シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 史劇的悲劇的宗教劇−『マクベス』2幕2場 | main | 新しいものは何もない−ソネット59 >>
天球の音楽−『ヴェニスの商人』5幕1場

 

平成に代わる新元号令和の発表後、英BBC放送が令和は order(命令、秩序)と harmony(調和) を表すと報道しました、さらに order は command(指令)を意味すると報じた欧米メディアがありました。

 

令は法令、勅令、律令などの意味で使われることから、法の支配に基づく、つまり秩序ある調和とイメージできるのです。

 

ところが、これを気にして、日本政府は英語で説明する際 beautiful harmony(美しい調和)の趣旨だと伝えるようにとわざわざ在外公館に指示しました。

 

令は多義的で、真逆の意味に使われることだってあるのです、令嬢、令息、令夫人はもはや死語に近いし、うるわしいのであれば麗しいって書くでしょうし、巧言令色と言えば笑顔つくって口先上手に人を喜ばせ媚びへつらうことになります。

 

美しい日本語と言っても、江戸時代まではぜんぶ中国起源の漢字、日本語の音にこだわって工夫されたくずし文字がひらがなというおんな文字でした。

 

日本の古典、あるいは純粋に和語を強調したかったのであれば、音を重視して、ひらがなで「れいわ」あるいは「れいな」にしなければいけなかった。

 

大化の改新から始まった元号ですが、中国に元号はなく世界中で残っているのは日本だけ、天皇制そのものが問われているときでもあり、西暦で統一してしまったほうがいいのです。

 

和と言ったところで、色々と物議を醸す漢字ですからね、意見を言うより多数に黙って従うほうが楽だとか何とか言っていますね、同調主義者が多いんですよ、日本には。

 

天皇から防人に至るまでのよろずの言の葉を集めた万葉集(まんにょうしゅうと発音)を典拠にしたい、その気持ちが分からないではないが、音を借りた万葉仮名でというのは如何なものか。

 

茜草指 武良前野逝  標野行  野守者不見哉 君之袖布流(額田王、雑歌)、これが万葉仮名、愛し合う古代の二人には茜色に映える空から妙なる beautiful harmony が聴こえてきたのでしょうけれども、万葉の時代がまるで平和でのどかな理想的な時代であったかのようにもてはやされるのには抵抗感も。

 

奈良時代の繁栄を享受できたのは一握りの特権階級のみであって、農民は重税と防人のような労役に苦しんでいました。

 

私の住んでいる近くに古代の巨大製鉄コンビナート跡があり、生産工程に使われる薪炭の材となったあたりの原生林はことごとく伐採され、その下の粘土も掘り尽くされて、荒れ放題の野っぱらとなり、茅葺き屋根あるいは穴倉や洞窟に住んでいた底辺の人びとは大公害を撒き散らす煤煙で顔を真っ黒にしながら下働きさせられていたのです。

 

Beautiful harmony はこの世のものにあらず、天空に響き渡るもの(music of the spheres)、古代ギリシアの時代から天体の運行が人の耳には聴こえない音を発して宇宙全体が一つの大きな音楽を奏でているという発想がありました。

 

しかし、常に大きく鳴り響くために、人間の耳にはその音が聴こえないのです。

 

数の原理に基づいて音楽が宇宙を体現すると着想したのは紀元前6世紀のギリシアの哲学者ピタゴラスでした。

 

これをプラトン、プトレマイオス、アウグスティヌス、ボエティウスらが受け継ぎ、ケプラーも自身の理論を天球の音楽に結びつけたといわれています。

 

彼らは音楽をムジカ・ムーンダーナ(天球が発する音楽)、ムジカ・フマーナ(人体が発する音楽)、ムジカ・インストルメンターリス(器楽の音楽)に分け、これらは段階をもちながら調和して、天来の音楽になると考えられたのです。

 

一大調和である愛の歓びはこの世のものだけに終わるはずもなく、無上のしあわせ感は永遠に、天上界から届けられる音楽に和して至福の声となれ、そう祈りうたわれたのです。

 

ということであるならば、詩人シェイクスピアが天球の音楽に言及しないはずがありませんね。

 

箱選びのシーンもヴェニスでの裁判のシーンも首尾よく終えて、ポーシャがベルモントに帰ってきます。

 

 

Loren. Let's in, and there expect their comming.

 And yet no matter: why should we goe in?

 My friend Stephen, signifie pray you

 Within the house, your Mistresse is at hand,

 And bring your musique foorth into the ayre.

 How sweet the moone-light sleepes vpon this banke,

 Heere will we sit, and let the sounds of musicke

 Creepe in our eares soft stilnes, and the night

 Become the tutches of sweet harmonie:

 Sit Iessica, looke how the floore of heauen

 Is thicke inlayed with pattens of bright gold,

 There's not the smallest orbe which thou beholdst

 But in his motion like an Angell sings,

 Still quiring to the young eyed Cherubins;

 Such harmonie is in immortall soules,

 But whilst this muddy vesture of decay

 Doth grosly close in it, we cannot heare it:

 Come hoe, and wake Diana with a hymne,

 With sweetest tutches pearce your Mistresse eare,

 And draw her home with musicke.

Iessi. I am neuer merry when I heare sweet musique.

 Play musicke.

Lor. The reason is, your spirits are attentiue:

 For doe but note a wilde and wanton heard

 Or race of youthful and vnhandled colts,

 Fetching mad bounds, bellowing and neighing loud,

 Which is the hot condition of their bloud,

 If they but heare perchance a trumpet sound,

 Or any ayre of musicke touch their eares,

 You shall perceiue them make a mutuall stand,

 Their sauage eyes turn'd to a modest gaze,

 By the sweet power of musicke: therefore the Poet

   Did faine that Orpheus drew trees, stones, and floods.

 Since naught so stockish, hard, and full of rage,

 But musicke for time doth change his nature,

 The man that hath no musicke in himselfe,

 Nor is not moued with concord of sweet sounds,

 Is fit for treasons, stratagems, and spoyles,

 The motions of his spirit are dull as night,

 And his affections darke as Erobus,

 Let no such man be trusted: marke the musicke.

 

     expect = await     signifie = announce     tutches = strains     pattens  パンを

      置く金・銀の皿      quiring = choiring      grosly = materially     race = group 

     stockish = stolid      rage = savageness      fit = ready     spoyles

     = acts of plunder     Erobus = Hell

 

                                                        5.1.

 

ロレンゾー 中に入って、お帰りを待つとしよう。

 いや。もう少しここにいようか?

 ステファーノ、頼む

 家じゅうに、奥様がお帰りだと伝えてくれ、

 楽師たちには外にと。

 なんてきれいなんだ月の光がこの庭で眠っているよ、

 ここに座って、音楽を

 そっと耳に入れよう、夜が

 美しいハーモニーの調べにはぴったりだ。 

 お座りジェシカ、ほら空一面に

 キラキラした金の宝石がびっしりだよ、

 ここから見えるどんな小さな球も

 移動しながら天使のようにうたっているんだ、

 地球の周りを巡りながら

 かわいらしい瞳のケルブの声に合わせて。

 不滅の魂には天球の音楽が宿るんだよ、

 でもこの腐って壊れて行く泥の衣を

 纏っている間は、音楽は聴こえない。

 さあこちらに、ダイアナへの讃美歌を頼むよ、

 最高に甘い調べを奥様の耳に直に届けて、

 音楽でお部屋まで案内してくれ。

ジェシカ 私はきれいな音楽を聴いてもちっとも楽しくない。

 音楽の演奏。

ロレンゾー それはね、君は気が利き過ぎるから。

 野生の気ままの牛を見てごらん

 若くて飼い慣らされていない子馬もそう、

 ぴょんぴょん跳ねて、吠えたりいなないたり、

 血が熱くたぎっているよね、

 ところがたまたまトランペットの音が聴こえて、

 音楽の一曲でも耳に入ると、

 みんな一斉に立ち止まって、

 荒々しい目も穏やかになる、

 音楽の素晴らしい力でね。だから詩人は

 うたったオルぺウスは木、石、川の心をひきつけたって。

 鈍感、頑迷、野蛮な人たちも、

 音楽を聴けばたちまち心の底は変る、

 心に音楽を持たない者、

 綺麗な音楽の調和に感動しない者、

 そういう人は叛逆、陰謀、略奪を犯しかねない。

 精神は夜のように鈍く、

 感情は地獄のように暗い、

 そういう人は信用できない。音楽を聴こう。

 

               

夜空にまたたく星、耳には聴こえないが宇宙に満ちている音、それにこだまして聴こえてくる楽の調べ、月の光、これらの情景から思い起こされる天球の音楽が、ひそやかな響きを伴って観客に届けられます。

 

19世紀以降天球の音楽観は忘れられましたが、ヨーゼフ・シュトラウス(1827-70)によって新しい光が当てられました。

 

「ウイーンの森の物語」や「美しき青きドナウ」等の作品のある兄ヨハン・シュトラウス2世からウィ−ン大学医学部舞踏会の音楽監督を引き継いだヨーゼフによって、1868年1月21日、「天球の音楽」が舞踏会のテーマとして初演されました。

 

この日、会場全体は、星を散りばめた青色の絹布で beautiful に飾りつけられました。

 

願わくば万葉の風よ、新しく大きく吹き直してくれないか、そして天球の音楽を届けてくれ、気が利き過ぎて疲れ切った人びとの頭を弛め、荒々しい目が穏やかな眼差しに変わるように、美しいハーモニーの調べによって茜色に映える「れいわ」「れいな」の時代が訪れるように。(2019.4.3)

 

 

シェイクスピア朗読教室

http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

| - | 20:26 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE