シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 腹式呼吸 | main | 権力―『ジュリアス・シーザー』1幕1場 >>
決闘の根拠―『お気に召すまま』5幕4場

 

心を病む者は無意識に嘘をつくかもしれないが、政治家は意識的に嘘をつく、企業家もビジネスマンも嘘をつく、スポーツマンも嘘をつく。

 

無能だから嘘をつくのではない、学識も経験もあるから嘘をつく、能ある鷹は爪を研ぎ、誤魔化す術を心得ている。

 

強権政治が既存の団体、行政組織、システムを差配し、国防、防災、教育、エネルギー政策、すべての分野を分裂させ、はぐらかし答弁、暴言、ヤジ、妄言、失言を蔓延させて、議論なし、意見集約なしに物事が推移している。

 

いつから始まったのかこの上意下達、頂点を支える内閣官房職員はいまや3,000人超、現政権発足当初から中枢メンバーが権力構造強化に励み、権力にものを言わせて公私混同が日常茶飯事に、問題を持ち込んでもらっては困る、個別の案件にはお応えしない、震災対策と福祉対策は自助でやってくれ、共助で、公助は最後、助け合いの相互扶助精神を発揮して、市民総参加の協働の精神で、自治活動、ボランティアに精出してくれ、報酬は達成感でお願いしたい、忖度してくれないか、こういう応援歌がいまを乗り切るキーワードに。

 

国民一人ひとりに目を向ける気はない、末端の現場にも、だから政治の言葉に現実味はなく、具体性もない、空疎な言葉に勇を鼓して異議申し立てしようものなら、排除されかねない、まず間違いなく干される。

 

組織を出れば改革などできくなるが、批判したければ組織から離れるしかない。

 

拒絶的異論に耳を貸さなければ議論の積み重ねなどは不可能だから、議論なく、上から根拠のない号令が脈絡なく降りてきても、従うしかない。

 

不服を唱えて、昔なら決闘か、闇討ち切り捨て御免か、そんな物騒な気配も感じられるようになったいまの日本社会。

 

シェイクスピアから現代への教訓を読み取りましょうか、参加と協働の意味をシェイクスピア劇に探ればどういうことになるか。

 

当時、役者と観客の間には舞台上の暗黙の約束事、コンベンション(convention)という合意が中世以来の慣例として残っていました。

 

con は「連れ立って」、vention は「来ること」、つまり一緒に連れ立って起こる演劇上の出来事で、観客との間の了解事項が相互の関係を濃密なものにしていたのです。

 

グローブ座はいまのような舞台と客席が向き合う形ではなく、客席に向かって舞台が突き出た半野外の円形劇場でした。

 

雑多な観客が突き出し舞台をぐるりと囲んで平土間を動き回っていたのです、貴族や上流階級の人びとは屋根付きの桟敷席に。

 

宮廷貴族から宿無しまでがごった返して、ある者は遊びのために、ある者はエールを飲み木の実を齧るために、ある者は騒ぎを起こすために、ある者は若い女を物色するためにやってきた、そんな観客に対する劇作家たちの不満はさまざまに語り伝えられています、唯一シェイクスピアを除いて。

 

シェイクスピアはこの無差別に融合する観客を信頼し期待して作品を書いた数少ない劇作家の一人なのです。

 

人種、民族、階級、職業、性、国籍、言語、宗教、政治的信条等で一方に偏り、観客をあらぬ方向へ走らせることはなかった、登場人物は舞台の外に出たり、平土間に降りてきたり、舞台よりも一段高い桟敷に移動したり、観客と一緒に舞台を眺めたりしたのは、無差別に融合する観客との信頼関係があったからでしょう。

 

舞台が抑制なく一方に偏れば客層の分断が起こる、不満を募らせた者が不服申し立てをすれば、口喧嘩になり、決闘になり、あげく剣で突き合うことに、そんなことは日常茶飯事のことでした。

 

そんな時代を背景に、道化のタッチストーンが気のきいたせりふをまくし立てます。 

 

Clo. Salutation and greeting to you all.

Iaq. Good my Lord, bid him welcome : This is the
 Motley-minded Gentleman, that I haue so often met in
 the Forrest: he hath bin a Courtier he sweares.
Clo. If any man doubt that, let him put mee to my
 purgation, I haue trod a measure, I haue flattred a Lady,
 I haue bin politicke with my friend, smooth with mine
 enemie, I haue vndone three Tailors, I haue had foure
 quarrels, and like to haue fought one.
Iaq. And how was that tane vp?
Clo. 'Faith we met, and found the quarrel was vpon
 the seuenth cause.
Iaq. How seuenth cause? Good my Lord, like this
 fellow.
Du.Se. I like him very well.
Clo. God'ild you sir, I desire you of the like : I presse
 in heere sir, amongst the rest of the Country copulatiues
 to sweare, and to forsweare, according as mariage binds
 and blood breakes: a poore virgin sir, an il-fauor'd thing
 sir, but mine owne, a poore humour of mine sir, to take
 that that no man else will : rich honestie dwels like a mi-
 ser sir, in a poore house, as your Pearle in your foule oy-
 ster.
Du.Se. By my faith, he is very swift, and sententious.
Clo. According to the fooles bolt sir, and such dulcet
 diseases.
Iaq. But for the seuenth cause. How did you finde

 the quarrell on the seuenth cause?

Clo. Vpon a lye, seuen times remoued : (beare your

 bodie more seeming Audry) as thus sir: I did dislike the

 cut of a certaine Courtiers beard: he sent me word, if I

 said his beard was not cut well, hee was in the minde it

 was : this is call'd the retort courteous. If I sent him

 word againe, it was not well cut, he wold send me word

 he cut it to please himselfe: this is call'd the quip modest.

 If againe, it was not well cut, he disabled my iudgment:

 this is called, the reply churlish. If againe it was not well

 cut, he would answer I spake not true : this is call'd the

 reproofe valiant. If againe, it was not well cut, he wold

 say, I lie : this is call'd the counter-checke quarrelsome :

 and so to lye circumstantiall, and the lye direct.

Iaq. And how oft did you say his beard was not well

 cut?

Clo. I durst go no further then the lye circumstantial:

 nor he durst not giue me the lye direct: and so wee mea-

 sur'd swords, and parted.

Iaq. Can you nominate in order now, the degrees of

 the lye.

Clo. O sir, we quarrel in print, by the booke: as you

 haue bookes for good manners: I will name you the de-

 grees. The first, the Retort courteous: the second, the

 Quip-modest: the third, the reply Churlish: the fourth,

 the Reproofe valiant: the fift, the Counterchecke quar-

 relsome: the sixt, the Lye with circumstance: the sea-

 uenth, the Lye direct: all these you may auoyd, but the

 Lye direct : and you may auoide that too, with an If. I

 knew when seuen Iustices could not take vp a Quarrell,

 but when the parties were met themselues, one of them

 thought but of an If; as if you saide so, then I saide so:

 and they shooke hands, and swore brothers. Your If, is

 the onely peace-maker: much vertue in if.

 

  tane vp = settled  humour = whim  honestie = chastity  sententious

  = witty and wise     seeming = becomingly     disabled = disparaged   

   counter-checke = rebuff     circumstantiall = indirect      nominate = name  

   take vp = settle

 

                  5.4. 

 

道化 みなさんどうぞよろしく。

ジェイキス 公爵、声をかけてやって下さい。こちらが

 脳味噌斑呆けの紳士、 しょっちゅう顔を合わせていたんですよ

 森で。宮仕えをしたとか言っています。 

道化 不審にお思いの方はどなたでも、さあ

 お試しを、ダンスもしましたし、ご婦人のご機嫌伺いも、

 友人に策を弄し、敵を手なずけ

 抱き込んだことも、仕立て屋を3軒踏み倒し、4回

 口喧嘩し、あわや決闘というのが1回。

ジェイキス どう話をつけたんだ? 

道化 いざ立ち合いとなって、決闘の根拠は

 第七原因。

ジェイキス 第七原因?公爵、こんな風に

 面白やつなんですよ。

前公爵 気に入った。

道化 ありがたきしあわせ、どうかいつもそのように。私が

 ここに割り込みましたのは、田舎丸出しのくっつきたがり屋が

 誓いを立てたり、破ったり、結婚してくっつき

 嫌悪して別れているからで。これなるお粗末な乙女、不器量者

 ながら、私のもの、気紛れから、引き取り手のない者を

 引き取った次第。貞節はけちん坊さんで、

 あばら家に住んでますんで、真珠が汚い牡蠣にくるまっている

 のと同じ。

前公爵 なるほど、矢継ぎ早に、気の利いた名文句を。

道化 阿呆のウイットはすぐ尽きる、甘くて痛みをもたらすもの。  

ジェイキス さっきの第七原因というのを説明してくれ。どういうわけで 

 決闘の根拠が第七原因にあるんだ?

道化 嘘が原因、七度繰り返したんだ。(しゃんと

 してろよオードリー)それはこういうわけ。気に喰わんな

 その顎髭はとある宮廷人に言ったところ、言い返してきた、

 お前がどう言おうと、俺はこの形がいいんだ

 とね。これが慇懃なる口答え。そこで

 ふたたび返す、髭の刈り方がよくない、すると相手が言い返す

 自分の好きなように刈っているんだ。これが穏健なる毒舌。

さらに、刈り方がよくないと言うと、否定してくる。

これは、礼を失する逆ねじ。もう一度よくないと

言うと、ほんとのことを言っていないと返す。これは

勇敢なる非難。続けて、刈り方がよくないと言うと、こう

なる、嘘つけ。拒絶的反論というやつ。

こんな調子で間接的嘘つき呼ばわり、直接的嘘つき呼ばわりに。

ジェイキス 何度顎髭の刈り方がよくないと

 言ったんだ?

道化 間接的嘘つき呼ばわりの段階まで。

 相手も直接的には到らなかった。というわけで

 剣の長さを較べっこして、お別れ。

ジェイキス もう一度順序立てて言えるかね、嘘呼ばわりの

 段階を?

道化 そりゃあもう、口喧嘩は型通り、本にある通り。

 礼儀作法をマニュアル通りにやるのと同じ。段階を

 追って言うよ。

 第一、慇懃な口答え。第二、

 穏便な毒舌。第三、失礼な逆ねじ回答。第四、

勇敢なる非難。第五、拒絶的反論。

 第六、間接的嘘つき呼ばわり。第七、

直接的嘘つき呼ばわり。全段階決闘は避けられる、

直接的嘘つき呼ばわり以外は。

 これだって逃げられる、もしもとひと言付け加えれば。

 裁判官が7人がかりでもけりのつかない諍いがあったが、

 当人同士が出逢ったとき、一人が

 もしものひと言に思い至った。もしもなら、私もそうだと。

 そこで二人は握手をして、兄弟の契りを交わした。もしもは、

 比類なき仲裁役。もしもにはすぐれた品格があるんだよね。             

 

 

間接的嘘つき呼ばわりの段階でぐっと踏み止まり、もしも顎髭が気に喰わないと言ったらと仮定法で誤魔化せば、決闘を避けられるんですね。

 

そうでないと、亀裂は深まり、分断化が進み、人間関係がズタズタになり、連れ立って連続する流動が停止する。

 

流動が停止した舞台から「明日、明日、明日、時は小刻みな足取りで一日いちにちを這うように時の記録の終わりのひと言に辿り着く」などというせりふが聴こえてきたら、どうなるか、観客はどう反応するだろうか。

 

その間舞台の動きはストップ、複数の舞台を目まぐるしく移動してきた観客と役者の信頼関係は、ばらばらに崩れるのか。

 

いや、連れ立って連続する流動があるなら、信頼があるなら、合意形成ができていたら、観客はしばし瞑想の世界に誘われて、いまを生きる意味を問い、現実の世界からあの世へありったけの想像の羽を伸す時間となるのではないか。

 

観客はこぞってマクベスと秘密の対話を交わし、マクベスとともに、連れ立って起こる演劇上の出来事を生きるのではないか。

 

相手との対立など天上界から見降ろせばどうということはない、決闘など起こり得ない。

 

観客への信頼がなければ、そう、何事も起こらない。

 

頼りになるのは多様な観客という何物に代えがたい劇的素材なのであり、そして、これを補って余りある観客の想像力であり、シェイクスピアは観客のすべてと心を通わせることによって、演じるものと観る者との協働作業を可能にしたのです。

 

観客との合意形成の構築に向かったシェイクスピアが後年英国市民社会の神話をつくったと言われるようになった所以がここにあります。(2018.10.1)

 

 

シェイクスピア朗読教室
http://shaks.jugem.jp/  

 

 

| - | 13:59 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 13:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE