シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 民主主義的奇跡―『ソネット』20 | main | パストラルの異化−『お気に召すまま』2幕5場 >>
森里川海は一続き−『お気に召すまま』3幕2場 

 

講演をきいてきました、森里川海は一続きに繋がっている、一続きに繋がっている命あるところにはいいことがいっぱい!というお話でした。

 

グローブ座がオープンした1599年に『ジュリアス・シーザー』と交互に柿落とし公演された『お気に召すまま』の舞台は故郷ストラットフォードのアーデンの森、弟に領土を奪われて追放された伯爵がロビン・フッドになるというお話ですが、森に潜む前公爵を中心に男装のロザリンドが、いとこのシーリアが、羊飼いが、道化が、それぞれの恋を演じ分けます。

 

登場人物はみな疲れ切った足取りで森に赴きますが、身を切る風や飢えはあってもいいこともいっぱいあって、おかげでみんながしあわせになるのです。

 

次のやり取りは疑心や失意が癒される前のドタバタの場面。

 

 

シーリア いまの詩聴いていた?

ロザリンド ええ、すっかり、いえそれ以上、だって

 韻律リツリツで詩が耐え切れないくらいなんですもの。

シーリア 耐え切れたのよね。起立リツリツして聴いていたんなら。

ロザリンド ええ、でも足が不自由だと、耐え切れない

詩がなけりゃ、だから不自由に耐えて詩を聴いていたの。

シーリア 不思議だと思わない、あなたの名前が

 ぶらさがっていたり、あちこちの樹に刻まれたりしていて?

ロザリンド もうほんとにびっくり、

 あなたが来るまで。ほらこれ見て棕櫚の樹にかかって

 いたの。こんな風にうたわれたことってあるかしらピタゴラス以来

 あの頃なら私アイルランドの鼠よね、よくは覚えていないけど。

シーリア どう思う、誰がこんなことを?

ロザリンド 男の人かしら?

シーリア 前にあなたがつけていた鎖を首にかけている人。

 顔色が変わった?

ロザリンド 誰のことよ?

シーリア ああ神様、神様、何て難しいんでしょうお友達が

 仲良しになれないなんて。でも山と山が地震で

 動いて、一つになるってこともありよね。

ロザリンド そんな、いったい誰なの?

シーリア ほんとに分からないの?

ロザリンド もちろんよ、お願い、教えてったら、

 誰なのよ。

シーリア ああびっくり、しゃっくり、こんな驚いたことって

 ない、それでもまだびっくり足りない、これから先は

 もう呆れてものが言えません。

ロザリンド いらいらする、私が男の身なりを

 しているからって、心の中までダブレットとタイツ仕立てだと

 思っているの?ちょっとでも手間とらせたら、私もう南洋の

 探検旅行家よ。お願いだから、誰なのか早く教えて、

 いま直ぐ。あなたドモリになれるのね、

 隠された男の人の名前を飛び出させられる、

 細口の瓶からワインがドバッと流れ出るみたいに、どちらかよ

 一度にドバッか、それとも詰まって出て来ないか。さあお願い

 口のコルク栓を抜いて、知ってることを飲ませて頂戴。

シーリア そうやってお腹に男の人を一人飲み込むのね。

ロザリンド その人神様がおつくりになったんでしょ?どんな感じ?

 頭に帽子が似合う?それとも顎髭が似合う?

シーリア いえ、お髭はほんの少し。

ロザリンド 神様がもっと生やしてくださるわ、その人が感謝の気持ち

 さえ持っていれば。髭は伸びるに任せて、ぐずぐずしてないで

 どちら様の顎なのかすぐ教えて。

シ−リア あのオーランドー、力士の

 踵と、あなたの心臓を、両方ともあっという間にひっくり返した人。

ロザリンド よしてよ、冷やかしたりして。真面目に

 つましい女らしく話して。

シーリア 嘘は言わないわよ(いとこさん)あの人なの。

ロザリンド オーランドー

シーリア オーランドー

ロザリンド まあ大変、どうしましょうこのダブレットと

 タイツ?あの人何をしていたの逢った時?何を言って

 いた?どんな顔だった?どんな身なりだった?ここで

 何をしているの?私のこと訊かなかった?どこにいるの?

 どんな風に別かれたの?今度いつ

 逢うの?答えて頂戴ひと言で。

シ−リア まずはガルガンチュアの口を借りてきてもらわなきゃね。

 こんな人間の口ではたくさん過ぎるひと言よ、

 一つひとつにハイだのイイエだのと答え分けるだけでも、難しい  

 教義問答に答えるより。

ロザリンド あの人は知っているの私がこの森にいて、

 男の身なりをしていることを?お元気そう、力較べをなさった日

 みたいに?

シーリア 塵を数えるほうが易しいわね

 恋人の問いに答えるのに比べたら、あの人を見つけた

 話を、毒味して味付けなさいな。あの人は

 樹の下にいたの落ちた団栗みたいに。

ロザリンド ジョーブの木って言われるだけあって、樫の木は

 木の実を落としてくれるのよね。

シーリア どうぞご清聴を、お嬢様。

ロザリンド 分かったわ。

シーリア そこにあの人は疲れてのびていたわ傷ついた

 騎士みたいに。

ロザリンド そんな姿を見るのは憐れよね、

 背中は地面でないと。

シーリア 黙れ、その舌、お願いだから。よくもまあ

 飛び跳ねる舌ね。あの人狩人のような身なりだった。

ロザリンド まあ不吉な、私の心臓を射抜こうってのね。

シーリア うたいたいから茶々入れないで、

 調子狂っちゃったじゃない。

ロザリンド 私が女だということを知らないの、心に思ったことは、

 口に出さずにおれないの。ねえ、教えて。

 オーランドーとジェイキス登場。

シーリア 手が付けられない、シッ!静かに、あの人じゃない?

ロザリンド あの方だわ、隠れて、見ていましょう。

ジェイキス いやあどうも、もっとも正直言って

 一人にしておいてもらったほうがよかった。

オーランドー こちらこそ。でもまあしきたり通りに

 お礼を申し上げよう、お付き合いいただきまして。

ジェイキス では失礼、できるだけ逢わないようにいずれまた。

オーランドー どうか赤の他人でおれますように。

ジェイキス これ以上樹を痛めませんように

 木の皮に恋の歌など刻んで。

オーランドー どうか私の詩を台無しにしませんように

 下手な読み方をして。             

 

                 3幕2場

 

 

Cel. Didst thou heare these verses?

Ros. O yes, I heard them all, and more too, for some

 of them had in them more feete then the Verses would

 beare.

Cel. That's no matter: the feet might beare y^e verses.

Ros. I, but the feet were lame, and could not beare

 themselues without the verse, and therefore stood lame-ly in the verse.

Cel. But didst thou heare without wondering, how

 thy name should be hang'd and carued vpon these trees?

Ros. I was seuen of the nine daies out of the wonder,

 before you came: for looke heere what I found on a

 Palme tree; I was neuer so berimd since Pythagoras time

 that I was an Irish Rat, which I can hardly remember.

Cel. Tro you, who hath done this?

Ros. Is it a man?

Cel. And a chaine that you once wore about his neck:

 change you colour?

Ros. I pre'thee who?

Cel. O Lord, Lord, it is a hard matter for friends to

 meete; but Mountaines may bee remoou'd with Earth-

 quakes, and so encounter.

Ros. Nay, but who is it?

Cel. Is it possible?

Ros. Nay, I pre'thee now, with most petitionary ve-

 hemence, tell me who it is.

Cel. O wonderfull, wonderfull, and most wonderfull

 wonderfull, and yet againe wonderful, and after that out

Ros. Good my complection, dost thou think though

 I am caparison'd like a man, I haue a doublet and hose in

 my disposition? One inch of delay more, is a South-sea

  of discouerie. I pre'thee tell me, who is it quickely, and

 speake apace: I would thou couldst stammer, that thou

 might'st powre this conceal'd man out of thy mouth, as

 Wine comes out of a narrow-mouth'd bottle: either too

 much at once, or none at all. I pre'thee take the Corke

 out of thy mouth, that I may drinke thy tydings.

Cel. So you may put a man in your belly.

Ros. Is he of Gods making? What manner of man?

 Is his head worth a hat? Or his chin worth a beard?

Cel. Nay, he hath but a little beard.

Ros. Why God will send more, if the man will bee

 thankful: let me stay the growth of his beard, if thou

 delay me not the knowledge of his chin.

Cel. It is yong Orlando, that tript vp the Wrastlers

 heeles, and your heart, both in an instant.

Ros. Nay, but the diuell take mocking: speake sadde

 brow, and true maid.

Cel. I'faith (Coz) tis he.

Ros. Orlando?

Cel. Orlando.

Ros. Alas the day, what shall I do with my doublet &

 hose? What did he when thou saw'st him? What sayde

 he? How look'd he? Wherein went he? What makes hee

 heere? Did he aske for me? Where remaines he ? How

 parted he with thee ? And when shalt thou see him a-

 gaine? Answer me in one vvord.

Cel. You must borrow me Gargantuas mouth first: 

 'tis a Word too great for any mouth of this Ages size, to

 say I and no, to these particulars, is more then to answer

 in a Catechisme.

Ros. But doth he know that I am in this Forrest, and

 in mans apparrell? Looks he as freshly, as he did the day

 he Wrastled?

Cel. It is as easie to count Atomies as to resolue the 

 propositions of a Louer: but take a taste of my finding

 him, and rellish it with good obseruance. I found him

 vnder a tree like a drop'd Acorne.

Ros. It may vvel be cal'd Ioues tree, when it droppes

 forth fruite.

Cel. Giue me audience, good Madam.

Ros. Proceed.

Cel. There lay hee stretch'd along like a Wounded

 knight.

Ros. Though it be pittie to see such a sight, it vvell

 becomes the ground.

Cel. Cry holla, to the tongue, I prethee: it curuettes

 vnseasonably. He was furnish'd like a Hunter.

Ros. O ominous, he comes to kill my Hart.

Cel. I would sing my song without a burthen, thou

 bring'st me out of tune.

Ros. Do you not know I am a woman, when I thinke,

 I must speake: sweet, say on.

 Enter Orlando & Iaques.

Cel. You bring me out. Soft, comes he not heere?

Ros. 'Tis he, slinke by, and note him.

Iaq I thanke you for your company, but good faith

 I had as liefe haue beene my selfe alone.

Orl. And so had I: but yet for fashion sake

 I thanke you too, for your societie.

Iaq. God buy you, let's meet as little as we can.

Orl. I do desire we may be better strangers.

Iaq. I pray you marre no more trees vvith Writing

 Loue-songs in their barkes.

Orl. I pray you marre no moe of my verses with rea-

 ding them ill-fauouredly.

 

    Irish Rat アイルランドの詩人は rats と death を押韻できると信じられていた。  

  feete = metrical units   caparison'd = dressed   apace = at once

 Coz =⦅略式⦆いとこ   Gargantuas  = A giant in French folklore and

    From the writings of Rabelais   Atomies = Specks of dust   holla = hold

  curuettes = leaps about      furnish'd = dressed     burthen = reflain    

   as liefe  = as willingly 

 

 

ジェイキスが世間の間違いの最大なるものは恋をすることだと冷やかすと、オーランドーがその間違いだけはあなたの最高の美徳とでも取り換えたくないとやり返す、あげく恋のかたまりさんのお相手はご免、ふさぎ虫さんとお別れできて何よりの喜びとケチをつけ合って別れる、こんなお別れのご挨拶、きいたことがありませんね。

 

シェイクスピアはよく森や海を場面設定しますが、ここでは女同士のロマンチックな恋の話ばかりでなく、男同士の不協和音の挨拶も入れて、固定化した人間行動を壊し、溶かし、流動化させようと目論んでいるようです、あたかも森が川となり、海と一つにつながるように。

 

このシーンの後ロザリンドはギャ二ミードと称してオーランドーの恋の病いの治癒者、指南役となって、自分をロザリンドと呼ばせて口説かせ、ギャ二ミード役と本来の自分の間を往来しながら、恋に憧れ、恋を罵り、恋心を隠しながらも本心を覗かせ、己と恋人の感情を試しつつ、森の持つ豊かな生命力を体現するかのように大きく変化し成長して行きます。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 08:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/538
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE