シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< 天球の音楽−『ヴェニスの商人』5幕1場 | main | 英詩朗読 >>
AI を凌ぐ人間力−ソネット59

 

世界は多極化し、社会主義、資本主義、民主主義の常識という常識が差し引きゼロの状態になった感のある令和元年、そこに登場してきたのが人知を超える意識を持つ AI (人工知能)と万能ロボット、この世を一変させかねない第4次産業革命の到来。

 

平成最後の先日、NHKのクローズアップ現代が AI 時代の仕事と教育のあり方について手探りの議論を交わしていました。

 

すべてが AI 化、ロボット化される未知の世界に備えて、人間はどのような力を身につけたらいいか、そんな内容。

 

この世の機構、規則のすべてがAI に合わせられる、そんな事態に備えて AI に倫理の概念を持たせることができるか、人がいらなくなった社会に人間はどのように適応できるか、私たちは AI に負けない人間力(つまり共感関係を築く力)を身につけなければならないと。

 

一昔まではシステムを支える普遍的フィロソフィーというものがありました、曰く、自由主義、曰く、民主主義、エトセトラ。

 

けれども、資本主義的経済システムの成熟とグローバル経済システムの出現の重なり具合から読み取れるのは、見事に構築された驚嘆すべき理念、などではない、あるのは不平等をもたらす搾取装置であり、富はことごとく一部権力者に吸い上げられる不自由主義と分断の悲哀。

 

実証的客観性と数学的厳密さから出てくるものは、強いのが正しい、一番にこそ価値があるとする考え、そんなプロパガンダに煽られて理系研究者は大金を動かす権威に世界一になる儲け話を吹き込む、増額された競走的資金が研究に流れ、これを文系研究者が批判しても議論が科学的でないと一蹴され、あげくに干される。

 

搾取と不平等が加速して社会を分断して行くが、格差を回避する手立ては見つからない。

 

昔に比べて私たちの頭は脆弱になったのか、昔の不便な時代の人間のほうが体力、知力をはたらかせる上で優れていたのか。

 


 新しいものは何もない、いまあるものは、

 以前にもあったというのであれば、欺かれているんじゃないか、

 新しい作り物を異常出産するようなもの

 前に生まれた子どもをもう一度生み直して?

 ああ振り返って詳しく記憶を辿り、

 500年の過去まで暦を遡ることができるならば、

 古い書物で君のイメージがどんなものか分かる、

 人がはじめて思いを文字に託して以来の。

 昔の人がどのように言ったかが分かる、

 この見事に構築された驚嘆すべき君の身体を、

 私たちが進んでいるのか、彼らの方が優れているのか、

 あるいは歴史は同じことを繰り返すのか。

  ああ私は確信する昔の才能ある者たちの、

  捧げた讃辞のほうだろう劣っているのは。 

 

              ソネット59

 

 

 IF their bee nothing new, but that which is,

 Hath beene before , how are our braines beguild,

 Which laboring for inuention beare amisse

 The second burthen of a former child ?

 Oh that record could with a back-ward looke,

 Euen of fiue hundreth courses of the Sunne,

 Show me your image in some antique booke,

 Since minde at first in carrecter was done.

 That I might see what the old world could say,

 To this composed wonder of your frame,

 Whether we are mended, or where better they,

 Or whether reuolution be the same.

  Oh sure I am the wits of former daies,

  To subiects worse haue giuen admiring praise.

 

  beguild = cheated    laboring = giving birth    mended = improved

 

 

聖書からの引用が目立つこの十四行詩、「 見事に構築された驚嘆すべき君の身体」(this composed wonder of your frame )が多様なイメージを呼び起こしてくれます。

 

16世紀の西ヨーロッパに始まった近代システムはヒューマニズム(humanism、開放的調和的市民的人間性)に基づく発展の営みでした。

 

ポスト近代システムの状況はと言えば、資本主義的経済システムの成熟化ではなかった、グローバル経済システムへの交替というのでもなかった、人間の意思がプログラムで制御される未知の世界への盲目的突入に他ならなかった。

 

では未知の世界のAI を支えるフィロソフィーは何か。

 

機械の知能化は人間の肉体的知的能力を広げるのではない、政治、経済、社会、生活のメカニズム、そして教育の諸制度に影響を及ぼし、人間から仕事を次々に奪って行く、労働という労働は AI に代替され、高学歴のエリートは必要なくなる、ヒューマニズムは否定され、もはや生身の人間は必要でなくなる、人工知能は人間の自由意思や自律性を維持するシステムではない、恐るべき文明の利器である。

 

にもかかわらず、企業に新しい時代に備える人材育成の工夫がない。

 

人間が捨てられるのを食い止めるのは政治の役割であろうが、政治家は一様に不勉強で、認知機能も怪しげだから、危機意識がない、今までのやり方でやり過ごす対症療法しか頭に浮かばない、モノでも、歴史でも、何でも、自分に都合のいいように利用する利便・効率第一主義でやってきたから、AI だろうと何だろうと自分たちに従属すべきものとたかを括っている。

 

政党は、自由や民主の名称にこだわり、膠着状態に陥っている、お手上げであろう。

 

NHKは AI 時代のシステムを支えるフィロソフィーを次の三つに収斂させてみせました。

 

1、クリエイティヴィティー(creativity)、即ちアイディアを実現させる力。

2、ホスピタリティー(hospitality)、即ち親切なおもてなしの心。

3、マネジメント(management)、即ち心の管理能力、業務のほうでなく。

 

これらを理念として AI の得意分野と不得意分野を見極め、AI に負けない人間力をつけなければなりませんと。

 

AI の不得意分野は言語の理解と体感であろうか、自分の頭で考え、自分の言葉で話し、自分の目や耳、皮膚感覚で真偽のほどを確かめ、誰かを愛することを知り、楽しく歌をうたいながら一緒に力を合わせて何事かを成し遂げる、そんな面倒くさいプロセスを愉しむ真似は AI にはできないんじゃないか。

 

いやいや、人工知能は、傲慢不遜を恥じない人間の頭を遥かに超えて言語を理解し、感覚を持ち、感情を持ち、意志を持ち、自ら設定した目標を実現するところまで進むだろう、間違いなく。

 

 AI とロボットは逆噴射するに決まっているのだ、いずれ地球史的な進化の最終段階を迎えるのではないか。

 

その兆しはもう見えている。

 

教育が問われるのだろう。

 

関係性を築くための新たな教育は、超知能文明への到達を断念して、土、水、太陽、空気、山、川、海に触れて命を躍動させ、輝かせる、その一点に尽きるのではないか。

 

知力は、広く詩を読み、舞台を観て、人間知と社会知を深める、関係性構築力に磨きをかけ、研ぎ澄まし、はびこる人間悪に立ち向かう、これ以上の対処法があるだろうか。

 

為政者の「命令」が人間の「麗しさ」までコントロールし始めたいま、AI とロボットの時代に必要とされる人間力とは、強い声、大きい声、ましてや権力を持つ者の声などではないことを再確認しておきたい。

 

 

シェイクスピア朗読教室

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/561
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE