シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< パロディーー『嵐』2幕2場 | main | 天球の音楽−『ヴェニスの商人』5幕1場 >>
カトリックとの確執−『マクベス』2幕2場

 

東日本大震災発生から8年目の3月11日、各地で追悼の行事が開かれるようですが、すでに震災の風化が。

 

チベット住民が中国の弾圧に抗議したチベット動乱から60年経った日がきのう、3月10日。

 

ダライ・ラマが亡命政府を樹立したインド北部のダラムサラでは大規模なデモ行進が行なわれた模様。

 

彼らはただチベット人として先祖代々の土地で生きて死にたかったのに、法治ならぬ人治の、一党独裁体制の中国から、逃げなければならなかった、中国からすればチベット仏教(俗称ラマ教)は統一の大いなる邪魔だったのです。

 

宗教(religion)とは、何か不思議な事物に接したときに感じる畏怖や不安や疑惑の感情を惹き起こす対象への個の心的態度というべきものなんでしょうが、教義や儀礼の体系化が進んで個人を組織して社会的集団が結成されると、その社会の存続繁栄のために宗教が存在するということに。

 

こうして人びとを一つの共同体に凝集統合させる働きが求められて、宗教が生まれ、宗派が生まれて、宗派間の対立が起こったのです。

 

悟りとか言っても、自分で体得しなければ成立しようがない、にもかかわらず、人びとは集団体得してパワーをと思い誤ってしまうのです。

 

シェイクスピアにとって当時の宗派間の争い、カトリックとプロテスタントの対立は、劇作および上演活動を行なう上で大きな問題となっていました。

 

当時の社会事情としてアングリカン(英国国教会)以外の宗教を信奉することは禁じられていたのです。

 

エリザベス朝時代には亡命中のスコットランド女王メアリを担いで再カトリック化計画がありましたので、臣従の誓いを立て国教会の日曜礼拝に参列することが社会活動を営む上での大前提になっていました。

 

これに反すると非国民扱いされて、途方もない科料が課されるか、でなければ大逆罪を問われる事態に。

 

そんななかで二枚舌(equivocation)と呼ばれる詭弁術が流用されたのはカトリック詮議が本格化した1580年代の取調べがあってからのことで、1605年11月5日、火薬陰謀事件の発覚がきっかけとなってカトリック弾圧は頂点に達しました。

 

1606年3月、パンフが全土に配られて反イエズス会キャンペーンが実施される騒ぎになると、これに呼応してシェイクスピアは『マクベス』(1606)の門番の場に地獄堕ちの二枚舌を登場させた、ばかりではなく、王国の未来の支配者が誰なのか判然としない状況を意図的に設定し、その不透明さを具現化した魔女の3人姉妹、魔女の二枚舌にひっかかったマクベス、そしてこれら二枚舌という曖昧なカトリック的処世術を極限化した形でバーナムの森を動かしたのです。

 

ダンシネインの丘めがけて進軍して来ないかぎり大丈夫、女から生まれた者に負けるはずはないという幻影たちの予言を裏切って、枝葉に身を隠して進軍してきた兵士たちと帝王切開で生まれたマクダフを登場させることによって、劇の展開に二重三重の二枚舌を絡ませたのでした。

 

国王一座の座付作家としての義務感からバンクォーの子孫たる国王ジェイムズの家系の繁栄と重ねてカトリック自滅の劇をつくった、二枚舌は地獄堕ちという論理を展開して信頼と安心安全を得る集団的儀式を執り行った、と見ることは可能でしょう。

 

優柔不断というのではない、劇作家は宗教的に右に寄り、左にも寄り、この世の見通しと国の行く末について観客に深く考えてもらおうとした、そのことだけは間違いありません。

 

かつてない壮麗なせりふを響かせて。

 

 

マクベス あの音はどこからだ?

 どうなっているんだ俺は、音がする度にびくつくとは?

 何だこの手は?ああ、目玉が飛び出す。

 ネプチューンが支配する大海原でこの血を洗えば

 この手をきれいに洗い流せるか?いや、手のほうが

 連なり重なり合う遥かな波を血で染めて、

 青い海原を、真紅に変えるんじゃないか。

 

                   2幕2場

 

 

Macb. Whence is that knocking?

 How is't with me, when euery noyse appalls me?
 What Hands are here? hah: they pluck out mine Eyes.
 Will all great Neptunes Ocean wash this blood
 Cleane from my Hand? no: this my Hand will rather
 The multitudinous Seas incarnardine,
 Making the Greene one, Red.
  
   Neptune  ローマ神話の海神   multitudinous Seas incarnardine (= turn
      red)ラテン語系の多音節による波のイメージ  

 

 

通史的に見れば英国民は1580年頃から17世紀の半ばまでに、演劇史的に言えば常設の商業劇場ができて劇場閉鎖に至るまでに、大きく一方に傾き、最大の道徳的な変化を経験することになりました。

 

劇の場を奪われ一段とピュリファイされた英国人は極端な聖書の民となったのです。

 

けれどもそれはあくまで表層の話であって、共時的深層の民衆の意識はそうではなかった。

 

宗教的集団が結成されて社会を存続繁栄させようという思惑とは裏腹に、シェイクスピア劇は極上のエンターテインメントとして成功し続けました。

 

それは、最晩年に至るまで、劇が宗教的心的態度を留めながらも、拘束されて不自由にならず、一方に傾かず、あくまで個人的に、自由、自主的、かつ開放的な心性と折り合いをつけていたところに認められます、時と所を超える美しく深い言葉を自在に使いこなして。

 

 

シェイクスピア朗読教室

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 11:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/559
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE