シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
<< AI を凌ぐ人間力−ソネット59 | main | クレオパトラのワインー『アントニーとクレオパトラ』5幕2場 >>
英詩朗読

 

安倍首相は令和をあからさまに政治利用していますね。

 

令和初の国賓として招かれた米国大統領が令和フィーバーを盛り上げる接待外交であったことが明らかになりました。

 

トランプさんが貿易交渉の妥結は8月、参院選後と言い、日本との緊密な関係が中国の覇権自制を促し、北朝鮮への圧力になると。

 

平成から引きずる政治問題を祝賀ムードでチャラに、難しいことをいう奴は排除できる空気に。

 

社会を浮ついた状況にして冷静な議論をする判断力を国民から奪ってしまえると考えたようだ。

 

日常的に起こるテロとも言える殺傷事件をよそに。

 

お祭り気分で来月は選挙なのか。

 

学生のときに当時の高橋源次学長から J.F.Kennedy の大統領就任演説(1961年1月20日)を読まされた、My fellow citizens of the world: ask not what America will do for you, but what together we can do for the freedom of man 〜世界中の人びとに韻律を持つ形式で拡張高く訴えたスピーチを思い出します。

 

そしてもう一つ思い出すのが、中学生のとき、ほろ酔い加減の親父の前でアメリカの詩人ポー(Edgar Allan Poe、1809-49)『アナベル・リー』(Annabel Lee、1849)を朗読させられたことを。

 

  IT was many and many a year ago
 In a kingdom by the sea
 That a maiden there lived whom you may know
 By the name of ANNABEL LEE
 And this maiden she lived with no other thought
 Than to love and be loved by me.

   I was a child and she was a child
   In this kingdom by the sea
   But we loved with a love that was more than love
   I and my ANNABEL LEE
   With a love that the winged seraphs of heaven
   Coveted her and me.

   And this was the reason that, long ago
   In this kingdom by the sea
   A wind blew out of a cloud, chilling
   My beautiful ANNABEL LEE
   So that her highborn kinsman came
   And bore her away from me
   To shut her up in a sepulchre
   In this kingdom by the sea.

 

昔々

海のほとりの王国に

一人の娘が住んでいた
その名はアナベル・リー
いつも心に思うのは

 私を愛し私に愛されることだけ。

 

 私もあの子も子どもだった

海のほとりの王国では
でもこの上なく深く愛し合った

私とアナベル・リー
天上の翼ある天使たちも
羨むほどに。

 

それがいけなかったのか、遥か昔
海のほとりの王国に
冷たい風が吹いて、凍え死にさせた
美しいアナベル・リー
天上の天使たちがやってきて
あの子を私から取り上げ
墓のなかに閉じ込めてしまった
海のほとりの王国の。

 

 

インナセパルカー インディスキンダム バイザシー〜音声の長短、母音と子音、長母音、リエゾン、アクセントを意識させられたことがいまも鮮明に。

 

ポーは26歳のときに13歳のヴァージニアと結婚、彼女は病弱で24歳のときに結核で亡くなり、その2年後にこの詩が書かれ、同年にポーもこの世を去ったのでした。

 

詩はぜんぶで6連あり、それぞれ6・6・8・6・7・8行になっていますが、ここでは前半部分のみ。

 

ポーはこの詩をバラッドと言ったようですが、伝統的なバラッドは4行連で、弱強脚を4回繰り返し、2行と4行の終わりに脚韻が付きますね。

この詩の最初の2行、It was many and many a year ago/In a kingdom by the sea は、強弱|強弱弱|強弱弱|強弱強/強弱|強弱|弱弱強|となるのでしょうか、構造は強と弱が11音節と7音節、多音節行と少音節行が交互に出てきて、他の行は必ずしも交互構造が一貫していない、次の4行には詩的韻律があり複雑、バラッドとは異なります。


脚韻はあって、最初のスタンザは go, know, thoughtSea, Lee, me が交互に、響きのよい句の反復があり、kingdom by the sea が繰り返され、Annabel Lee beautiful Annabel Lee  と繰り返されて、I was a child and she was a child という対比的なリフレインに。

 

英語の発音は腹式呼吸でやりますが、腹式呼吸というのは私たちにとっては通常の呼吸法ではありませんよね。

 

違いを明確にして言えば、立ったり座ったり寝転がったりしているとき、肋間筋と横隔膜の収縮と弛緩によって息を吸うときに胸が膨らみ、息を吐くときに胸が縮みます。

 

日本人には自然な胸式呼吸運動による吸い込む空気はせいぜい500cc、この量の呼気で私たちは言葉を発しているのです。

 

腹式呼吸では、腹筋と横隔膜を使って息を吸い込みますので、お腹が膨らんだり凹んだりして視覚的に確認することができます。

 

腹筋と横隔膜の動きによって吸い込むと通常の3倍くらいの空気を吸い込むことができて、このように空気をたくさん吸って発声するのが英語を話すときの呼吸法。

 

呼吸は姿勢と密接に関係して、私たちの多くは猫背ぎみ、前屈み、横隔膜の上下動を制限しています、この状態で息を吸い発声しても声帯に力を入れて声門を開閉させるだけで深みのある太い声は出てきません。

 

英国人は姿勢がすこぶるよろしい、背筋をぴんと伸ばし、胸を張り、まっすぐに立ち、両手をたらし、歩くときはサッサッサッと大股に。

 

肋間筋を動かすか腹筋を動かすかの違いは異習性、異文化の違いとしか言いようがありませんが、英語を喋るにはこの異文化呼吸法を意識的に身につけなければならないでしょう。

 

詩は心に湧き上がる気持ちや想いを言葉に託す言葉の芸術で、洗練された語彙、配列の醸し出すリズム、詩は美しい言葉の結晶と言えます。

 

福原麟太郎先生に教わったと言っていた親父は、英語の詩の響きとリズムを一息の深い呼吸で息子に朗誦してみせたかったのです。

 

そう、マザーグースからワーズワース、バーンズ、ロゼッティーらの短詩から始めて、ポーやホイットマンも含め、シェイクスピアのソネット(十二行詩)までをレッスンする、これら英語の詩を朗読しながら英語の始まりを、つまりモダーンイングリッシュについて学ぶというのが英語学習の王道ではないでしょうか。

 

腹式呼吸法を身につけ、大勢で声を合わせて英語の歌をうたい詩を朗読する、そのようなやり方で英語を学習するなら、子どもたちも、英語を苦手とする方々も、年齢に関係なく、心を弾ませながら学ぶことができるのでは。

 

深い呼吸を必要とするのでほどよい有酸素運動にもなるでしょう。

 

詩があるじゃありませんか、この世が空疎で殺伐とした韻律のない散文的物言いに覆われていても。

 

 

シェイクスピア朗読教室         

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shaks.jugem.jp/trackback/562
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE