シェイクスピア朗読

シェイクスピアについて徒然に綴るブログです
メタファー−『十二夜』2幕4場

 

北で軍事パレードがあり南で冬の平和の祭典が始まり違和を禁じ得ないが、遠い昔もこんな風景があって、古代オリンピックも休戦状態で祭典をやっていたらしい。

 

北朝鮮の鳴り物入りの代表団と美女応援団派遣を見て、韓国内でこれでは平昌(ピンチョン)でなく平城(ピョンナン)オリンピックだと慨嘆する声も上がっています。

 

〜みたいというたとえはよく使われる表現技法で、暗喩(metapher)と言います。

 

比喩表現を一つのシーンに入れることもあります。

 

シーンがつながり、まとまって、一つの物語を構成することになりますから、物語の主題をメタファーとも。

 

シェイクスピアは楽しくなるようなあるいは悲しくなるような音楽を多用しますが、基本的には声と動きだけを頼りにして劇空間をつくり、随所に演劇でしか達成できないような比喩表現を用います。

 

男装の女性が名を変えて密かに愛する男性に自分の姉(実は自分自身)に託してたとえ話で切々と訴える『十二夜』のシーン。

 

 

公爵 他の者も引き下がってくれ。もう一度頼むシザーリオ

 例のこの上なく残酷なあの人のところへ行ってくれ。

 私の愛をこう伝えるのだ、世間並みの俗な愛ではない

 財産や領地の有無など問題ではない、

 運命が与えたものなど。

 こう伝えるのだ運命の女神だと思っていると。

 いや奇跡だ、宝石の女王だ

 自然が飾る、私の魂はそこに惹かれていると。

ヴァイオラ でも愛せないと言われたら。
公爵 そんな答えは受け取れない。

ヴァイオラ そんな受け取らなきゃ。

 たとえばある女が、いるとして、

 旦那様への愛のために苦しんでいる

 旦那様がオリビア様を愛するように。でも旦那様は愛せない。

 そう言う。そしたら受け取らないわけにはいかないでしょ?
公爵 女の脇腹など

 強い熱情の鼓動に耐えられない、

 愛が私の心臓にもたらすようには。女の心臓は

 大きくない、多くのものを入れるほどには、収容力がない。

 ああ、女の愛は食欲のようなもの、

 肝臓の働きじゃない、味覚と同じ、

 食い過ぎて、飽きて、吐き気をもよおす、

 ところが私の愛は海のように飢えている、

 消化する力も海のようだ、比べないでくれ 

 どこかの女が私に抱く愛と、

 私がオリヴィアに抱く愛を。

ヴァイオラ でも知っているんですよ。
公爵 何をだ?
ヴァイオラ 女が男に抱く愛がどのようなものか。

 決して心変わりはしない、私たち男に。

私の父に娘がいてある男を愛するようになりました

それはたぶん、私が女なら

旦那様をお慕いするような愛だったんでしょう。

公爵 どうなったその娘は?

ヴァイオラ 白紙のままですよ旦那様。誰にも恋を打ち明けないで、

 隠し続けて花の蕾に巣くう虫のように

 薔薇色の頬を色褪せさせてしまいました。恋の思いにやつれて、

 蒼ざめた憂いを胸に、

 記念碑の忍耐の像のように座っていた、

 悲しみに微笑みかけて。これがほんとうの恋でしょ?

 私たち男はやたらと言葉を出し、誓いを立てる、でもそれは

 意志に反する見せかけだけ。いつだって男は

 誓いはたっぷり、愛はちょっぴりなのだ。

公爵 でお前の姉は恋患いで死んだのか?

ヴァイオラ 父の娘はこの私、

男の兄弟も。よく分からないけど。

あの、お嬢様のところに行ってきましょうか?

公爵 それが問題だった、

急いで行ってくれ。この指輪を渡して。こう言うのだ、

私の愛は一歩も譲れない、お断りは受け取れませんと。

 

                 2幕4場

 

 

Du. Let all the rest giue place: Once more Cesario,

 Get thee to yond same soueraigne crueltie:

 Tell her my loue, more noble then the world

 Prizes not quantitie of dirtie lands,

 The parts that fortune hath bestow'd vpon her:

 Tell her I hold as giddily as Fortune:

 But 'tis that miracle, and Queene of Iems

 That nature prankes her in, attracts my soule.

Vio. But if she cannot loue you sir.

Du. It cannot be so answer'd.

Vio. Sooth but you must.

 Say that some Lady, as perhappes there is,

 Hath for your loue as great a pang of heart

 As you haue for Oliuia: you cannot loue her:

 You tel her so: Must she not then be answer'd?

Du. There is no womans sides

 Can bide the beating of so strong a passion,

 As loue doth giue my heart: no womans heart

 So bigge, to hold so much, they lacke retention.

 Alas, their loue may be call'd appetite,

 No motion of the Liuer, but the Pallat,

 That suffer surfet, cloyment, and reuolt,

 But mine is all as hungry as the Sea,

 And can digest as much, make no compare

 Betweene that loue a woman can beare me,

 And that I owe Oliuia.

Vio. I but I know.

Du. What dost thou knowe?
Vio. Too well what loue women to men may owe:

 In faith they are as true of heart, as we.

 My Father had a daughter lou'd a man

 As it might be perhaps, were I a woman

 I should your Lordship.

Du. And what's her history?

Vio. A blanke my Lord: she neuer told her loue,

 But let concealment like a worme i'th budde

 Feede on her damaske cheeke: she pin'd in thought,

 And with a greene and yellow melancholly,

 She sate like Patience on a Monument,

 Smiling at greefe. Was not this loue indeede?

 We men may say more, sweare more, but indeed

 Our shewes are more then will: for still we proue

 Much in our vowes, but little in our loue.

Du. But di'de thy sister of her loue my Boy?

Vio. I am all the daughters of my Fathers house,

 And all the brothers too: and yet I know not.

 Sir, shall I to this Lady?

Du. I that's the Theame,

 To her in haste: giue her this Iewell: say,

 My loue can giue no place, bide no denay.

 

 parts = possessions 運命の女神が与えた地位や財産。   prankes = adorns  

 Sooth = In truth   sides 脇腹   bide = withstand    retention = constancy 

 Pallat = Palate      Liuer  肝臓は愛の宿るところと考えられていた。

 cloyment = satiety     reuolt = revulsion     owe = have for

 

 

娘であり双子の兄妹であるヴァイオラは曖昧に答えるしかありません。

 

自分がその娘なのだと言いたいのですが、言えない。

 

兄のセバスチャンは生きているかもしれないのでこのように曖昧に答えるしかないのです。

 

そんなヴァイオラのたとえ話は物悲しいが、注目すべきは言葉の特異な演劇的効果、ヴァイオラは公爵に伝わるはずのない愛を告白しているだけではないのです。

 

実際に舞台に立ちつくしている自分自身の姿を自分の言葉によって形象化している、つまりせりふの声とイメージがそのままヴァイオラの姿に投影され、その立ち姿はそのまま虫に食い荒らされる薔薇であり、悲しみに微笑んで耐えている忍耐の石像そのものを映し出しているのです。

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                

http://shaks.jugem.jp

 

 

| - | 08:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
掘っ立て小屋―『リア王』3幕2場

 

昭和30年(2018年)、あけましておめでとうございます。

 

小寒が5日、大寒が20日で、まだしばらく寒さが続き、布団からさっと出にくくなっていますが、それでも少しづつ日は長くなってきていますね。

 

昨年は天下取りのあっと驚く術策がたったのひと一言であっさりひっくり返ったりして、あらためて言葉の恐ろしさを思い知らされました。

 

大相撲を含めてスポーツ界も Might is right(勝てば官軍)になって、こんなことでいいのかというちょっとお寒い気分混じりで越年。

 

空っ風の吹く寒い夜は、寒さを凌ぐことのできる場と身を包む衣類が必要、どうしてもなくてはならないのはこの二つくらいのものなんでしょうね。

 

リアの怒りと憎悪は、必要と思われた王の称号と供の騎士が満たされないために上の娘2人にはね返り、拡大され、増幅されて、その乱反射に身を晒して怒りと憎悪で気も狂わんばかりになります。 

 

 

リア 頭が変になりそうだ。

 おい阿呆。どうだお前さんは?寒いか?

 わしは寒い。その藁床はどこにある、え?

 貧乏ってやつは不思議なもんだな、

 卑しいものを尊いものに変えてくれる。さ、小屋だ。

 哀れな阿呆、よなあ、わしにも憐れみはある

 気の毒なやつだ。

道化 頭に知恵の足りない奴は、

 こりゃこりゃ、風吹き雨が降る、

 運が悪いと諦めな、

 毎日が雨降りでもさ。

リア そうだな。さ、その小屋に。

 

              3幕2場

 

 

Lear. My wits begin to turne.

 Come on my boy. How dost my boy? Art cold?

 I am cold my selfe. Where is this straw, my Fellow?

 The Art of our Necessities is strange,

 And can make vilde things precious. Come, your Houel;

 Poore Foole, and Knaue, I haue one part in my heart

 That's sorry yet for thee.

Foole. He that has and a little-tyne wit,

 With heigh-ho, the Winde and the Raine,

 Must make content with his Fortunes fit,

 Though the Raine it raineth euery day.

Le. True Boy: Come bring vs to this Houell.

 

  Art  i.e.Skill, Alchemy      vilde = vile    Knaue = Boy

    wit = sense  

  

 

荒野で雷雨に打たれれば、背に腹は代えられない。

 

いままで固く囲われた屋敷のなかで、周囲から凄いの、偉いの、立派だのと言われてプライドを持って生きてきた、自分以外のことばかり気にかけ、他人からどう評価されるかという基準で生きてきた、そのリアが嵐の荒野でプライドも固い枠も価値基準もすべて剥がされてしまった直後の自問であり述懐です。

 

身も心も冷えるから掘っ立て小屋に入って休みたい、いま自分に必要なのは雨風を凌ぐことのできる場であるという現実認識、自分の冷えた人生、狂い死にしそうなわが身から絞り出される嘘偽りのない声、抗いようのない現実を前にしてリアは気づいたのです

 

不足を嘆くばかりでは命は守れない、貧乏は不思議なものだ、卑しいものを尊いものに変えてくれる。

 

雨風の難を逃れる道筋を照らす歌、雨風を凌ぐためには雨風に向かって吠えるのでなく、ボロい掘っ立て小屋をありがたいと思うだけの話なのです。

 

たったこれだけの一瞬の気付きに過ぎませんが、ざわつく心もおさまり、自分を悪しざまに言う道化への同情心も芽生え、リアにとって大きな開眼となったのです。

 

生きて行く上で必要なのは自分の人生、自分の命に対する責任だけなのです。

 

何があっても、どんな場に置かれても、失ってならないものを大事にしていい年を迎えましょう。 

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                            
http://shaks.jugem.jp/ 

 

 

| - | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
共犯者関係―『ハムレット』5幕1場

 

早や師走、何とも落ち着かないモヤモヤが漂う年の暮れ。

 

総選挙騒動後の森友学園の国有地値引きの根拠不十分問題、タダ同然に手に入れさせた忖度的悪徳取引に対する司法判断がない。

 

前代未聞の横綱の土俵上のルール違反、弓取り式が行われるまで仁王立ちしてもう一度相撲をとらせろと駄々を捏ねた問題、他の競技種目ならこの時点でルール違反、失格、出場停止になるが、審判部も日本相撲協会も横綱審議会も、そうした判断をしない。

 

日本の政治は、大相撲は、これでいいのでしょうか。

 

政治家は法律を知らなければならない、力士もいろいろ知らなければならない、相撲は神事であり芸能でありスポーツである、日本の伝統文化としての相撲道とルール・マナーを心得ていなければならないでしょう、まして横綱は。

 

政治家は法意識、つまり社会常識、正義、モラルばかりでなく、相撲道に通じる美意識が備わっていなければ、組織、機構に携わる者としては失格でしょう。

 

国会運営は、相撲の運営は、組織、機構として成り立っているのか。

 

政界のトップに立つ内閣総理大臣の品格はどうか。

 

 

ハムレット そらまた一つ。今度のは

 法律家の頭か?お得意の詭弁はどうした?

 屁理屈は?判例は?所有権は、あの手この手の駆け引きは?

 こんな乱暴な奴にこづかれてどうして黙っている

 泥だらけのシャベルで頭を、訴訟を起こしたらどうなんだ、

 殴打罪で?ふむ。こいつめ

 生きていたときに土地を買い占めたな、借金の証書、弁済保証の

 担保、形式的和解譲渡、二重証人申請、名目変更手続きで。

 慣れ合い譲渡、慣れ合い訴訟、

 土地買い占めのなれの果てがこれか?

 名目変更手続きで手に入れた土地が、

 細かい粒の泥の頭骸骨になったか?

 証人を申請しても保証はしてもらえまい、二重証人の

 申請をしても、せいぜい噛み合わせた程度の大きさしかない

 甲乙二通の歯形契約証書だろう?肝心の土地譲渡証書は

 保管できっこないこんな箱では。土地所有権者一人で

 もう一杯じゃないのか?え?

 

                  5幕1場

 

 

Ham. There's another: why might not that bee the

 Scull of a Lawyer? where be his Quiddits now? his

 Quillets? his Cases? his Tenures, and his Tricks? why

 doe's he suffer this rude knaue now to knocke him about

 the Sconce with a dirty Shouell, and will not tell him of

 his Action of Battery? hum. This fellow might be in's

 time a great buyer of Land, with his Statutes, his Recog-

 nizances, his Fines, his double Vouchers, his Recoueries:

 Is this the fine of his Fines, and the recouery of his Reco-

 ueries, to haue his fine Pate full of fine Dirt? will his

 Vouchers vouch him no more of his Purchases, and dou-

 ble ones too, then the length and breadth of a paire of

 Indentures? the very Conueyances of his Lands will

 hardly lye in this Boxe; and must the Inheritor himselfe

 haue no more? ha?

 

    Quiddits = Subtle distinctions    Quillets = Quibbles    Tenures = Property

       titles    Sconce = Head    Action of Battery = Legal prosecution for assaul

    Recoueries = Peofits    fine = subtle   Fines = finre-graind 「形式的和解

       譲渡」  Indentures 「歯形契約書」    Inheritor = possessor

 

  

ハムレットは法やルールをよく心得た品格ある大人として登場しています。

 

けれどもこんな法律専門用語を駆使して皮肉を弄しても、この世の緩みを正すことができない。

 

法律をどれほど頭に詰め込んでも、考えることが土地を買い占めることであるならば、頂点に上り詰めれば何でも言える、何でもできると考えてしまう

 

国政は、国会・内閣・裁判所がそれぞれの役割を持ち、分担して進められます。

 

権力が1か所に集中したりその力が強くなり過ぎないように、立法・行政・司法のそれぞれが独立して、お互いに抑え合い釣り合いをはかっているのです。

 

選挙で選ばれた代表は議論を尽くしてみんなの暮らしに関わる取り決めや国の政治を進めていく、それが国会というものでした。

 

法案は衆参両院で民主的多数決によって議決され、法律として成立、予算を使い、法律に従って国民の暮らしを支える仕事を行なう、そこが内閣です。

 

争いや犯罪が起こったら憲法や法律に基づいて判断し解決する仕事をする、そこが裁判所です。

 

以上が民主主義政治の基本的な考え方としてありますが、いまの政権が進める結果を出す政治、高度成長よもう一度政策と私たちが求めるお国柄を大事に、人のしあわせと生命の尊厳追求の政策との間には乖離があり過ぎる、矜持なく、理想なく、緩んでいる。

 

土俵上の横綱の立ち居振る舞いとフアンが期待する日本固有の相撲美学との間に落差があり過ぎる。

 

首相と横綱の自己流の法とルール解釈は自己本位過ぎる。

 

彼らの露骨な自画自賛のパフォーマンスに私たちは安易に賛同し、自ら共犯者関係を築いてしまっている。

 

法、ルール、礼儀作法の理解力がなく、日本固有の伝統、独自性の放棄、慣れ合い、まあまあの寛容の精神を発揮して万歳三唱してしまう、何という体たらく。

 

時代が変われば何もかも変わるんだよ、お前さんも共犯者になったらどうだ、冗談じゃないぞ

 

 

うちむらとしのりシェイクスピア朗読                  

http://shaks.jugem.jp/

 

 

| - | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE