シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< パストラルの異化−『お気に召すまま』2幕5場 | main | 異性装ー『十二夜』1幕5場 >>
政治の嘘・恋の真実−『お気に召すまま』4幕1場

 

首相の虚偽答弁がきっかけとなって高級官僚の組織防衛意識が歪んだ忖度を生み国会答弁、公文書改ざん、隠蔽、交渉記録廃棄が行われ、大阪地検特捜部は誰やらの主導と結論づけて財務省職員を全員不起訴、政治家は無傷のまま、政、官、司法の嘘の連鎖が続き、自浄能力のなさを露骨にみせつけて幕。

 

誰一人政治責任を明確にしないままに一点の曇りもない政治風景画が立派な額縁に収められました、けれども、アベノウミカクス政権への過剰な忖度の産物の何物でもないことは事実、こんな絵の鑑賞に耐えられる者がいるわけがありません。

 

人は昔から嘘をついてきました、嘘をでっちあげてまことしやかなスト―リーをつくってきた、嘘を糊塗して恥じないばかりか、薄笑いを浮かべて嘘をついてきた、権力志向の為政者たちは。

 

恋人たちは嘘をつかない、真実の思いで溢れているから。

 

舞台は現在のフランスとベルギーの国境付近のアルデンヌ、シェイクスピアはそこに自分の故郷のアーデンの森を設定し、恋の真実に生きる一人の素朴な男を登場させています。

 

キューピッドの矢に射抜かれた、君が可愛いくてたまらない、僕を可哀そうだと思ってくれ、気の毒だと思ってくれ、そう思ってくれるだけで苦しみが消える、君と一緒にいたい、話がしたいんだ、黙っていてもいい、一緒に羊の群れを眺めているだけでしあわせなんだよ、僕を好きになってくれないか、欲張りかな?大好きなわけじゃないって?つきあいは我慢してくれるって?用事を頼まれてあげてもいいって?お返しは何も期待しないで頂戴って?それで満足しなきゃねって?いいんだよそれで、たまに笑顔をみせてくれさえすれば、それだけで僕は生きていける、こんなことをシルヴィアスという名の羊飼いが羊飼い女のフィービを口説いているのです。

 

いかがですか、これ、嘘をついていると思いますか?舌足らずで馬鹿みたい、ではあるけれども、溜息涙混じりの真実の思いに溢れていて、嘘の入り込む余地はなさそう。

 

オーランドーと男装のロザリンドの場合も同じ、キューピッドの矢にやられた者は嘘なんかつけないのです。

 

この場面を少し長めに引用してオーランドーとロザリンドの恋心を。

 

 

Ros. And I am your Rosalind.

Cel. It pleases him to call you so: but he hath a Rosa-

 lind of a better leere then you.

Ros. Come, wooe me, wooe mee: for now I am in a

 holy-day humor, and like enough to consent: What

 would you say to me now, and I were your verie, verie

 Rosalind?

Orl. I would kisse before I spoke.

Ros. Nay,you were better speake first, and when you

 were grauel'd, for lacke of matter, you might take oc-

 casion to kisse: verie good Orators when they are out,

 they will spit, and for louers, lacking (God warne vs)

 matter, the cleanliest shift is to kisse.

Orl. How if the kisse be denide?

Ros. Then she puts you to entreatie, and there begins

 new matter.

Orl. Who could be out, being before his beloued

 Mistris?

Ros. Marrie that should you if I were your Mistris,

 or I should thinke my honestie ranker then my wit.

Orl. What, of my suite?

Ros. Not out of your apparrell, and yet out of your suite:

 Am not I your Rosalind?

Orl. I take some ioy to say you are, because I would

 be talking of her.

Ros. Well, in her person, I say I will not haue you.

Orl. Then in mine owne person, I die.

Ros. No faith, die by Attorney: the poore world is

 almost six thousand yeeres old, and in all this time there

 was not anie man died in his owne person (videlicet) in

 a loue cause: Troilous had his braines dash'd out with a

 Grecian club, yet he did what hee could to die before,

 and he is one of the patternes of loue. Leander, he would

 haue liu'd manie a faire yeere though Hero had turn'd

 Nun; if it had not bin for a hot Midsomer-night, for

  (good youth) he went but forth to wash him in the Hel-

 lespont, and being taken with the crampe, was droun'd,

 and the foolish Chronoclers of that age, found it was

 Hero of Cestos. But these are all lies, men haue died

 from time to time, and wormes haue eaten them, but not

 for loue.

Orl. I would not haue my right Rosalind of this mind,

 for I protest her frowne might kill me.

Ros. By this hand, it will not kill a flie: but come,

 now I will be your Rosalind in a more comming-on dis-

 position: and aske me what you will, I will grant it.

Orl. Then loue me Rosalind.

Ros. Yes faith will I, fridaies and saterdaies, and all.

Orl. And wilt thou haue me?

Ros. I, and twentie such.

Orl. What saiest thou?

Ros. Are you not good?

Orl. I hope so.

Rosalind. Why then, can one desire too much of a

 good thing: Come sister, you shall be the Priest, and

 marrie vs: giue me your hand Orlando: What doe you

 say sister?

Orl. Pray thee marrie vs.

Cel. I cannot say the words.

Ros. You must begin, will you Orlando.

Cel. Goe too: wil you Orlando, haue to wife this Rosalind?

Orl. I will.

Ros. I, but when?

Orl. Why now, as fast as she can marrie vs.

Ros. Then you must say, I take thee Rosalind for wife.                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            Orl. I take thee Rosalind for wife.

Ros. I might aske you for your Commission,

 But I doe take thee Orlando for my husband : there's a

 girle goes before the Priest, and certainely a Womans

 thought runs before her actions.

Orl. So do all thoughts, they are wing'd.

Ros. Now tell me how long you would haue her, af-

 ter you haue possest her?

Orl. For euer, and a day.

Ros. Say a day, without the euer: no, no Orlando, men

 are Aprill when they woe, December when they wed:

 Maides are May when they are maides, but the sky chan-

 ges when they are wiues: I will bee more iealous of

 thee, then a Barbary cocke-pidgeon ouer his hen, more

 clamorous then a Parrat against raine, more new-fang-

 led then an ape, more giddy in my desires, then a mon-

 key: I will weepe for nothing, like Diana in the Foun-

 taine, & I wil do that when you are dispos'd to be merry:

 I will laugh like a Hyen, and that when thou art inclin'd

 to sleepe.

Orl. But will my Rosalind doe so?

Ros. By my life, she will doe as I doe.

Orl. O but she is wise.

Ros. Or else shee could not haue the wit to doe this:

 the wiser, the waywarder: make the doores vpon a wo-

 mans wit, and it will out at the casement: shut that, and

 'twill out at the key-hole: stop that, 'twill flie with the

 smoake out at the chimney.

 

   leere = more attractive     grauel'd = at a loss     out = speechless 

     warne = defend   shift = device  videlicet = namely  suite(= courtship)

   ロザリンドはclothing の意味にとっている  comming-on = agreeable 

     against = in expectation of  new-fangled  = in love with novelty   

     make = close

                         4.1.

 

ロザリンド で僕が君のロザリンドってことに。

シーリア ロザリンドと呼ばせて喜んでいる、でも本当は知っているのよね

 もっと色っぽいロザリンドを。

ロザリンド さあ口説いて、口説いて。いま何となく

 浮き浮きしていて、いやとは言えそうにない。どんなことを

 言ってくれるんだい、僕が本当に、本当の

 ロザリンドだとしたら?

オーランドー 言う前にキスしているよ。

ロザリンド だめだ、最初は言ったほうがいい、言葉を

 失ったら、詰まって、そしたらキスしていい。慣れた演説家もつかえると、

 唾を吐く、恋人同士が、黙ったら(ああ神様)、

 そこをきれいに切り抜けるのがキスだよ。

オーランドー でもいやって言われたら。

ロザリンド 懇願しているんだから、始めるんだ

 新しい話を。

オーランドー 言葉に詰まる奴がいるかな、好きな女を

 前にして?

ロザリンド そうしてくれなきゃ僕が君の恋人なら、

 でないと素直な気持ちが汚され知性も台無し。

オーランドー つまり、口説いてもだめってこと?

ロザリンド ふりじゃだめ、心から口説くんだよ。

 僕は君のロザリンドだろ?

オーランドー 嬉しいよそう呼ばせてもらうと、だって

 あの人のことを話していたいんだから。

ロザリンド まあ、なり代わって言えば、あなたのものにはなりたくない。

オーランドー ならば当の本人として、死ぬ。

ロザリンド だめだ、死ぬなら身代わりを。この世は

 開闢以来6千年、そんな長い間に

 自ら進んで死んだ男なんていない(つまり)

 恋のために。トロイラスは頭を叩き割られた

 ギリシア人の棍棒で、だけど死んでもいいようなことをしていた、

 そんな男が恋人の鑑にされている。リアンダ−も、

 のんびり長生きしたんじゃないかヒアロー

 修道院に入っても。蒸し暑い夏の夜でなかったら、

 (可哀そうに)リアンダーはただ水浴びに行ったんだ

 ヘレスポントの海に、で脚が引きつって、溺れ死んだ、

 それを当時の馬鹿な歴史家たちは、溺れ死んだことにした

 セストスのヒアローに逢おうとして。この手の話はみんな嘘、男は

 昔から絶え間なく死んで、蛆虫の餌になったけど、いない

 恋のために命を落とした者は。

オーランドー ほんもののロザリンドはそんな風には考えないだろう、

 あの人にしかめっ面されただけで死んでしまうよ。

ロザリンド この手に誓って言うが、蠅だって死にはしない。でもまあ、

 君のロザリンドになってあげるよ

 もっと物分かりよく。思いのままに頼んでみな、叶えてあげる。

オーランドー じゃあ僕を愛してくれロザリンド

ロザリンド ええもちろん、金曜日だって土曜日だって、毎日でも。

オーランドー 僕を受け入れてくれるかい?

ロザリンド ええ、20人でも。

オーランドー 何て言ったの?

ロザリンド あなたご立派なんでしょ?

オーランドー そのつもり。

ロザリンド なら、いくら欲しがっても構わまいでしょ

 立派なものなら。さあ妹お願い、司祭になって、

 私たちを結婚させるの。どうぞお手をオーランドー。何か言って

 妹?

オーランドー 頼む結婚させてくれ。

シーリア 何って言ったらいいのかしら。

ロザリンド はじめはこう、汝オーランドー

シーリア 分かった。汝オーランドー、これなるロザリンドを妻とするや?

オーランドー はい。

ロザリンド はい、でもいつ?

オーランドー いつっていますぐ、妹さんが結婚させてくれ次第。

ロザザリンド ならこう言わなくちゃ、ロザリンドを妻として迎えます。

オーランド― ロザリンドを妻として迎えます。

ロザリンド 介添え人をと言いたいけど、

 オーランド―を夫として迎えます。あら

 司祭の言葉を先取りしちゃった、女性の思いは

 行為に優先するのね。

オーランドー 誰の思いも同じさ、恋の思いには翼が生えている。

ロザリンド では答えていつまで手にしているつもり、

ロザリンドを手に入れたら?

オーランド― 永遠にだよ、永遠の一日。

ロザリンド 一日かぎりよ、永遠でなく。だめ、だめよオーランドー、男は

 4月なの口説くときは、12月になるのよ結婚すれば。

娘は5月なの娘でいるときは、でも空模様は

くるくる変る人妻になれば。私やきもちを焼くわよ
あなたに、バーバリーの雄鳩が雌鳩に焼くよりもひどく、

 喚き立てるわよ雨前のオウムより騒々しく、新しいものを
 次々に欲しがるわよゴリラ以上に、衝動買いするわよ、
 猿以上に。理由もなく泣き出すわよ、噴水のダイアナ

 みたいに、それもあなたが陽気な気分でいるときに。

 笑い出すわよハイエナみたいに、それもあなたが

 眠りたいときに。

オーランド― 僕のロザリンドがそんな?

ロザリンド 誓ってもいい、僕と同じだよ。

オーランド― ああでもあの人は利口だから。

ロザリンド でなきゃこうするだけの頭もないってことだよ。

賢けりゃ賢いほど、むらっ気もたっぷり。戸を閉めてみな

女の知恵に、窓から出て行く。窓を閉めてみな、

鍵穴から抜け出て行く、塞いでみな、吹き出て行くよ

煙突から煙と一緒に。

 

               

ロザリンドは大変なんですよ、多役引き受け人ですから、男の役者が女を装い、男になったり、女なったり、ほんとのことを言ったり、嘘をついたり、でも本心の恋心はリアルに本物、結婚後の厳しい現実にも言及します。

 

男は翼広げて舞い上がる、女は舞い上がっているばかりではない、シェイクスピアの女性洞察力は鋭い。

 

ロビンフッドを演じている気分の前公爵は、弟の遺産の権利を無視して危機に直面、公爵位を奪われ森に潜む身となってはじめて自分の誤判断に気づき、政治家の言葉でなく、樹木や小川のせせらぎ、路傍の石が語りかけてくる嘘偽りのない言葉に耳を傾けるようになったのです。

 

道化のタッチストーンは、この世のすべては明日も知れぬ定め、恋の定めは明日をも知れぬ狂気にある、万事ほどほどのところで我慢するしかないなどと、冷めたことを。 

 

ムッシュ・メランコリーのジェイキスは、人生の役割モデルを、赤ん坊、泣き虫小学生、恋人、軍人、裁判官、パンタローネ爺、赤ん坊への回帰の七つの段階に掬い取り、この世は波乱万丈の舞台である、人はそれぞれの人生を演じる役者に過ぎないと言いますが、恋心もその一段階、束の間の詩人となって溜息まじりに好きな女の眉を讃えると。

 

年老いた羊飼いのコリンは、俺は頭より身体をはたらかす、食うものは自分で稼ぐ、着るものは自分で手に入れる、人の恨みは買わない、人のしあわせを妬まない、他人の歓びを自分の歓びとする、自分の悲しみは我慢する、俺の自慢は羊が草を食い子羊が乳を吸うのを見ることだと素朴で気の利いたことを言っていますが、これは真実、嘘のない人生観。

明るくもあり暗くもある森のなかで、公爵、恋人たち、道化、皮肉屋、羊飼いたちの人生観、価値観、恋愛観が弦楽四重奏風に軽やかに賑やかに重厚な音を奏で、冷たい風も吹くが天地万物と和して響き合う精気も漲っていて、人生はモノクロームにして多彩、お変わりありまくりの悲喜劇の仮面を被って、主筋の複数の恋愛と模擬結婚の風景を塗り重ね、劇の基調はあくまで明るく伸びのびと理想を追いかける展開に。

 

ロザリンドには、静さのなかにも 言葉にできない思いが溢れて、続けて付け加えます、あのめくらの悪戯っ子、目が見えないものだから人の目まで片っ端から狂わせる、私がどんなに深く思っているか、オーランドーの姿を見ずには片時も過ごせないわと。

 

政治家が嘘をつき、嘘が嘘を招く社会に堕していいはずがありません。

 

嘘偽りのない心からの叫びが真実の声、声を取り戻すには恋をする以外にない、いや、大切な人を思い出すだけでいい、恋焦がれる心が心の曇りを洗い浄めてくれるから。(2018.6.9)

 

 

シェイクスピア朗読教室

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 05:03 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 05:03 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE