シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 共犯者関係―『ハムレット』5幕1場 | main | メタファー−『十二夜』2幕4場 >>
貧乏は卑しいものを尊いものに変えてくれる―『リア王』3幕2場

 

 昭和30年(2018年)、あけましておめでとうございます。

 

小寒が5日、大寒が20日で、まだしばらく寒さが続き、布団からさっと出にくくなっていますが、それでも少しづつ日は長くなってきています。

 

昨年は天下取りのあっと驚く術策がたったのひと一言であっさりひっくり返って負け、あらためて言葉の恐ろしさを思い知らされました。

 

大相撲を含めてスポーツ界も Might is right(勝てば官軍)、手段選ばずの手練手管、こんなことでいいのかというちょっとお寒い気分混じりで越年。

 

空っ風の吹く寒い夜は、寒さを凌ぐことのできる場と身を包む衣類が必要、どうしてもなくてはならないのはこの二つくらいのものなんじゃないか。

 

必要と思われた王の称号と供の騎士百人が満たされないためにリアの憤怒が上の娘2人にはね返り拡大され増幅されて、その乱反射に身を晒して気も狂わんばかり。 

 

 

道化 頭を突っ込む家のある奴は、突っ込むだけの

 頭がある。

 ちんこを突っ込みゃ、家もないのに。

 頭は、虱だらけ。こうして乞食は結婚貧乏。

 つま先がすりゃ、心臓がすることを、

 まめが痛くて胸がヒリヒリ、疼いて泣き明かす。

 どんな器量よしも、百面相する、 

 鏡に向かえば。

 ケント登場。

リア いや、わしは忍耐の鑑になる、

 もう何も言わん。

ケント 誰だ?

道化 こちとら尊いお方、そして股袋、つまり

 お利口さんと、あんぽんたん。

ケント ここにおいででしたか?夜を好む生き物も、

 こんな夜は御免蒙りましょう。怒り狂う空に

 闇をさまよう獣も怯えて

 穴に身を潜めます。生まれてこの方、

 こんな空一面の稲妻、轟き渡る恐怖の雷鳴、

 吠え狂う風の唸り声、雨は、ついぞ

 耳にしたことがない。生身の人間には耐えられない

 苦痛、恐怖です。

リア 大いなる神々よ

 頭上で天の動乱を司る、

 いまこそ真の敵を暴いてもらおう。震えろ卑劣漢め、

 隠れて悪事を犯しながら

 正義の罰を免れている。隠れろ、汚い手をした奴、

 偽りの誓いを立てた奴、男らしく振舞って

 邪淫にふけった奴、恥知らず、粉々になってしまえ、

 もっともらしく、偽善者め

 人の命を狙ったな。ひた隠しにした罪業の数々、

 胸に隠した覆いを引き裂いて、慈悲を乞え

 恐るべき呼び出しに応えて。わしは、

 罪を犯されたのだ、罪を犯したのではない。

ケント 何と、裸の頭のままで?

 恐れながら、すぐ近くに小屋がございます、

 嵐を避けるのにそこそこ味方になってくれましょう。

 そこでお休みください、私はあの固い屋敷に、

 (建材の石よりも固い屋敷に、

 たったいまも、陛下の安否を尋ねましたが、             

 入るのを拒否されました)引き返して、力づくで

 しみったれた礼儀を改めさせます。

リア 頭が変になりそうだ。

 おい阿呆。どうだお前さんは?寒いか?

 わしは寒い。その藁床はどこにある、え?

 貧乏ってやつは不思議なもんだな、

 卑しいものを尊いものに変えてくれる。さ、小屋だ。

 哀れな阿呆、よなあ、わしにも憐れみはある

 気の毒なやつだ。

道化 頭に知恵の足りない奴は、

 こりゃこりゃ、風吹き雨が降る、

 運が悪いと諦めな、

 毎日が雨降りでもさ。

リア そうだな。さ、その小屋に。退場

 

                3幕2場

 

 

Foole. He that has a house to put's head in, has a good

 Head-peece:

 The Codpiece that will house, before the head has any;

 The Head, and he shall Lowse: so Beggers marry many.

 The many makes his Toe, what he his Hart shold make,

 Shall of a Corne cry woe, and turne his sleepe to wake.

 For there was neuer yet faire woman, but shee made

 mouthes in a glasse.

 Enter Kent.

Lear. No, I will be the patterne of all patience,

 I will say nothing.

Kent. Who's there?

Foole. Marry here's Grace, and a Codpiece, that's a

 Wiseman, and a Foole.

Kent. Alas Sir are you here? Things that loue night,

 Loue not such nights as these: The wrathfull Skies

 Gallow the very wanderers of the darke

 And make them keepe their Caues: Since I was man,

 Such sheets of Fire, such bursts of horrid Thunder,

 Such groanes of roaring Winde, and Raine, I neuer

 Remember to haue heard. Mans Nature cannot carry

 Th'affliction, nor the feare.

Lear. Let the great Goddes

 That keepe this dreadfull pudder o're our heads,

 Finde out their enemies now. Tremble thou Wretch,

 That hast within thee vndivulged Crimes

 Vnwhipt of Iustice. Hide thee, thou Bloudy hand;

 Thou Periur'd, and thou Simular of Vertue

 That art Incestuous. Caytiffe, to peeces shake

 That vnder couert, and conuenient seeming

 Ha's practis'd on mans life. Close pent-vp guilts,

 Riue your concealing Continents, and cry

 These dreadfull Summoners grace. I am a man,

 More sinn'd against, then sinning.

Kent. Alacke, bare-headed?

 Gracious my Lord, hard by heere is a Houell,

 Some friendship will it lend you 'gainst the Tempest:

 Repose you there, while I to this hard house,

  (More harder then the stones whereof 'tis rais'd,

 Which euen but now, demanding after you,

 Deny'd me to come in) returne, and force

 Their scanted curtesie.

Lear. My wits begin to turne.

 Come on my boy. How dost my boy? Art cold?

 I am cold my selfe. Where is this straw, my Fellow?

 The Art of our Necessities is strange,

 And can make vilde things precious. Come, your Houel;

 Poore Foole, and Knaue,I haue one part in my heart

 That's sorry yet for thee.

Foole.

 He that has and a little-tyne wit,

 With heigh-ho, the Winde and the Raine,

 Must make content with his Fortunes fit,

 Though the Raine it raineth euery day.

Le. True Boy: Come bring vs to this Houell. Exit.

 

 Head-peece = Brain   Gallow = Frighten   carry = bear  pudder = commotion 

  Caytiffe = Wretch   Close = Secret  Riue = Split open   Continents = Coverings   

  

 

荒野で雷雨に打たれれば背に腹は代えられません。

 

いままで固く囲われた屋敷のなかで、周囲から凄いの、偉いの、立派だのとちゃほやちゃほやされ生きてきた、他人からどう評価されるかという基準で生きてきた、そのリアが嵐の荒野でプライドも固い枠も価値基準もすべて剥がされてしまった直後の自問と述懐。

 

身も心も冷えるいま掘っ立て小屋に入って休みたい、いま自分に必要なのは雨風を凌ぐことのできる場だという現実認識、自分の冷えた人生、狂い死にしそうなわが身から絞り出される嘘偽りのない声、抗いようのない現実を前にしてリアは気づいたのです、貧乏は不思議なものだ、卑しいものを尊いものに変えてくれると。

 

不足を嘆くばかりでは命は守れない、雨風を凌ぐためには雨風に向かって吠えるのでなくボロい掘っ立て小屋をありがたいと思おう、雨風の難を逃れる道筋を照らす歌をうたおう、たったこれだけの一瞬の気付きに過ぎませんが、ざわつく心はおさまり、自分を悪しざまに言う道化への同情心も芽生えて、リアにとって大きな開眼となったのです。

 

生きて行く上で必要なのは自分の人生、自分の命に対する責任だけ、何があっても、どんな場に置かれても、失ってならないものを大事にして、いい年を迎えましょう。 

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                            
http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

 

| - | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/532
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE