。隠れていろ、汚い手をした奴。

 偽りの誓いを立てた奴、淑やかに振舞って

 邪淫にふけった奴。恥知らずめ、粉々になってしまえ

 もっともらしく振舞う、偽善者め

 人の命を狙いおって。数々の罪を隠し、

 胸に隠した覆いを引き裂き、慈悲を乞え

 恐怖の呼び出しに応えて。わしは、

 罪を犯されたのだ、罪を犯したのではない。

ケント 何と、裸の頭で?

 おそれながら、近くに小屋が、

 少しはお役に立ちましょう嵐を避けるのに。

 そこでお休みを、私はあの固い屋敷に、

 (建材の石よりも固い屋敷、

 いまも、陛下の安否を尋ねましたが、

 入るのを拒絶されましたので)戻って、力づくで、

 不足の礼儀を出させます。

リア 頭が変になりそうだ。

 おい小僧。どうした?寒いか?

 わしは寒いぞ。その藁床とやらはどこだ、え?

 貧乏は不思議な術だな、

 卑しいものを尊いものに変えてくれる。さ、その小屋に。

 道化よ、憐れな奴だ、わしにも憐れみはある

 お前が不憫でならん。

                

 

いままで固く囲われた屋敷のなかで周囲からどう評価されるかという基準で生きてきた、そのリアがプライドも何もかもすべて剥がされて丸裸状態になったのです。

 

直後の自問は、いま自分に必要なのは雨風を凌ぐことのできる小屋ではないかと、抗いようのない現実を前にしてリアは気づかされたのです、貧乏は不思議な術で、卑しいものを尊いものに変えてくれることを。

 

不足を嘆くばかりでは命は守れない、雨風を凌ぐためには雨風に向かって吠えるのでなく、ボロい掘っ立て小屋でもあれば十分なのです。

 

たったこれだけの気付きでリアのざわつく心は静まり、自分を悪しざまに言う道化への同情心も芽生えて、大きく開眼する契機になったのです、つかの間のことだけれども。

 

生きて行く上で必要なのは自分の命に対する責任だけ、何が起ころうが、どんな状況に置かれようが、決して吠えない、気を狂わせない、余計なものは捨て、失ってはならないものだけを大事にして、いい年を迎えたいものですね。(2018.1.12)

 

 

シェイクスピア朗読教室                            
http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

 

| - | 11:42 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE