シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 共犯者関係―『ハムレット』5幕1場 | main | メタファー−『十二夜』2幕4場 >>
掘っ立て小屋―『リア王』3幕2場

 

昭和30年(2018年)、あけましておめでとうございます。

 

小寒が5日、大寒が20日で、まだしばらく寒さが続き、布団からさっと出にくくなっていますが、それでも少しづつ日は長くなってきていますね。

 

昨年は天下取りのあっと驚く術策がたったのひと一言であっさりひっくり返ったりして、あらためて言葉の恐ろしさを思い知らされました。

 

大相撲を含めてスポーツ界も Might is right(勝てば官軍)になって、こんなことでいいのかというちょっとお寒い気分混じりで越年。

 

空っ風の吹く寒い夜は、寒さを凌ぐことのできる場と身を包む衣類が必要、どうしてもなくてはならないのはこの二つくらいのものなんでしょうね。

 

リアの怒りと憎悪は、必要と思われた王の称号と供の騎士が満たされないために上の娘2人にはね返り、拡大され、増幅されて、その乱反射に身を晒して怒りと憎悪で気も狂わんばかりになります。 

 

 

リア 頭が変になりそうだ。

 おい阿呆。どうだお前さんは?寒いか?

 わしは寒い。その藁床はどこにある、え?

 貧乏ってやつは不思議なもんだな、

 卑しいものを尊いものに変えてくれる。さ、小屋だ。

 哀れな阿呆、よなあ、わしにも憐れみはある

 気の毒なやつだ。

道化 頭に知恵の足りない奴は、

 こりゃこりゃ、風吹き雨が降る、

 運が悪いと諦めな、

 毎日が雨降りでもさ。

リア そうだな。さ、その小屋に。

 

              3幕2場

 

 

Lear. My wits begin to turne.

 Come on my boy. How dost my boy? Art cold?

 I am cold my selfe. Where is this straw, my Fellow?

 The Art of our Necessities is strange,

 And can make vilde things precious. Come, your Houel;

 Poore Foole, and Knaue, I haue one part in my heart

 That's sorry yet for thee.

Foole. He that has and a little-tyne wit,

 With heigh-ho, the Winde and the Raine,

 Must make content with his Fortunes fit,

 Though the Raine it raineth euery day.

Le. True Boy: Come bring vs to this Houell.

 

  Art  i.e.Skill, Alchemy      vilde = vile    Knaue = Boy

    wit = sense  

  

 

荒野で雷雨に打たれれば、背に腹は代えられない。

 

いままで固く囲われた屋敷のなかで、周囲から凄いの、偉いの、立派だのと言われてプライドを持って生きてきた、自分以外のことばかり気にかけ、他人からどう評価されるかという基準で生きてきた、そのリアが嵐の荒野でプライドも固い枠も価値基準もすべて剥がされてしまった直後の自問であり述懐です。

 

身も心も冷えるから掘っ立て小屋に入って休みたい、いま自分に必要なのは雨風を凌ぐことのできる場であるという現実認識、自分の冷えた人生、狂い死にしそうなわが身から絞り出される嘘偽りのない声、抗いようのない現実を前にしてリアは気づいたのです

 

不足を嘆くばかりでは命は守れない、貧乏は不思議なものだ、卑しいものを尊いものに変えてくれる。

 

雨風の難を逃れる道筋を照らす歌、雨風を凌ぐためには雨風に向かって吠えるのでなく、ボロい掘っ立て小屋をありがたいと思うだけの話なのです。

 

たったこれだけの一瞬の気付きに過ぎませんが、ざわつく心もおさまり、自分を悪しざまに言う道化への同情心も芽生え、リアにとって大きな開眼となったのです。

 

生きて行く上で必要なのは自分の人生、自分の命に対する責任だけなのです。

 

何があっても、どんな場に置かれても、失ってならないものを大事にしていい年を迎えましょう。 

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                            
http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

| - | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/532
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE